澄み渡る日まで 歌詞

『チャン・グンソク - 澄み渡る日まで』収録の『Shock』ジャケット
歌手:

チャン・グンソク

よみ: すみわたるひまで
発売日: 2023.09.27
作詞: 東乃カノ
作曲: Yo-Hey
編曲: 清水"カルロス"宥人

泡のように悲しみさえも
ねぇ消えてなくなるのなら
いつかこの心澄み渡るだろうか


孤独を夜に押し込めて
街の灯りに背を向けて
本当は誰かに見つけて欲しくて


耳を塞ぐ 溢れる前に
潜ろう深く この部屋の底


泡のように消えてしまえば
もう濁らずにいられるの
閉じた窓辺で憂いを吐いた
ただ更けていく夜に紛れて
涙が空へと還るのを待った
いつか心が 澄み渡る日まで


失うのなら欲しくない
傷つくのなら独りでいい
染み付いた虚しさ 拭いきれなくて


浅い眠り繰り返すたび
ひとつ、ふたつ零れる記憶


泡のように消えてしまえば
もう濁らずにいられるの
閉じた窓辺で憂いを吐いた
もう戻らない日々や景色が
何度でも寄せて返すから


泡沫に眩んで 夜の淵沈んで
嘆きの重さに足を取られて
それでもまた拾い集めよう
生きていく理由を 此処で


泡のように 悲しみも
消えてしまえば 弾けてしまえば
ねぇ僕の心 光は射すの


泡のように消えてしまえば
もう濁らずにいられるの
閉じた窓辺で憂いを吐いた
ただ更けていく夜に紛れて
涙が空へと還るのを待った
いつか心が 澄み渡る日まで

リンクをコピー

歌手: チャン・グンソク
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • チャン・グンソク 澄み渡る日まで 歌詞

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

チャン・グンソク 澄み渡る日まで 歌詞