サボテン 歌詞 緑黄色社会


Ryokuoushoku Shakai - Saboten Lyrics
サボテン 歌詞
歌手:緑黄色社会

ごめんね 私はサボテンさえ上手く育てられずに やりすぎた水が溢れていったよ

ごめんね 今さら気付いたって元には戻らない 謝ることしかできなくなったよ

水だけあげてりゃいいなんて 真に受けてたらこうなった 愛には加減があるなんて 誰も教えてはくれなかったのに

溺れて枯れた窓際の愛は 間違っていたのかな 花が咲くのが見たかったから 良かれと思ってた ただただ私は私なりに育てました ただただ私は私なりに愛を注いだの

ごめんね 私は大丈夫と関係ないふりして いらない自信が溢れていったよ

こんなに変わってしまうなんて 私の都合のいい頭ではきっと分からなかったよ

独りよがりでもいいなんて どうして思えていたの やっと解決したくなって 調べた結果に悲しくなった

溺れて枯れた窓際の愛が 教えてくれたかな 知らない間にすれ違っていた 愛の育て方 ただただ私はあなたの喜ぶ顔が ただただ私はあなただけに愛を注いだの

花が咲いたら私の愛は 報われるのかな 諦めきれない意地の強さを 心の強さに変えたい

溺れて枯れた窓際の愛は 間違っていなかった 丁度良さなんて分かっていても 愛は止まらなかった

必ず無駄にはしないよ枯れたサボテン いつかいつか私の愛の花を咲かせよう

発売日:2018.11.07
作詞:長屋晴子
作曲:長屋晴子
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE