よみ:
はなればなれ

花れ話れ 歌詞田中ヒメ(HIMEHINA)

『田中ヒメ(HIMEHINA) - 花れ話れ』収録の『花れ話れ』ジャケット
発売:
2021.11.05
作詞:
田中ヒメ
作曲:
秋浦智裕
編曲:
秋浦智裕

田中ヒメ(HIMEHINA)「花れ話れ」歌詞

夕焼け小道に
並んだ二つの影 つぶやいた
「明日私が消えてなくなったらどうする?」なんてさ
冗談だよ、笑ってさ誤魔化して
見透かされないように早足で追い越した


当たり前なんて
触れられる距離じゃ気付けないから
近くて遠いこの距離を利用した
悟られないように


春が来ても夏が来ても
あなたと二人 寄り添っていたいから
瞳の奥の本音を覗いては望んだ
紡(つむ)ぐ音も、纏(まと)う空気も
宝物だよ どうか笑っていて
はなればなれになっても
遠くから手を取って


真っ直ぐ見つめるその眼差(まなざ)しにすら俯(うつむ)いた
もっと気楽に考えられたなら
欲張り、なんてさ
踏み出せない気持ちが苦しくて
戯(おど)け話(ばなし)だったら笑わせられるのにな


当たり前だから
カタチ残して刻(きざ)みつけた
あなたとここまで歩んできた日を
忘れてしまわぬように ねぇ


建前と本音
嫌われないように
繕(つくろ)っても 濁(にご)ってる
笑っても 晴れないな
このままじゃダメだ
私、言わなくちゃ


秋が来ても冬が来ても
あなたを側で 見届けていたいから
心の奥の本音を解(ほど)いては届けた


惑(まど)う理由(わけ)も、噤(つぐ)んだ口も
ありのまま今 全部伝えるから
こんな私でよければ
これからも手を取って


田中ヒメ(HIMEHINA)『花れ話れ』の 詳細

『田中ヒメ(HIMEHINA) - 花れ話れ 歌詞』収録の『花れ話れ』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2021.11.05
購入:
曲名:
花れ話れ
よみ:
はなればなれ
歌手:
田中ヒメ(HIMEHINA) (タナカヒメ)
作詞:
田中ヒメ
作曲:
秋浦智裕
編曲:
秋浦智裕
関連歌手:
HIMEHINA
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

田中ヒメ(HIMEHINA)『花れ話れ』の MV / PV

「田中ヒメ(HIMEHINA)」コメント

『花れ話れ』は、普段は恥ずかしかったり、言いにくかったりする事も、勇気を出して相手に伝えようねっていう気持ちを込めた1曲だよ。
やっぱり日々の感謝や本音とかを、改まって伝えるのは勇気のいる事だけど、大切な人に伝えられなくなってしまってからじゃもう遅いから。
ヒメも恥ずかしがり屋だし、もじもじしちゃうことが多いけど、 この曲で、みんなが大切な人に何かを伝える時のお手伝いができたら嬉しいな!って思いながら歌詞を書いたよ。
あと、楽曲の中にたくさんコーラスが入ってるんだけど、今回はヒメが全部自分でコーラスワークを考えたんだ!
伝えたいメッセージや、一言一言への歌い方、聴き心地の良いコーラスにまで、とことんこだわって作った1曲です!たくさん聴いてねーっ!


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

田中ヒメ(HIMEHINA) 花れ話れ 歌詞