『富士葵 - シンビジウム 歌詞』収録の『シンビジウム』ジャケット 公式 フル

シンビジウム 歌詞

歌手
富士葵

富士葵「シンビジウム」歌詞

なりたいものは? 本当は分かってる
自信持てず 誤魔化してばかり
知らず知らず ヒト真似し生きた
海に浮かぶ あのツキのように


波に呑まれて 歪むたび
心 見失っていく


どうか 沈まないように
ヒトのように 輝けなくても
不安の波間でハラリ舞う
光が教えている
「キミらしく 咲けばいいよ」と


満ちる 欠ける ヒトの顔色を
窺い 生きた 嫌われぬように
心 隠し 虚光で象った
海に 漂う あのツキのように


不安の波に 囚われず
“自由”を 生きてみたい


どうか 溺れないように
色の褪せた 微かな光でも
闇夜だからこそ 輝いて
誰かが観ていてくれる
「キミらしく 瞬いて」


前向けなくてもいいの
躓いてもいいの
ボロボロになった靴履いて
ココロが赴くままの歩幅で
いきたい 今


どうか 沈まないように
ヒトのように 輝けなくても
欠けた月もいつかは満ちる
「ボクらしく咲き誇れ」
いつか 長夜も晴れる その日まで


どうか 溺れないように
色の褪せた 微かな光でも


戸惑い迷い揺れながらも
歪むほど光放つ
美しく舞う花びらのよう


『富士葵 - シンビジウム 歌詞』収録の『シンビジウム』ジャケット
シェアリンク
発売日: 2021.03.16
曲名: シンビジウム
歌手: 富士葵
作詞: 富士葵
作曲: 大田原侑樹
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

富士葵『シンビジウム』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE