よみ:
はれまちノオト

晴れ待ちノオト 歌詞鬼頭明里

『鬼頭明里 - 晴れ待ちノオト』収録の『みちくさ』ジャケット
発売:
2022.04.06
作詞:
辻純更
作曲:
藤原彩豊
編曲:
藤原彩豊

鬼頭明里「晴れ待ちノオト」歌詞

雨に打たれ俯いてる
物言わないひなげしの花


瞳の裏にきみを思った
傘を手向け ともに待とう
光を望むとき


優しくなりたい ひたすら願った
無闇なものじゃ 今以上傷つけるかもしれない
強さって何だろう 何ができるだろう
涙の理由に寄り添うことだけ そっと許して


ひと雫が集まるたび
小さな湖が 心を飲み込むよう


無意識のまま 来た道をゆく
傘はここに置いていくね
流れる雲の空


息切らしながら 今日だけはきみの
大丈夫だよって笑顔は信じちゃいけなかった
黙っていていい 笑わなくていい
柔らかい頬になるまで 隣にいてもいいかな


坂道を下り 景色をいくつも
きみへと急ぐ 雨上がりを


静かに 静かに
ため息はやがて深呼吸に変わったね
心が耳を澄まし 振り向く


優しくなりたい ひたすら願った
無闇なものじゃ 今以上傷つけるかもしれない
正しい答えより 何もできなくても
雨[なみだ]の向こうへ手を添え “友達”と そう呼ばせて
太陽を見つける そのとき


鬼頭明里『晴れ待ちノオト』の 詳細

『鬼頭明里 - 晴れ待ちノオト 歌詞』収録の『みちくさ』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.04.06
購入:
曲名:
晴れ待ちノオト
よみ:
はれまちノオト
歌手:
鬼頭明里
作詞:
辻純更
作曲:
藤原彩豊
編曲:
藤原彩豊
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

鬼頭明里『晴れ待ちノオト』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

鬼頭明里 晴れ待ちノオト 歌詞