よばいぼし

夜這星 歌詞なにわ男子

  • 作詞:
    -
  • 作曲:
    -
シェア:

なにわ男子「夜這星」歌詞

流れる雲 ふと眺めてたら 気づいてしまったんだ
期限(かぎり)ある 果てしない 僕らの時間


意味ありげに 意味のないことを してもいいんじゃない?
そうやって 僕は僕を 刻んでいく


日々 日々 愛すべき 無駄なこととか
今しかできないこと たくさんしよう


吹き抜けてゆく風は 少し魔法みたいで
なぜだろう どこか 不思議な気分さ
君が 笑った


何にもなくても「何もない」が確かにある 空見上げながら
大人になったら 消えてしまうよな 瞬間を 抱きしめよう


交差する運命も すれ違う偶然も
吹き抜けてゆく風は 少し魔法みたいで
なぜだろう どこか 不思議な気分さ
僕ら 笑いあった


There is no other, so maybe… 特別なわけじゃない
静かに 淡く ときめく刹那に
僕は 夢中さ


夢中さ、きみに。


シェアしよう!
  • 曲名:
    夜這星
  • 読み:
    よばいぼし
  • 歌手:
    なにわ男子 (なにわだんし)
  • 作詞:
    -
  • 作曲:
    -
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ