glimmer 歌詞 sajou no hana


glimmer Lyrics
glimmer 歌詞
歌手:sajou no hana

何もないはずの僕の手にあった、光がそっと瞬いた。

答えはないと知っても、僕は僕に問う。 愛されること、その儚さについて。 傷をつけられて憎しみを浴びても、 張り付く無感情は剥がれないまま。

「神様なんていなかった。」

僕らが見上げた空はどうして、何も言ってくれやしなくて。 何もないはずの僕の手にあった光は、そっと瞬いていた。

答えはないと知っても、僕は僕に問う。 愛すること、何かを手放すこと。 人は独りでは生きられないから、 また誰かと呼吸を交わしていくんだ。

神様なんていなかったんだ。 それでも僕は歩き始めるから。

僕らが見上げた空はどうして、何も言ってくれやしなくて。 何もないはずの僕の手にあった光は、そっと瞬いていた。

発売日:2018.12.26
作詞:キタニタツヤ
作曲:キタニタツヤ
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense