まふまふ 二千五百万分の一 歌詞 アニメ「リーマンズクラブ」ED

『まふまふ - 二千五百万分の一』収録の『二千五百万分の一』ジャケット
  • 発売:
    2022.02.04
  • 作詞:
    まふまふ
  • 作曲:
    まふまふ
シェア:

まふまふ「二千五百万分の一」歌詞

忙しない往路 夕に凪いだ 風擬き
忘れ 忘れられそうになって 花霞
ふわり 窓越しの春に気づいたのは
有り余るほどの軌跡


あの日
足を止めてみたから
雨が止んでいたから
ああ 気まぐれが寄り道を促して
君に出会えたのだ それくらいのことも
当たり前に思えないや


たとえば偶然を運命と呼べたら
明日は前を向けるのか


そうやって 何遍も
願ってみせるが人生なんだ


君もそうでしょ?


それは二千五百万分の一を
辿り歩く夢の満ち欠け
君の明日無くしては生きられないような
ボクを導いておくれ


消えかけた今日を選んだのは
有り余るほどの奇跡


明日は何をしようか 何処へ行こうか
なんて話はいつ以来だろう
怒鳴る始発のベル 駆り立てる
大人なのさボクらは
物語の主役にはなれないってわかっているけど
こんな何気ない毎日が愛しくてたまらない


本当は人生をいつかは取り返せたらいいな


ってそうやって 何遍も
泣いてみせるのが人生なんだ


ボクはそうだよ


青い絵の具だけ空っぽみたいな
明日の分まで澄み渡る夏
ビルの隙間を切り取ってしまうような
幻を見せておくれ


偶然を 運命を
受け入れたら明日は来るのさ


そうやってボクたちは
そうしたらボクは
大人になったよ


涙隠すため星を見るんだ
君の分まで澄み渡る夏
ビルの隙間を切り取ってしまうような
幻を見せておくれ


それは二千五百万分の一を
辿り歩く夢の満ち欠け
君の明日無くしては生きられないような
ボクを導いておくれ


消えかけた今日を選んだのは
有り余るほどの奇跡


『まふまふ - 二千五百万分の一 歌詞』収録の『二千五百万分の一』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2022.02.04
  • 曲名:
    二千五百万分の一
  • 読み:
    にせんごひゃくまんぶんのいち
  • 歌手:
    まふまふ
  • 関連作:
    リーマンズクラブ
  • 作詞:
    まふまふ
  • 作曲:
    まふまふ
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

まふまふ 『二千五百万分の一』の MV / PV

「まふまふ」コメント

エンディングを担当させて頂くことになりました、まふまふです。
いま僕らの周りにいる大事な人たちと同じ時を過ごす確率は、 “1/25000000” と言われています。
天文学的な確率で出会った人達が、一つのことを共に成し遂げようとする様は、奇跡と呼ぶに相応しいのではないかとこの曲を作りました。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ