あの夏に陽を点けて 歌詞るぅと

『るぅと - あの夏に陽を点けて』収録の『君と僕の秘密基地』ジャケット
  • 作詞:
    るぅと・TOKU
  • 作曲:
    るぅと・松
シェア:

ステータス:

公式 フル

るぅと「あの夏に陽を点けて」歌詞

これは少年の よくあるような
或る物語 晴れた夏の日
炎天に 彼は笑う
「何より 君の為 僕が走る為に」


まだちっぽけだった心のまま
世界は小さくなって
着丈の合わないシャツと愛想笑い
日差しは 遠く


ずっと前から 気付いていたさ
茨の絶えない道と
誰かの呪いで 止まれる訳もなくて
溢れ出した感情に遅れるな
飛び込め


この手の先に 君がいるから
変えていけるだろう 閉じた未来も
胸に 燻ってた
導火線に 火を点け
笑ってみせようか
あの夏 手を伸ばした太陽に
今なら届きそうな気がして


「いつかきっと」って誓った景色
今更戻れやしない
握った掌 血が滲むほど熱く
四つ葉の記憶


あの日描いた 理想の僕は
いつしか霞んで揺れて
それでも繋いだ 手の温度は確かに
道を示す想いを手放すな
乗り込め


この手の先に 君がいるから
越えていけるだろう 弱気な過去も
夢へ一歩遠く
蜃気楼の先へと
連れて行ってみせるから


弱さを捨てきれなくて 藻掻くように歌ってたんだ
「それでも良い」と 命をくれたから
もういいかい


空想も 絵空事も
駆け出さなきゃ ずっと遠いまま
今なら 翔べるはずだろ
あの夏に飛び込め


この手の先に 君がいるから
変えていけるだろう 閉じた未来も
胸に 燻ってた
導火線に 火を点け
笑ってみせようか
あの夏 手を伸ばした太陽に
君となら届きそうだ きっと約束した未来へ


『るぅと - あの夏に陽を点けて 歌詞』収録の『君と僕の秘密基地』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2019.10.30
  • 曲名:
    あの夏に陽を点けて
  • 歌手:
    るぅと
  • 作詞:
    るぅと・TOKU
  • 作曲:
    るぅと・松
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

るぅと 『あの夏に陽を点けて』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE