よるのせい

夜のせい 歌詞しゅーず

『しゅーず - 夜のせい』収録の『VELVET NIGHT』ジャケット
  • 作詞:
    40mP
  • 作曲:
    40mP

ステータス:

公式 フル
シェア:

しゅーず「夜のせい」歌詞

時計の秒針が二人を刺す 最終電車は5分前
君が涙流したときこうなるのわかっていた
温もり求めたどり着いた 自動販売機の缶コーヒー
春の息吹はまだ遠く 冬の香りがしてる


眠らない街のどこかに出口を探しながら
暗闇から逃げるだけの負け犬の遠吠えだ


夜のせいにしてしまえば許されるとそう思った
答えがまだ見えないまま君のその手を握ったこと
朝が来れば二人はまたいつもどおり友達同士
白い息が闇に溶けてそこにははじめから何も無かったみたい


夜に咲いたネオンの光 恋の輪郭を彩った
瞼閉じても消えはしない青白い残像が
このままどこか遠い場所へ君を連れ去ってしまおうか
臆病な僕にできることは共に朝を待つだけ


綻んだ心の隙間 縫い合わせる前の
仮止めのような存在なんでしょ?
それも思ったより悪くないな


僕のせいでも君のせいでも誰のせいでもなくてただそれは
手をつないでなきゃ不安になるほど真っ暗な夜のせいだ


始発までの残り時間 長いようでほんのちょっと
せめて今は今くらいは一番近くにいさせて


夜のせいにしてしまえば許されるとそう思った
「この恋はもう忘れよう」とあの日の誓いを破ったこと
君の言葉借りるならばきっと僕ら似た者同士
優しいフリ演じている 本当は独りになるのが怖いだけ
自販機の前 束の間の愛 震える寂しさを僕に預けてよ


夜のせいにしてしまえば


『しゅーず - 夜のせい 歌詞』収録の『VELVET NIGHT』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.03.17
  • 曲名:
    夜のせい
  • 読み:
    よるのせい
  • 歌手:
    しゅーず
  • 作詞:
    40mP
  • 作曲:
    40mP
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE