『富士葵 - Eidos 歌詞』収録の『Eidos』ジャケット 公式 フル

Eidos 歌詞

歌手
富士葵

富士葵「Eidos」歌詞

生まれた時に神様が
「仲良くしなさい」とくれた
人擬きの白い綺麗な箱
受け取ったモノ全て詰め込んで
今日まで来た


少しずつ 余計な感情(モノ)ばかり増えて
邪魔になって こんなんじゃなかったはずと
黒ずんだキミ 捨てきれないまんまで
”生きてる”


変わりたいとネガって 変わらない毎日(ヒビ)望んで
相反してる 矛盾を抱えながら
キミの声がしたんだ ヒトみたいに完璧じゃなくても
白か黒じゃなくっていい…
「アオイままでいてよ」


初めて出会ったのはそう
物心がついたあの日
胸の奥で脈を打ちながら
「”こころ”っていうの」って
キミは言った


どんなことも 分け合った
涙さえも 痛みさえも
「僕のこともういっそ捨ててしまえば楽になれるよ?」
その声が脳裏で 喧騒(サンザメ)く


手放したいって鳴いて そばにいてよって泣いて
人は”愛”って感情を 知ってくのだろう
だからキミなしじゃきっと 喜びさえ知れないんだよ
だから ずっとこのまま
「アオイままでいたい…」


傷付けて [傷付いて]
愛を知って [哀を知って]
アカい涙 [溢(コボ)れるたび]
”キミの存在”を知るんだよ


綺麗な色望んで 望まない色貰って
「これじゃない」って あの日 産声(ナイ)てたんだろう
それでもキミとずっと 歩いていくって決めたんだよ
いつか灰になる日まで
どんな色に染まっても…
「アオイままでいるよ」


『富士葵 - Eidos 歌詞』収録の『Eidos』ジャケット
シェアリンク
発売日: 2021.02.23
曲名: Eidos
読み: エイドス
歌手: 富士葵
作詞: Soflan Daichi
作曲: そとなかはらりゅうのすけ
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

富士葵『Eidos』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE