よみ:
ともだちごっこ

友情ごっこ 歌詞SCREEN mode

発売:
2019.07.03
作詞:
唐沢美帆
作曲:
太田雅友

ステータス:

公式 フル

SCREEN mode「友情ごっこ」歌詞

籠の中の鳥は
目隠しの隙間で
華やぐ夢を見た


平穏が嫌いなひと
彼が居るくせに
好き 嫌い 好き
繰り返し数えてる


思わせぶりなのは
天性の才能なのか
遊ばれているなんて
百も承知だよ


いついつ出やるのか
夜明けの晩はどこ
罪と罰が滑った


友情ごっこ
伸びていく影法師
灼けつく太陽 背中が痛い
Ah 追えば 追うほどに
本気(マジ)になりそうだよ


大人の常套手段
針千本飲んで
良いも 悪いも 無い
平気な顔で笑う


つれない語呂合わせ
曖昧な言葉並べて
試されているのなら
望む所だよ


籠の中の鳥は
目隠しの隙間で
華やぐ夢を見た


恋愛ごっこ
咽せ返る背徳感
汗ばむ手に 脈打つ鼓動
Ah 知れば 知るほどに
駄目になりそうだよ


友情ごっこ
伸びていく影法師
灼けつく太陽 背中が痛い


恋愛ごっこ
咽せ返るような背徳感
汗ばむ手に 脈打つ鼓動
Ah 知れば 知るほどに
駄目になりそうだよ
本気(マジ)になりそうだよ


SCREEN mode『友情ごっこ』の 詳細

『SCREEN mode - 友情ごっこ 歌詞』収録の『約束の空』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2019.07.03
曲名:
友情ごっこ
よみ:
ともだちごっこ
歌手:
SCREEN mode
作詞:
唐沢美帆
作曲:
太田雅友
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

SCREEN mode 友情ごっこ 歌詞