シンクロ・シティ 歌詞麻天狼

『麻天狼 - シンクロ・シティ』収録の『CROSS A LINE』ジャケット
発売:
2022.06.15
作詞:
ザ・おめでたズ
作曲:
DJ HASEBE
編曲:
DJ HASEBE

麻天狼「シンクロ・シティ」歌詞

午前様からの午後起き
癖で入れた2杯分のコーヒー
一通り溜まった家事を済まし
少しマシになったクマに気づいた
うだつあがらないこの日々にあらがい
首輪のようにまいたネクタイを
はずす術をいま知りたい


相談したいけど先生は遠出
話したいけどあいつはどこへ
居るのが当たり前になってた
1人だとやけに静かなこの部屋
チグリジアに水をやろう
しくじりは水に流そう
期待に応えたいんだ俺も
これからも聴きたい2人の声を


たそがれのまちを
歩いて帰れば
忘れていた気持ちを
ふと思い出した


たまの休日ユルめにチューニング
OFFな今日ぐらい 自分に忠実に
終日free なのに早起き
ひとりぼっち 過ごし 暇つぶすも嗜み
今日は休戦 ジャケットはハンガー
ラフでいこうぜ ゆるいスウェットと短パン
新しい一日 深呼吸をし 目覚まし
止めて そっとあの街 に繰り出そう


いつもとは 違う顔
朝の摩天楼 ふもと そろりwalkin’
昼ごはん済まし その後テキトーにして
ビルの谷間 差す 太陽に あくびしてる
楽にして 日々を耕して
頭は空っぽにして
こんなchillな日 どうせなら
連れ出したり 押しかけたくなる
そんな気分


たそがれのまちを
歩いて帰れば
忘れていた気持ちを
ふと思い出した


興味深い日々吟味
万物はいつでも流動体
そこは迷界 like a 脳回
諦める選択肢など毛頭無い
前途多難なオフロード
でもnot医者の不養生
生あってこその気概
見るは過去ではなく未来


今日は一匹狼
束の間の休み 行こうどっかに
朝の光 霧を晴らし
愛車とシンジュクを飛び出し
意の向くまま成すまま
街を越え山を越え海の方へ
ひとりなら出来る遠出
いつかはふたりも連れて


あー 休みあっという間
カラスも鳴きそろそろ夕飯
街灯灯る道をUターン
それぞれ休日 タイムイズオーバー


たそがれのまちを
歩いて帰れば
忘れていた気持ちを
ふと思い出した


麻天狼『シンクロ・シティ』の 詳細

『麻天狼 - シンクロ・シティ 歌詞』収録の『CROSS A LINE』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.06.15
曲名:
シンクロ・シティ
歌手:
麻天狼 (まてんろう)
関連作:
ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- (ヒプマイ)
作詞:
ザ・おめでたズ
作曲:
DJ HASEBE
編曲:
DJ HASEBE
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

麻天狼『シンクロ・シティ』の Official Music Video

麻天狼『シンクロ・シティ』の Official Lyric Video (Short ver.)

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

麻天狼 シンクロ・シティ 歌詞 (ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- (ヒプマイ) ソング)