よみ:
たいようのうか

太陽の羽化 歌詞amazarashi

『amazarashi - 太陽の羽化』収録の『令和二年、雨天決行』ジャケット
発売:
2020.12.16
作詞:
秋田ひろむ
作曲:
秋田ひろむ

amazarashi「太陽の羽化」歌詞

群生するススキが 気が狂ったように手招きしてる
日差しは赤味がかり 夏では写せないものを露わにする
それは そろそろ訪れる 太陽の羽化


状態としての生をボンネットに縫い付けて
身体を輸送する僕は 誰かが描いた白線に沿って


風景にこびりついた憂鬱 とたんに思い出が痙攣する


砂漠に埋まった貝殻で指を切る
今日も来る 暗色の悲しい兆し
ついに訪れる 太陽の羽化
だけど 片方だけ 翅はなかった


季節ならさっき出て行った
つまらない歌を置いてった
僕らは遠く離れた
取り返しのつかないほど


浮かぶことを諦めた
太陽が町を照らした
始まることをやめた今日が
いつもの日常の振りした


amazarashi『太陽の羽化』の 詳細

『amazarashi - 太陽の羽化 歌詞』収録の『令和二年、雨天決行』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2020.12.16
購入:
曲名:
太陽の羽化
よみ:
たいようのうか
歌手:
amazarashi (あまざらし)
作詞:
秋田ひろむ
作曲:
秋田ひろむ
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

amazarashi 太陽の羽化 歌詞