はりつめてた心の弦 その強さが震わせてる
初めて知る奏では何故 あたたかくて…少し怖い


交わるはずのない道を歩いてる
覚えかけの甘い痛みと Ah,


願わくばこの日々が 実を結んだ遠い空に
響くのは ねえ、キミの声だといい
孤独の終わりに きっといてね


わたし達は出会わなくても 果たすべきをやり遂げてた
キミの顔がそう思ってる そんなことが誇らしいの


五線を持たずに奏であいましょう
どこにいても聴こえるように Ah,


願わくばこの日々が 実を結んだ遠い空に
響くのは ねえ、キミの声だといい


立ち向かう宿命に 迷いなんて一つもない
信じたい Ah, 優しい世界がある
孤独の終わりに きっと会えるから
孤独の終わりに きっといるわ


『アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世(雨宮天) - 奏響エトランゼ 歌詞』収録の『氷の鳥籠』ジャケット
シェアリンク
読み: そらエトランゼ
歌手: アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世(雨宮天)
関連作: キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦
発売日: 2020.11.11
作詞: こだまさおり
作曲: 藤永龍太郎 (Elements Garden)
関連歌手: 雨宮天
ステータス: 公式 フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE