さいごのタイトハグ

最後のTight Hug 歌詞乃木坂46

『乃木坂46 - 最後のTight Hug』収録の『最後のTight Hug』ジャケット
  • 発売:
    2021.11.05
  • 作詞:
    秋元康
  • 作曲:
    杉山勝彦
シェア:

ステータス:

公式 フル

乃木坂46「最後のTight Hug」歌詞

抱きしめるしかなかった
何も思い浮かばない
出来ることなら 僕にもう一度だけ
チャンスが欲しい
このまま 手を掴んで
君を連れ去りたいよ
僕はどうして 繋いでたその手を離したのか
今さら思った Ah


飲みかけのカフェラテ
手に持って どれくらい経った?
だって君が結婚をするって聞いて
何を言えばいい?


何ヶ月ぶりだろう
どこかで会えない?なんて言うから
そう 気軽に懐かしい公園で
待ち合わせてしまった


さよならのその後も
忘れてたわけじゃない
話したいことがあったけど
突然すぎないか?


抱きしめるしかなかった
言葉では伝えられない
おめでとう 幸せになれって
思いを込めて…
戸惑ってる僕の顔を
見られたくなかったし
こんな風に抱きしめることなんかできないよ
最後のTight Hug Ah


木枯らしに吹かれて
心の奥も悴(かじか)んだ
少し距離を置こうって言ったのは
僕の方だったのに…


何度か恋をしたけど
それ以上進まない
誰かと君を知らぬうちに
どこか比べてた


引き止めちゃいけないんだ
僕だってわかっているよ
君の未来を変えてしまうことは
できないってこと
“責任”とかじゃなくて
そんな勇気ないだけだろう
このままずっとこうしていたかったけど
微笑んで両手を離した


冷たくなったカフェラテ
もう飲みたくなかったけど
残したまま 捨てちゃうのは
なんでかな (今日だけは)
思い出がもったいない気がした


抱きしめるしかなかった
言葉では伝えられない
おめでとう 幸せになれって
思いを込めて…
戸惑ってる僕の顔を
見られたくなかったし
こんな風に抱きしめることなんかできないよ
最後のTight Hug Ah


  • 発売日:
    2021.11.05
  • 曲名:
    最後のTight Hug
  • 読み:
    さいごのタイトハグ
  • 歌手:
    乃木坂46 (のぎざかフォーティーシックス)
  • 作詞:
    秋元康
  • 作曲:
    杉山勝彦
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

乃木坂46 『最後のTight Hug』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ