博多駅は雨の歌詞 はたかえきはあめ クボタカイ

『クボタカイ - 博多駅は雨』収録の『来光』ジャケット
  • 作詞:
    クボタカイ
  • 作曲:
    クボタカイ

ステータス:

公式 フル

クボタカイ「 博多駅は雨 」歌詞

博多駅は雨 飛沫のような人の群れ
止まらず傘を抜け走れ 約束の時間過ぎている
時計台の前 濡れたスニーカー走らせて
止まらず傘を抜け走れ 約束の時間過ぎている


地を突く雨 ガラスの向こう 濡れた袖で僕の肩叩くガール
微かに甘い香りが 悪魔をくすぐるトリガー
「ごめんね」「まあ良いよ」「ありがとう」
決まってメロンソーダはバニラフロート ホイップ付けた唇がチェリー


本屋を出る頃には 治った機嫌が面倒くさいな
「何か付いてるから」 託けて触れた髪が女の子
頬張る幸せな顔を長いこと見ていたいな 夏を濡らした通り雨


触れてみたいの 君の脈を知りたい


プラスティックレイニー 教えてよ 頭がおかしくなりそう
ふとした瞬間、時間を止めてしまうように 振り向くと哀しい顔
プラスティックレイニー 教えてよ 頭がおかしくなりそう
大事な事は知らないまんまでただ今日が 過ぎていく雨降りの二人


折れて開かない傘みたいな 行き場のない恋は捨てちまいな
天気予報の後の占いを 気にかけてる僕が馬鹿みたいだ
上から僕らに向けて描く線 舌打ちリーマン 笑う女学生
漠然と緩む話も脱線 何遍も同じ話で反省
ダラリとした幸せは いつかの週末を孕む
旧作レンタル映画の台詞が やけに重なる8番線
ギラリとした牙出せば エンディングはバッドだなあ
それならいっそ この日を一生 悔やんで生きていくのも悪くないな


今日が終わる頃には 近付いた距離が恥ずかしいな
「明日また晴れるかな」 どうでも良い話で誤魔化して
赤く染まる頬は 夏が終わる頃熟れた果実だ 夏を揺らした水溜り


手と手の間 伝う、甘い滴


プラスティックレイニー 教えてよ 頭がおかしくなりそう
ふとした瞬間、時間を止めてしまうように 振り向くと哀しい顔
プラスティックレイニー 教えてよ 頭がおかしくなりそう
大事な事は知らないまんまでただ今日が 過ぎていく雨降りの二人


博多駅は雨 飛沫のような人の群れ
止まらず傘を抜け走れ 約束の時間過ぎている
時計台の前 濡れたスニーカー走らせて
止まらず傘を抜け走れ 約束の時間過ぎている


『クボタカイ - 博多駅は雨 歌詞』収録の『来光』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.04.07
  • 曲名:
    博多駅は雨
  • 読み:
    はたかえきはあめ
  • 歌手:
    クボタカイ
  • 作詞:
    クボタカイ
  • 作曲:
    クボタカイ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE