『tacicaホワイトランド』収録の『』ジャケット

ホワイトランド 歌詞

歌手
tacica

見て 来た道と帰り道が まるで違う景色
降り積もった雪のせいにして
心 躍らせた


何故 来た道を帰り道と
いつから言えないんだろう 降り続いた雪のせいにして
心 凍らせた


躓いた彼奴の為に世界中の歌も響かないから
誰かにとってナイフみたいな歌も
今 歌いたいんだ


星座の中を走る夜汽車 汽笛を不器用に鳴らして
大袈裟な事じゃなくていい
そういう夢をまた見よう


まだ 毎日に擦れながら僅かにある光
辿り着いた街のせいにして
それは守られた


振り向いたら さっきまでの未来図が幻になりそうで
ただ我武者羅にやった彼奴の為に
今 歌いたいんだ


気付いたら前よりずっとずっと 正しく笑えなくなっていたって
引き換えに手に入れる明日は
そういう自分も愛してくれるよ


また笑い合って
また笑い飛ばそうよ


歪な轍
今も残っているよ
車窓に向かって降る雪が
無数の星屑の様だ


ヘッドライトが照らす 毎日を溶かして 躍り出す 心
その中に閉じ込めた景色を時々は思い出してよ


星座の中を走る夜汽車 汽笛を不器用に鳴らして
大袈裟な事じゃなくていい
そういう夢をまた見よう


『tacicaホワイトランド』収録の『』ジャケット
歌手: tacica
発売日: 2018.09.12
作詞: 猪狩翔一
作曲: 猪狩翔一
ステータス: 公式 フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE