よみ:
ともしび

灯火 歌詞安月名莉子

『安月名莉子 - 灯火』収録の『かたち』ジャケット
発売:
2022.08.24
作詞:
タナカ零
作曲:
MANYO
編曲:
MANYO

安月名莉子「灯火」歌詞

君のいた場所に光が降りる
足もとの影も残さずはじけた
触れたはずの笑み ぜんぶ幻
落とした瞼がすべてとかした


僕はなんてことをしてしまったんだろう
止まらない鼓動を今も裁けずにいる
何度つないでも時は戻らないや
それなら踏み出すの


君を返せ 返せないんだもう
それぞれの命がはぐれずにいられることただ願ったはずなのに
でもたいせつな傷跡
また君が遺した灯火は揺れて僕の道をただ照らすだろう
灯火は揺れて僕の道をまた照らすだろう


切り裂いた迷い 瞼の裏に焼きついたままだ
涙の在り処


絡まった縒糸をほどき結び直そう
暖かい記憶の残像を追いかけていく
さあもう歩きだそう それは罪だとしても新しい希望


君を返せ 返せないんだもう
届けられない言葉 くりかえして連ねても淡い吐息を辿り
手のなかに抱いてくんだよ すりきれた思いは
灯火消えそうな夜のちいさな炎に焚べよう


ゼロはゼロ 存在は消えたけど
僕のなか 消せない幻の頬


君を返せ 返せないんだもう
それぞれの命がはぐれずにいられることただ願ったはずなのに
でもたいせつな傷跡
また君が遺した灯火は揺れて僕の道をただ照らすだろう
灯火が揺れる 僕のにじんだ痛みは続くの


くりかえして連ねよう 足を進めるために
手のなかに抱いてくんだよ すりきれた思いは
灯火消えそうな夜もちいさな炎に焚べよう
灯火が揺れる 僕のにじんだ痛みは続くの


灯火が消えないよう 胸に祈り抱くよ


安月名莉子『灯火』の 詳細

『安月名莉子 - 灯火 歌詞』収録の『かたち』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.08.24
購入:
曲名:
灯火
よみ:
ともしび
歌手:
安月名莉子 (あづなりこ)
関連作:
メイドインアビス 闇を目指した連星
作詞:
タナカ零
作曲:
MANYO
編曲:
MANYO
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

安月名莉子 灯火 歌詞 (メイドインアビス 闇を目指した連星 ED)