『やなぎなぎ - asterhythm 歌詞』収録の『エメラロタイプ』ジャケット 公式 フル

asterhythm 歌詞

歌手
やなぎなぎ

やなぎなぎ「asterhythm」歌詞

凍えた空
揺蕩うため息
夜はあまりに広くて
一度はぐれたら
もう戻らないかな
どれほど永く
祈ったとしても


瞬く星群は鼓動
まるで恋をするリズム
届けばいいのに
最果てまで
離せない引力
取りつかれて


半夜を裂く光の涯
乾ききったこの瞳を
焦がすように 爆ぜるように
火花を散らしてよ


在るかも
確かめられない
霧中になる日々は
ときめきの応酬


分断する大気は
雲を霞と消えて
世界中眩んでしまえばいい
忘れないでと
瞬く星群は鼓動
まるで恋をするリズム
遠ければ遠いほど逆上せる
片思いの様
静かなエレジー


半夜を裂く光の涯
やがて絶えてしまう音を
数えながら 刻みながら
そうして見守るよ


強く強く
鳴らしていて
アステリズム
いつかそこへ
いくときまで


発売日: 2020.12.09
曲名: asterhythm
読み: アステリズム
歌手: やなぎなぎ
作詞: やなぎなぎ
作曲: Serph
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE