うねりの歌詞 崎山蒼志

『崎山蒼志 - うねり』収録の『Undulation』ジャケット
  • 作詞:
    崎山蒼志
  • 作曲:
    崎山蒼志

ステータス:

公式 フル

崎山蒼志「 うねり 」歌詞

目を覚ます 練色の空から
透明な雨が 降ってくる音がする
木々の間からは 悪魔みたいなやつが
こちらを覗いてる
僕は目を逸らす
遠い国では 自爆テロ
それでも世界は回ってる
これ
聞き飽きたように 思えるけれど
血まみれの現場を 誰も想起しない
誰も想起しない
少なくともあなたは
そんなあなたの その無垢な笑顔に
僕は愛着をおぼえてる


うねりがそっと静かに始まる
僕らはずっとそれに目をこらえてる
こらえてる


敬虔な態度で空を泳ぐ
飛行機は今年のニュースのように
僕らの上を過ぎ去ってく


うねりがそっと静かに始まる
僕らはそっとそれに目をこらえてる
こらえてる


『崎山蒼志 - うねり 歌詞』収録の『Undulation』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.02.24
  • 曲名:
    うねり
  • 歌手:
    崎山蒼志 (さきやまそうし)
  • 作詞:
    崎山蒼志
  • 作曲:
    崎山蒼志
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE