屋上のトモダチ Rooftop 歌詞 プロジェクト「Paradox Live (パラライ)」ソング

『屋上のトモダチ - Rooftop』収録の『Paradox Live Shuffle Team Show vol.1 』ジャケット
  • 発売:
    2021.09.29
  • 作詞:
    SIMON
  • 作曲:
    LOWEND ORDER
シェア:

ステータス:

公式 フル

屋上のトモダチ「Rooftop」歌詞

ガラクタに寄りかかったお前が不意に歌い
見下された世界で生きるのはめんどくさい
お前がいると減っていく俺を縛る鎖
わがままを不愉快のひとつとも取らない
何気ない会話だぜ 大したことじゃねぇけど
お前と空の色が俺を自由にすんだ
この景色で忘れられる地上の窮屈
You + I (ワン) 有限の式


別に理由なんてないけどこの場所で会ってTalk
少し遅れるならそこで待ってるよ
傷ついている時に君の笑っている顔
に照らされた僕の心 秘密の場所
青白く屋上に広がる大空に
かえがえのない唯一無二の友達
ここには存在しないステータスのものさし
君と繋ぐ正解のない歌


Rooftop 気ままな音色
高鳴る回数制限付きの鼓動


Rooftop 見下ろす地上の迷路
上空の風受けても消えねぇ炎


地上でAll Day ふりかかる苦難は
置いてきて大丈夫 希望掴むから


黒いモヤのように 付きまとう不安
ここに来れば晴れ「トモダチ」がいる


君のおかげで強くなれたって言っても きっと頷かないでしょ?
霞む蜃気楼 のようにおぼろげな記憶になっても
残る風の匂い笑いあって居よう
きっかけは何だったか ってのはきっとそんな重要じゃないんだ
いびつでアンバランス
入り組んだダクトに錆びた鉄柵
隣りに君がいて僕が僕であれる


夕日が反射してるひしゃげたアンテナ
勝手なアイツらとは違うお前が待ってた
どこから話そうかドラム缶に座ってさ
少しの背伸びも要らねぇ心地良さ
ここで過ごす時間とお前がいなかったら
小さな世界に閉じこもったままだった
守られる 傷つけるとも違う関係
ありのままで居られる時間


Rooftop 気ままな音色
高鳴る回数制限付きの鼓動


Rooftop 見下ろす地上の迷路
上空の風受けても消えねぇ炎


地上でAll Day ふりかかる苦難は
置いてきて大丈夫 希望掴むから


黒いモヤのように 付きまとう不安
ここに来れば晴れ「トモダチ」がいる


Rooftop 気ままな音色
高鳴る回数制限付きの鼓動


Rooftop 見下ろす地上の迷路
上空の風受けても消えねぇ炎


地上でAll Day ふりかかる苦難は
置いてきて大丈夫 希望掴むから


黒いモヤのように 付きまとう不安
ここに来れば晴れ「トモダチ」がいる


『屋上のトモダチ - Rooftop 歌詞』収録の『Paradox Live Shuffle Team Show vol.1 』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.09.29
  • 曲名:
    Rooftop
  • 読み:
    ルーフトップ
  • 歌手:
    屋上のトモダチ (おくじょうのトモダチ)
  • 関連作:
    Paradox Live (パラライ)
  • 作詞:
    SIMON
  • 作曲:
    LOWEND ORDER
  • 関連歌手:
    The Cat’s Whiskers cozmez
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

屋上のトモダチ 『Rooftop』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

文字サイズ
位置
テーマ