流れ星 歌詞 杏沙子


Nagareboshi Lyrics
流れ星 歌詞
歌手:杏沙子

「会いたくなったの」 ただそれだけでいい 夜の真ん中に部屋を飛び出した 電話越しの声 それじゃ足りないの 夏を吸い込んで 今会いに行くよ

夜空 白いスニーカー 星座を飛び越えて

あぁ このままきみの街へ 走っていこう 夏が終わる前に あぁ いつからだったかな わたし恋をしてる

「アイス買ったから」 もうそれでもいい 僕ときみの分 ちゃんと買ったから 会話の記憶は 巻き戻し聞いた 擦り切れる前に 今会いに行くよ

夜空 スウェットのまま 気持ち溶ける前に

あぁ このままきみの街へ 走っていこう 夏が終わる前に あぁ いつからだっただろう 僕は恋をしてる

あぁ このままきみの街へ 走っていこう 夏が終わる前に あぁ きみは気付いてるの? 目が合えば 弾けそうだよ

あぁこのままきみのもとへ 今すぐ行こう 夏が終わる前に あぁ いつからだったかな きみに恋をしてる

発売日:2018.07.11
作詞:杏沙子
作曲:杏沙子
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE