syudou 歌詞一覧

よみ:
しゅどう
歌手タイアップ動画歌い出し
アイソトープまずは言っておきましょう 俺はアンタが嫌い クソな文句に溺れ何もしないただの凡夫 安い愛を重ねて分かり合ってるつもり メスを知ったと語る馬鹿な様はまさにワナビー 妖艶な価値などここには要らない 置いてきな 孤独も未来もアイソトープも一気に揺らせ オマエの理想は3分ぽっきりどっかに落ちた 猛毒も嫌いも愛そうとすれば一気に砕ける 勝つのは当然とおせんぼしても難なく進んで行くんだった そして言っておきましょう 俺はアンタより上 遥か天高く上 下なものは年と背だけ 愛を質素に育て夢を謙虚に叶え なおも一切妥協しない姿勢 光る知性 低脳なガキにお送りする言葉さ そこで見な 友達作りも恋愛トークも全部くだらねぇ 売れ残り共のレンアイごっこはそんなにいいか 烏合の郷など堂々ファックさ全部蹴散らせ    頭の足りない低脳凡夫の まんまで死んでもいいんだっけ 弁解は無しだぜ 中指の先で落ち合おう 孤独も未来もアイソトープも一気に揺らせ オマエの理想は3分ぽっきりどっかに落ちた 猛毒も嫌いも愛そうとすれば一気に砕ける 勝つのは当然とおせんぼしても難なく進んで行くんだったsyudou-まずは言っておきましょう 俺はアンタが嫌い クソな文句に溺れ何もしないただの凡夫 安い愛を重ねて分かり合ってるつもり メスを知ったと語る馬鹿な様はまさにワナビー 妖艶な価値などここには要らない 置いてきな 孤独も未来もアイソトープも一気に揺らせ オマエの理想は3分ぽっきりどっかに落ちた 猛毒も嫌いも愛そうとすれば一気に砕ける 勝つのは当然とおせんぼしても難なく進んで行くんだった そして言っておきましょう 俺はアンタより上 遥か天高く上 下なものは年と背だけ 愛を質素に育て夢を謙虚に叶え なおも一切妥協しない姿勢 光る知性 低脳なガキにお送りする言葉さ そこで見な 友達作りも恋愛トークも全部くだらねぇ 売れ残り共のレンアイごっこはそんなにいいか 烏合の郷など堂々ファックさ全部蹴散らせ    頭の足りない低脳凡夫の まんまで死んでもいいんだっけ 弁解は無しだぜ 中指の先で落ち合おう 孤独も未来もアイソトープも一気に揺らせ オマエの理想は3分ぽっきりどっかに落ちた 猛毒も嫌いも愛そうとすれば一気に砕ける 勝つのは当然とおせんぼしても難なく進んで行くんだった
アカシア重症なアナタはやっぱ恨み辛みを繰り返し 実体の無いモノに対し睨み利かしてる 賢明な奴らはきっと優しくなってやり直し 寛容で無欲な奴を大人と言うのさ アカシアが頬を撫でる この血が止まるまでは 鳴呼 嫌 嫌 ねぇもしもアナタが許すならば 乾ききった心にロづけを ねぇ不意にアナタが思い返すように 消えない証を刻んであげたい 見えない鎖で縛ってあげたい 当たり前だろ今何時 そりゃ追い越せ酔いどれ皆sorry ほら頭がでっかちな少年少女の 門外不出のオーバードーズ 黙れポンコツ飛ベオーリー そりゃこちとら中学12年生 その衰え混じりの眼光で 見つめんじゃねぇぞオイ 飾るな喉から歌え 言葉が枯れてしまうまで ねぇもしもアナタが望むならば 擦れてしまった心に賛美歌を ねぇ生き辛さから目をそらすことが 本当の罪だと叱ってあげたい 醜い本音を歌ってあげたい 清く強く汚れた心で今 アナタは大人になったんだ そしてアナタは もしもアナタが笑われたなら 奴らにこの歌と中指を ねぇ無知で短気で世間知らずの 言葉をアタシは分かってあげたい それでもアナタを分かってあげたいsyudou- 動画重症なアナタはやっぱ恨み辛みを繰り返し 実体の無いモノに対し睨み利かしてる 賢明な奴らはきっと優しくなってやり直し 寛容で無欲な奴を大人と言うのさ アカシアが頬を撫でる この血が止まるまでは 鳴呼 嫌 嫌 ねぇもしもアナタが許すならば 乾ききった心にロづけを ねぇ不意にアナタが思い返すように 消えない証を刻んであげたい 見えない鎖で縛ってあげたい 当たり前だろ今何時 そりゃ追い越せ酔いどれ皆sorry ほら頭がでっかちな少年少女の 門外不出のオーバードーズ 黙れポンコツ飛ベオーリー そりゃこちとら中学12年生 その衰え混じりの眼光で 見つめんじゃねぇぞオイ 飾るな喉から歌え 言葉が枯れてしまうまで ねぇもしもアナタが望むならば 擦れてしまった心に賛美歌を ねぇ生き辛さから目をそらすことが 本当の罪だと叱ってあげたい 醜い本音を歌ってあげたい 清く強く汚れた心で今 アナタは大人になったんだ そしてアナタは もしもアナタが笑われたなら 奴らにこの歌と中指を ねぇ無知で短気で世間知らずの 言葉をアタシは分かってあげたい それでもアナタを分かってあげたい
アサルトラブマジホントしょうもない話 くだ巻いて吸ってまた吐いて それ聞き流すことも仕事 善良に特化した神対応 酒に溺れた青年が もがき足掻いている様は 浜辺に打ち上がった魚の様だった へんてこりんな不安材料 「そんなの大して意味ない」と 言葉と言葉の隙間に身を任せ そしてキスをして慰めて好きなだけ 優しさに飲み込まれるのさ 全て嘘と知り騙されて朽ち果てて 繰り返しあなたを抱くのさ その願いもいつかは散るのさ 日にほんの一杯の酒と 気をちゃんとさす程の愛を それだけで全部満たされた インスタントな愛なんて要らないの 不可抗力的な衝動も 今を切り取った価値観も 変わるんだからもう どうでもいいんだった 半端に持った異端細胞 あなたの前じゃ腐っちゃうの 自分を殺してあなたと生きるため それじゃ愛憎のブレンドを好きなだけ 隠し味に本心を一粒 だけどこの杯はどこまでも嘘の味 表向きは酔ってるだけでも ホントはもう勘付いているのさ 嗚呼あなたのその声が 嗚呼鳴り止まない 何処にいたって もうこの身が果てるまで 狂わされて どこまでもどこまでも堕ちていく そしてキスをして慰めて好きなだけ 優しさに飲み込まれるのさ 全て嘘と知り騙されて朽ち果てて 繰り返しあなたを抱くのさ その願いもいつかは散るのさ それ程まで愛しているのさsyudou- 動画マジホントしょうもない話 くだ巻いて吸ってまた吐いて それ聞き流すことも仕事 善良に特化した神対応 酒に溺れた青年が もがき足掻いている様は 浜辺に打ち上がった魚の様だった へんてこりんな不安材料 「そんなの大して意味ない」と 言葉と言葉の隙間に身を任せ そしてキスをして慰めて好きなだけ 優しさに飲み込まれるのさ 全て嘘と知り騙されて朽ち果てて 繰り返しあなたを抱くのさ その願いもいつかは散るのさ 日にほんの一杯の酒と 気をちゃんとさす程の愛を それだけで全部満たされた インスタントな愛なんて要らないの 不可抗力的な衝動も 今を切り取った価値観も 変わるんだからもう どうでもいいんだった 半端に持った異端細胞 あなたの前じゃ腐っちゃうの 自分を殺してあなたと生きるため それじゃ愛憎のブレンドを好きなだけ 隠し味に本心を一粒 だけどこの杯はどこまでも嘘の味 表向きは酔ってるだけでも ホントはもう勘付いているのさ 嗚呼あなたのその声が 嗚呼鳴り止まない 何処にいたって もうこの身が果てるまで 狂わされて どこまでもどこまでも堕ちていく そしてキスをして慰めて好きなだけ 優しさに飲み込まれるのさ 全て嘘と知り騙されて朽ち果てて 繰り返しあなたを抱くのさ その願いもいつかは散るのさ それ程まで愛しているのさ
アタシ育ってきた環境が違うから 好き嫌いの概念が逆なの 正論 倫理 共感されないの アタシにはみんなが嫌った音楽が似合うし 群れて時間を浪費なんてしないの それに不満も感じないで過ごしてたのに それだってのに アナタをいつか知ったせいで迷う やっぱ普通もいいな 理想と理性でがんじがらめ 分からないのさ普通の愛 アタシは自由に生きていく 馬鹿みたいに興味ないのさ アタシは自由に生きていく 墓に入り灰になるまで 独りでいようと思ったのに たまらないくらいに愛したい アナタの比重が増していく アタシは自由に生きていく 舞踏会でダンスだって出来るし 燃える様な旋律奏でるのに それが何故か戦慄逆撫でるの不思議だね ドラマとか見て予習していたはずなのに 好きな人に渡しちゃうベラドンナ 彼ベーコンが大好きだって事なのに 歯向かってハム買ってしまうの 自意識ってホント強敵まるでハイド アタシを舐めんな スナッチクラッチ卍固め 分かりたいのさ普通の愛 アタシは自由に生きていく 金はたいて買えやしないらしい アタシは自由に生きていく 周りと自分の認知の差 埋め合わせれんのを待ってんじゃ 間に合わないから今は 露骨に無骨に愛を歌う アタシはどうせ どっちつかずのアウトキャスト 拒む者がいようとも アタシは自由に生きていく 生まれてから死ぬまで 誰もが自由だろ 分からないのさ普通の愛 アタシは自由に生きていく 馬鹿みたいに興味ないのさ アタシは自由に生きていく 墓に入り灰になるまで 独りでいようと思ったのに たまらないくらいに愛し合いたい アナタの比重が増してアタシ アナタを理由に生きていく アタシは自由に生きているsyudou- 動画育ってきた環境が違うから 好き嫌いの概念が逆なの 正論 倫理 共感されないの アタシにはみんなが嫌った音楽が似合うし 群れて時間を浪費なんてしないの それに不満も感じないで過ごしてたのに それだってのに アナタをいつか知ったせいで迷う やっぱ普通もいいな 理想と理性でがんじがらめ 分からないのさ普通の愛 アタシは自由に生きていく 馬鹿みたいに興味ないのさ アタシは自由に生きていく 墓に入り灰になるまで 独りでいようと思ったのに たまらないくらいに愛したい アナタの比重が増していく アタシは自由に生きていく 舞踏会でダンスだって出来るし 燃える様な旋律奏でるのに それが何故か戦慄逆撫でるの不思議だね ドラマとか見て予習していたはずなのに 好きな人に渡しちゃうベラドンナ 彼ベーコンが大好きだって事なのに 歯向かってハム買ってしまうの 自意識ってホント強敵まるでハイド アタシを舐めんな スナッチクラッチ卍固め 分かりたいのさ普通の愛 アタシは自由に生きていく 金はたいて買えやしないらしい アタシは自由に生きていく 周りと自分の認知の差 埋め合わせれんのを待ってんじゃ 間に合わないから今は 露骨に無骨に愛を歌う アタシはどうせ どっちつかずのアウトキャスト 拒む者がいようとも アタシは自由に生きていく 生まれてから死ぬまで 誰もが自由だろ 分からないのさ普通の愛 アタシは自由に生きていく 馬鹿みたいに興味ないのさ アタシは自由に生きていく 墓に入り灰になるまで 独りでいようと思ったのに たまらないくらいに愛し合いたい アナタの比重が増してアタシ アナタを理由に生きていく アタシは自由に生きている
アンチテーゼ貴様通勤快速 喪服の凡夫で一杯です 唯一性を捨てれるのもまた才能です 偽善にかられ割り込ませたのが失敗です 広い背中を蹴り落とせりゃもう最高です 4番線ホーム 山手内回り 黄色い線を下がんないと死体になっちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当に嫌な奴ね アンタの語彙感 価値観 10歳児未満 「あなたのためを思い一言忠告」なんざ うるせぇ うるせぇ 知らねぇよ 仮面をつけていけしゃあしゃあと接待です 注いだビール 頭からかけて滅菌してぇ 未婚のハゲが女性軽視とはけったいです ロリータ 姫カット 愛せねぇ奴は全員死ね 月火水木金 不憫な役回り 自尊心を守んないと機械になっちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当にただただカスね 女はクソだのどうこう言うけど要は モテないだけだし下半身は勃起してんだ 汚ねぇ 汚ねぇ 近づくな あなたがあの日々で堪え守り抜いた 批難されて悲観された人間性や人生観 そのワインとパンは血となり肉となり 役に立たないと思え意外に立っちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当に馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿 毎回毎回本当は分かってんだけど 俺だって本当に嫌な奴さ 一曲目のイントロからここに至るまで 金取ってまで聴かす様なもんじゃねぇな うるせぇ うるせぇ 知らねぇよ それではお後がよろしくてsyudou- 動画通勤快速 喪服の凡夫で一杯です 唯一性を捨てれるのもまた才能です 偽善にかられ割り込ませたのが失敗です 広い背中を蹴り落とせりゃもう最高です 4番線ホーム 山手内回り 黄色い線を下がんないと死体になっちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当に嫌な奴ね アンタの語彙感 価値観 10歳児未満 「あなたのためを思い一言忠告」なんざ うるせぇ うるせぇ 知らねぇよ 仮面をつけていけしゃあしゃあと接待です 注いだビール 頭からかけて滅菌してぇ 未婚のハゲが女性軽視とはけったいです ロリータ 姫カット 愛せねぇ奴は全員死ね 月火水木金 不憫な役回り 自尊心を守んないと機械になっちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当にただただカスね 女はクソだのどうこう言うけど要は モテないだけだし下半身は勃起してんだ 汚ねぇ 汚ねぇ 近づくな あなたがあの日々で堪え守り抜いた 批難されて悲観された人間性や人生観 そのワインとパンは血となり肉となり 役に立たないと思え意外に立っちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当に馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿 毎回毎回本当は分かってんだけど 俺だって本当に嫌な奴さ 一曲目のイントロからここに至るまで 金取ってまで聴かす様なもんじゃねぇな うるせぇ うるせぇ 知らねぇよ それではお後がよろしくて
アンチテーゼ貴様 -改-通勤快速乗らなくなりもう結構です 機嫌はいいが溜め込むこたぁもう一杯です プライベートを切り売りする様な商売です 自宅の前で張り込む奴らを一掃してぇ 全然まだまだの身分でこれだとか 未来の事思うとマジ不安になっちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当に嫌な奴ね アンタの価値観 既視感 10歳児未満 テメェのケツもふけてねぇ奴の忠告なんざ うるせぇうるせぇ知らねぇよ 他人が決めた社会の定義に則って 「幸せです」と言わされてる様で最悪です 身分や地位や大人騙しなど一切要らん 自分のままでありたいだけだぜ当然な 一見好景気に見えるか知んねぇが 油断すると危険また砂漠になっちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当に嫌な奴ね 有名税 脱税 絶対払わんぜ それより愛する地元へ向けふるさと納税 未来のためならいくらでも アンタがあの日々で堪え守り抜いた 批難されて悲観された人間性や人生観 そのワインとパンは血となり肉となり 役に立たないと思え意外に立っちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当に馬鹿馬鹿馬鹿 毎回毎回本当思ってんだけど 俺だって本当に嫌な奴ね 言ってる事とやってる事矛盾上等じゃい 他の追随など許さん程モテてぇんだ そこらの並とは比べんな それではお後がよろしくてsyudou- 動画通勤快速乗らなくなりもう結構です 機嫌はいいが溜め込むこたぁもう一杯です プライベートを切り売りする様な商売です 自宅の前で張り込む奴らを一掃してぇ 全然まだまだの身分でこれだとか 未来の事思うとマジ不安になっちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当に嫌な奴ね アンタの価値観 既視感 10歳児未満 テメェのケツもふけてねぇ奴の忠告なんざ うるせぇうるせぇ知らねぇよ 他人が決めた社会の定義に則って 「幸せです」と言わされてる様で最悪です 身分や地位や大人騙しなど一切要らん 自分のままでありたいだけだぜ当然な 一見好景気に見えるか知んねぇが 油断すると危険また砂漠になっちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当に嫌な奴ね 有名税 脱税 絶対払わんぜ それより愛する地元へ向けふるさと納税 未来のためならいくらでも アンタがあの日々で堪え守り抜いた 批難されて悲観された人間性や人生観 そのワインとパンは血となり肉となり 役に立たないと思え意外に立っちゃう 毎回毎回本当思ってんだけど アンタって本当に馬鹿馬鹿馬鹿 毎回毎回本当思ってんだけど 俺だって本当に嫌な奴ね 言ってる事とやってる事矛盾上等じゃい 他の追随など許さん程モテてぇんだ そこらの並とは比べんな それではお後がよろしくて
いい国夢気分姉ちゃんこの世の理や 他人の暴言は根も葉もない うざったい言葉にゃ耳貸さず 日々の精進 意気揚々 その忠告こそ マジうんざりだぜ 嗚呼 急転直下の大失敗 苦い未来なんて怖い怖い 95は失敗作? 否定したってほら無駄かもね 精神相場は大暴落 不況になっちゃうよ怖い怖い 日進月歩の崩壊感 縋る希望なんて無いかもね 兄ちゃん三十路の中頃にゃ 貯金500万と嫁子供 庭付きの持ち家 自家用車 それが最低ラインだって 言葉悪いけど マジやっちまうぞ 鳴呼 平成キッズは大困窮 暗い未来ホント怖い怖い 安定老後は数千万 貯金したってほら無理かもね 確定申告 基礎年金 固定資産税も怖い怖い 身を粉にしていたら吹き飛んだ フリーダムなんざ何処へやら 急転直下の大失敗 生前葬への大行進 急転直下の大失敗 苦い未来なんて怖い怖い 95は失敗作? 否定したってほら無駄かもね 精神相場は大暴落 不況になっちゃうよ怖い怖い 日進月歩の崩壊感 縋る希望なんて無いかもね 追伸 とやかく言いますが 所詮笑っちゃったもんの勝ち ー寸先には闇されど それを言っちゃおしまいよ 未来なんざ屁のカッパsyudou-姉ちゃんこの世の理や 他人の暴言は根も葉もない うざったい言葉にゃ耳貸さず 日々の精進 意気揚々 その忠告こそ マジうんざりだぜ 嗚呼 急転直下の大失敗 苦い未来なんて怖い怖い 95は失敗作? 否定したってほら無駄かもね 精神相場は大暴落 不況になっちゃうよ怖い怖い 日進月歩の崩壊感 縋る希望なんて無いかもね 兄ちゃん三十路の中頃にゃ 貯金500万と嫁子供 庭付きの持ち家 自家用車 それが最低ラインだって 言葉悪いけど マジやっちまうぞ 鳴呼 平成キッズは大困窮 暗い未来ホント怖い怖い 安定老後は数千万 貯金したってほら無理かもね 確定申告 基礎年金 固定資産税も怖い怖い 身を粉にしていたら吹き飛んだ フリーダムなんざ何処へやら 急転直下の大失敗 生前葬への大行進 急転直下の大失敗 苦い未来なんて怖い怖い 95は失敗作? 否定したってほら無駄かもね 精神相場は大暴落 不況になっちゃうよ怖い怖い 日進月歩の崩壊感 縋る希望なんて無いかもね 追伸 とやかく言いますが 所詮笑っちゃったもんの勝ち ー寸先には闇されど それを言っちゃおしまいよ 未来なんざ屁のカッパ
いらないよアナタの残像や音が どうやっても鳴って止まんないな どうやっても鳴って止まんない 気づけばその手伸ばした どうやっても待ってらんないな どうやっても待ってらんない 日from月 溶かす青春 有給も 全てアナタの背を追うため注ぎ込んだ 荒廃した砂場から生存報告です これは最大限の愛情表現 且つ終えるメロディ つまり先生アナタの提言などもう要らないよ 身から出たサビを今掻き鳴らす あの日散々足掻いた愛憎の先へ行きたいんだ 焦がれ逃れ 憧れに手を振って アナタがくれた導べも無しに 全てそう迎え撃とうだって単純だから アナタの想像する未来に どうやっても立っていたいんだった どうやっても立っていたいんだ ただ崇めているだけじゃ どうやっても立っちゃいらんないな どうやっても立っちゃいらんない 公開告白ってか職権濫用じゃん でも今もきっと一つの嫉妬一つも消えないが この痛みのおかげの今がある それが正解なのか失敗なのか知らないが いつもチラつく頭文字はA 中指の向こう落ち合う覚悟 さえもそう抱えて行こうきっと肝心だから たまに酩酊しながら爆笑しながら生きたいんだ 一か八かの賭けに注意して 足りぬ根底の想いの尊敬の念の行き先は 狼煙辿れば着く自分の中の つまり先生アナタの提言などもう要らないよ 身から出たサビを今掻き鳴らす あの日散々足掻いた愛憎の先へ行きたいんだ 焦がれ逃れ 憧れに手を振って アナタがくれた導べも無しに 全てそう迎え撃とうだって単純だから 無謀な挑戦 脳フル回転で 理想になっていく最中だからsyudou- 動画アナタの残像や音が どうやっても鳴って止まんないな どうやっても鳴って止まんない 気づけばその手伸ばした どうやっても待ってらんないな どうやっても待ってらんない 日from月 溶かす青春 有給も 全てアナタの背を追うため注ぎ込んだ 荒廃した砂場から生存報告です これは最大限の愛情表現 且つ終えるメロディ つまり先生アナタの提言などもう要らないよ 身から出たサビを今掻き鳴らす あの日散々足掻いた愛憎の先へ行きたいんだ 焦がれ逃れ 憧れに手を振って アナタがくれた導べも無しに 全てそう迎え撃とうだって単純だから アナタの想像する未来に どうやっても立っていたいんだった どうやっても立っていたいんだ ただ崇めているだけじゃ どうやっても立っちゃいらんないな どうやっても立っちゃいらんない 公開告白ってか職権濫用じゃん でも今もきっと一つの嫉妬一つも消えないが この痛みのおかげの今がある それが正解なのか失敗なのか知らないが いつもチラつく頭文字はA 中指の向こう落ち合う覚悟 さえもそう抱えて行こうきっと肝心だから たまに酩酊しながら爆笑しながら生きたいんだ 一か八かの賭けに注意して 足りぬ根底の想いの尊敬の念の行き先は 狼煙辿れば着く自分の中の つまり先生アナタの提言などもう要らないよ 身から出たサビを今掻き鳴らす あの日散々足掻いた愛憎の先へ行きたいんだ 焦がれ逃れ 憧れに手を振って アナタがくれた導べも無しに 全てそう迎え撃とうだって単純だから 無謀な挑戦 脳フル回転で 理想になっていく最中だから
インザバックルームちょっと待ってやっぱよくないって 明日も続く地獄だね 出口が無い 一切見つからないんだけど アナタなんか知ってる? 思えば出会いは単純だった キツめの酒を喰らった様に 頭がぐらぐらぐらした そして目が合った 一瞬の新興と引き換えに 一生と心臓を渡すのさ 永遠続く不安と悪夢 目覚めた時には毒虫になっていた ジャンクで汚れたこの声で うるせぇ外野を黙らせる アンタがとやかく言わずとも こちら側が殴り込んでやる 邪悪な輩と蔑んだ 奴らの思考の外に出る 愛だかなんだか知らねぇが 望み通り深く堕ちてやるんだ 辿り着いたぜアンタの背だけを追って この呪縛と束縛逃れてやるから 知ったこっちゃないって言われる様な 価値も意味も無いプライドの理由は何一体 気づいていない様で実は全部知ってる 求愛だ崇拝だふざけんな 無い方が楽勝に生きれるさ 散々流してきた涙 救いもせずただ音楽は鳴っていた だけどさっさと切るべきプライドを 一つも捨てずに成し遂げる 愛した苦汁と辛酸だ 一粒も残さず飲んでやる 一種の若気の至りだと 舐めてた奴らに恥かかす こっちは生まれたその日から 言葉と刃なら研いである 思えば出会いは単純だった 恥に恥を塗る生涯だった それでも俺は一つ勝ち取った 眠れぬ夜や消えぬ後悔が 何度も何度も何度も何度も 何度もあったがここで歌っている ジャンクで汚れたこの声で うるせぇ外野を黙らせる アンタがとやかく言わずとも こちら側が殴り込んでやる 邪悪な輩と蔑んだ 奴らの思考の外に出る 愛だかなんだか知らねぇが 望み通り深く堕ちてやるんだ 辿り着いたぜアンタの背だけを追って この呪縛と束縛逃れてやるから ちょっと待ってやっぱまたループ like the backroom 憧れに出口は無い 実際まだ出れないんだけど アナタなんか知ってる?syudouチェンソーマン 動画ちょっと待ってやっぱよくないって 明日も続く地獄だね 出口が無い 一切見つからないんだけど アナタなんか知ってる? 思えば出会いは単純だった キツめの酒を喰らった様に 頭がぐらぐらぐらした そして目が合った 一瞬の新興と引き換えに 一生と心臓を渡すのさ 永遠続く不安と悪夢 目覚めた時には毒虫になっていた ジャンクで汚れたこの声で うるせぇ外野を黙らせる アンタがとやかく言わずとも こちら側が殴り込んでやる 邪悪な輩と蔑んだ 奴らの思考の外に出る 愛だかなんだか知らねぇが 望み通り深く堕ちてやるんだ 辿り着いたぜアンタの背だけを追って この呪縛と束縛逃れてやるから 知ったこっちゃないって言われる様な 価値も意味も無いプライドの理由は何一体 気づいていない様で実は全部知ってる 求愛だ崇拝だふざけんな 無い方が楽勝に生きれるさ 散々流してきた涙 救いもせずただ音楽は鳴っていた だけどさっさと切るべきプライドを 一つも捨てずに成し遂げる 愛した苦汁と辛酸だ 一粒も残さず飲んでやる 一種の若気の至りだと 舐めてた奴らに恥かかす こっちは生まれたその日から 言葉と刃なら研いである 思えば出会いは単純だった 恥に恥を塗る生涯だった それでも俺は一つ勝ち取った 眠れぬ夜や消えぬ後悔が 何度も何度も何度も何度も 何度もあったがここで歌っている ジャンクで汚れたこの声で うるせぇ外野を黙らせる アンタがとやかく言わずとも こちら側が殴り込んでやる 邪悪な輩と蔑んだ 奴らの思考の外に出る 愛だかなんだか知らねぇが 望み通り深く堕ちてやるんだ 辿り着いたぜアンタの背だけを追って この呪縛と束縛逃れてやるから ちょっと待ってやっぱまたループ like the backroom 憧れに出口は無い 実際まだ出れないんだけど アナタなんか知ってる?
カレシのジュード結局は積み重なりゃ簡単に その心も眼中御中がバレるバレる 知ったこっちゃ決め込めども全然で ただ動かぬ物的証拠の前無意味 一生子供のガイダンス 困ってしまうのも仕方がない 失笑大人は相反する もうニヤけたフリして心は揺れていた 誰かの言葉じゃ満たされない アナタを待ってる僕がいるんだ 2人は永遠には繋がれない 「守っていたいとかなめないで」 痛みだけが青く澄んで すったもんだそりゃ生きてりゃ全然ある その都度接待 アイウォンチューなだめるランデブー 結果今日もジェラピケ着てエンジョイ中 その全部が全部崩れる前の日々 あの日あの時あの場所の帰り道には そうあんなモンが買えるショップは1つだってない 知んない顔してガンガン吸う まぁ余裕をカマせど膝は震えていた 生身の言葉じゃ生かされない 穴ただどんどん増えていくんだ 「自分の普通で生きてみる」 誓った日とっとと開けたんだ 舌に刺した15ゲージ 誰かの言葉じゃ満たされない アナタを待ってる僕がいるんだ 2人は永遠には繋がれない 「守っていたいとかなめないで」 でもでもアナタも独りじゃ生きられない 分かって黙ってる僕はイルだ 「2日も過ぎたら落ち着くさ」 放ってくるって振り返った 背中がふと熱くなった 詰んだsyudou- 動画結局は積み重なりゃ簡単に その心も眼中御中がバレるバレる 知ったこっちゃ決め込めども全然で ただ動かぬ物的証拠の前無意味 一生子供のガイダンス 困ってしまうのも仕方がない 失笑大人は相反する もうニヤけたフリして心は揺れていた 誰かの言葉じゃ満たされない アナタを待ってる僕がいるんだ 2人は永遠には繋がれない 「守っていたいとかなめないで」 痛みだけが青く澄んで すったもんだそりゃ生きてりゃ全然ある その都度接待 アイウォンチューなだめるランデブー 結果今日もジェラピケ着てエンジョイ中 その全部が全部崩れる前の日々 あの日あの時あの場所の帰り道には そうあんなモンが買えるショップは1つだってない 知んない顔してガンガン吸う まぁ余裕をカマせど膝は震えていた 生身の言葉じゃ生かされない 穴ただどんどん増えていくんだ 「自分の普通で生きてみる」 誓った日とっとと開けたんだ 舌に刺した15ゲージ 誰かの言葉じゃ満たされない アナタを待ってる僕がいるんだ 2人は永遠には繋がれない 「守っていたいとかなめないで」 でもでもアナタも独りじゃ生きられない 分かって黙ってる僕はイルだ 「2日も過ぎたら落ち着くさ」 放ってくるって振り返った 背中がふと熱くなった 詰んだ
キモいまた大人になったり子供になったり アナタほんと大面倒 say 「やっぱ嫌」 そんで優しくなったり逆に怒ったり さしずめ素っ頓狂 けど誰も嫌われず愛されたいのは アタシもそうだった 前口上 もう結構 チョコミントのアイスを頂戴 凡庸な自分が嫌になるわ 正論を言ったって仕方ないから アナタの半分アタシで染まりきるくらい 壊してあげる 殴ってあげる 奪ってあげる 縛ってあげる 恋する黒さと愛の白さ 癒してあげる 守ってあげる 満たしてあげる 全部あげる 不確かな想いこそ絶対 極寒されど春爛漫 ピーカン晴れの雨ザーザー あらお次は激しく喚き散らしたと 思えば大号泣 say 「だってさぁ」 また膨れ上がってた思想を練っては 挙句の自家撞着 けど自分の言葉に呪われてるのは アナタだってそうだった 純愛と性衝動 ちゃんぽんして今夜も晩餐 凡人の分際でよくやるわ 教育も道徳もくだらないから 粉骨砕身した後飲ませてあげたい 騙してあげる 既してあげる 腐してあげる 呪ってあげる 教えてあげるの愛のいろは 分かってあげる 笑ってあげる かまってあげる 全部あげる 死ぬため生きるのが正解 純感されど意志明瞭 躁鬱気味の意気消沈 愛してあげる 愛してあげる 愛してあげる 愛してあげる 疑う事無き愛のキモさ 壊してあげる 殴ってあげる 奪ってあげる 縛ってあげる 恋する黒さと愛の白さ 癒してあげる 守ってあげる 満たしてあげる 全部あげる 不確かな想いこそ絶対 極寒されど春爛漫 ピーカン晴れの雨ザーザー 涙腺切れて 意気揚々 あゝ人よ 愛燦燦syudou-また大人になったり子供になったり アナタほんと大面倒 say 「やっぱ嫌」 そんで優しくなったり逆に怒ったり さしずめ素っ頓狂 けど誰も嫌われず愛されたいのは アタシもそうだった 前口上 もう結構 チョコミントのアイスを頂戴 凡庸な自分が嫌になるわ 正論を言ったって仕方ないから アナタの半分アタシで染まりきるくらい 壊してあげる 殴ってあげる 奪ってあげる 縛ってあげる 恋する黒さと愛の白さ 癒してあげる 守ってあげる 満たしてあげる 全部あげる 不確かな想いこそ絶対 極寒されど春爛漫 ピーカン晴れの雨ザーザー あらお次は激しく喚き散らしたと 思えば大号泣 say 「だってさぁ」 また膨れ上がってた思想を練っては 挙句の自家撞着 けど自分の言葉に呪われてるのは アナタだってそうだった 純愛と性衝動 ちゃんぽんして今夜も晩餐 凡人の分際でよくやるわ 教育も道徳もくだらないから 粉骨砕身した後飲ませてあげたい 騙してあげる 既してあげる 腐してあげる 呪ってあげる 教えてあげるの愛のいろは 分かってあげる 笑ってあげる かまってあげる 全部あげる 死ぬため生きるのが正解 純感されど意志明瞭 躁鬱気味の意気消沈 愛してあげる 愛してあげる 愛してあげる 愛してあげる 疑う事無き愛のキモさ 壊してあげる 殴ってあげる 奪ってあげる 縛ってあげる 恋する黒さと愛の白さ 癒してあげる 守ってあげる 満たしてあげる 全部あげる 不確かな想いこそ絶対 極寒されど春爛漫 ピーカン晴れの雨ザーザー 涙腺切れて 意気揚々 あゝ人よ 愛燦燦
キャラバン高望みはいけませんと     言われてきたこの頃 据え膳すら手をつけちゃ駄目なのだ 海老は蝦蛄じゃありませんし   君は僕じゃありません エゴとエゴの齟齬で今日も宙に浮く ホント水掛け論ね イヤになってしまう ホント言うだけ損ね その青と藍にiの愛が含まれる事 君が言った愛は全部嘘だけど 君が言った恋は全部クソだけど その嘘の中にも一つくらいは何かあるでしょ 倫理 真理 人知超えて会いに行け 君の幸の為であれば 全て差し出してあげましょう 博愛主義者を気取っているけど ちょっと待って 実際は人生の門出だって 「裏切り」とか呼ぶじゃない それとこれの自己矛盾はどうすんの? 「うっさい、このバカがっ!」 好きの隙を知って散った馬鹿な人 恋に恋し切ってしまった真赤な糸   どれだけ愛しても 受け入れ合う時少しは痛いでしょ 愛が性より先にあるのは辞書でだけ 嗚呼今まで信じて止まなかったんだ アナタが笑えばそれでいいんだと きっとでもねきっと多分 分からないけど分からないけど 君が言った愛が全部嘘ならば 僕が言った愛も全部嘘だから これからは歌うよ 笑顔失くした道化みたいにさ 君のためなどではない 僕による僕のため 君は君が君であると声からして 僕は僕が僕であると叫ぶのさ さよならはくだらない 期待しないでいたって出会うでしょ だから「またな」宝ならば焼き棄てたsyudou- 動画高望みはいけませんと     言われてきたこの頃 据え膳すら手をつけちゃ駄目なのだ 海老は蝦蛄じゃありませんし   君は僕じゃありません エゴとエゴの齟齬で今日も宙に浮く ホント水掛け論ね イヤになってしまう ホント言うだけ損ね その青と藍にiの愛が含まれる事 君が言った愛は全部嘘だけど 君が言った恋は全部クソだけど その嘘の中にも一つくらいは何かあるでしょ 倫理 真理 人知超えて会いに行け 君の幸の為であれば 全て差し出してあげましょう 博愛主義者を気取っているけど ちょっと待って 実際は人生の門出だって 「裏切り」とか呼ぶじゃない それとこれの自己矛盾はどうすんの? 「うっさい、このバカがっ!」 好きの隙を知って散った馬鹿な人 恋に恋し切ってしまった真赤な糸   どれだけ愛しても 受け入れ合う時少しは痛いでしょ 愛が性より先にあるのは辞書でだけ 嗚呼今まで信じて止まなかったんだ アナタが笑えばそれでいいんだと きっとでもねきっと多分 分からないけど分からないけど 君が言った愛が全部嘘ならば 僕が言った愛も全部嘘だから これからは歌うよ 笑顔失くした道化みたいにさ 君のためなどではない 僕による僕のため 君は君が君であると声からして 僕は僕が僕であると叫ぶのさ さよならはくだらない 期待しないでいたって出会うでしょ だから「またな」宝ならば焼き棄てた
ギャンブル勘違いの言葉を ただただ叫んでここに来ました 怒鳴って成ったこの歌も アナタなら信じてくれますか? 「やっぱいいや」の続きを アナタと見たいと思いました 未来に貰ったこの道を 心から信じていいんですか? 心無い 名も無い 美徳も知も無い奴が やいやいまた言ったって 悪いけど全部が飯の種だから 一層儲かるんだ でも淡々と至極真っ当な 道を闊歩してたって完璧はない 何度避けたって止んだりしない 批難 批判の五月雨 そうですか じゃあもういいから全員黙れ 真夜中以外でも快晴 俺は夜なんて駆けない 未来に賭ける 傷付いた想いさえ燃料なんだ 才能や喉を枯らさずにくたばる 冗談じゃないだろ そうアタシは半人前 ブサイク ただ凡人 転生さえ願った業人 未来 未来に手を振り連打 もう2番だし大丈夫 少しだけ本音で話そうか 社会や学校で培った 常識は大概嘘だった 「学の無い 金無い 信用すら無い奴に なっちゃったらどうすんの?」 そんな事言って明日もし急に 死んじまったっていいかって話 どうですか? じゃあもういいから全額賭けろ 目一杯勝負を張って 予防線なんて張らない 未来は晴れる この人生こそが何よりもギャンブル 掛け替えない一生なんだ 賭けないと勿体ないだろ 嗚呼今でも半信半疑 カス 根暗 低能 インターネット rep同人 邪推も愛もまとめて連投 でも本心じゃ今も迷走中 だけど不安なら無限 時間は有限 しょうもない奴を構っているような 時間はねぇぜバカタレ そうですか じゃあもういいから全員黙れ 真夜中以外でも快晴 俺は夜なんて駆けない 未来に賭ける 傷付いた想いさえ燃料なんだ 才能や喉を枯らさずにくたばる 冗談じゃないだろ そうアタシは半人前 ブサイク ただ凡人 転生さえ願った業人 未来 未来に手を振り連打 勘違いの言葉を まだまだ叫んでくつもりですが 笑っちまう様なサマも アナタなら愛してくれますか?syudou月が導く異世界道中 動画勘違いの言葉を ただただ叫んでここに来ました 怒鳴って成ったこの歌も アナタなら信じてくれますか? 「やっぱいいや」の続きを アナタと見たいと思いました 未来に貰ったこの道を 心から信じていいんですか? 心無い 名も無い 美徳も知も無い奴が やいやいまた言ったって 悪いけど全部が飯の種だから 一層儲かるんだ でも淡々と至極真っ当な 道を闊歩してたって完璧はない 何度避けたって止んだりしない 批難 批判の五月雨 そうですか じゃあもういいから全員黙れ 真夜中以外でも快晴 俺は夜なんて駆けない 未来に賭ける 傷付いた想いさえ燃料なんだ 才能や喉を枯らさずにくたばる 冗談じゃないだろ そうアタシは半人前 ブサイク ただ凡人 転生さえ願った業人 未来 未来に手を振り連打 もう2番だし大丈夫 少しだけ本音で話そうか 社会や学校で培った 常識は大概嘘だった 「学の無い 金無い 信用すら無い奴に なっちゃったらどうすんの?」 そんな事言って明日もし急に 死んじまったっていいかって話 どうですか? じゃあもういいから全額賭けろ 目一杯勝負を張って 予防線なんて張らない 未来は晴れる この人生こそが何よりもギャンブル 掛け替えない一生なんだ 賭けないと勿体ないだろ 嗚呼今でも半信半疑 カス 根暗 低能 インターネット rep同人 邪推も愛もまとめて連投 でも本心じゃ今も迷走中 だけど不安なら無限 時間は有限 しょうもない奴を構っているような 時間はねぇぜバカタレ そうですか じゃあもういいから全員黙れ 真夜中以外でも快晴 俺は夜なんて駆けない 未来に賭ける 傷付いた想いさえ燃料なんだ 才能や喉を枯らさずにくたばる 冗談じゃないだろ そうアタシは半人前 ブサイク ただ凡人 転生さえ願った業人 未来 未来に手を振り連打 勘違いの言葉を まだまだ叫んでくつもりですが 笑っちまう様なサマも アナタなら愛してくれますか?
キュートなカノジョねぇアナタには見えない事ばかり アタシは見えている事を知らないの? 背中につけられた誰かのキスの跡 一人じゃ買う訳の無いそれも 見て見ぬフリなだけ 笑っちまう程にキュートなカノジョ 常時奔放 狂気 短気 怒鳴ってたって目が合って一撃 洗脳完了 女上手 愛していんのさ 強く愛していんのさ ねぇ精神から全身まで 表面から内面まで 脳天から先端まで 知りたいの それから 最近聞いた音楽から 散財した総額まで 完全把握しないと気が済まないの とやかく言ったって実際の問題は その眼中アタシ何割くらい担ってるか 嗚呼隠してないで確信を頂戴 されど黙して語らず 困っちまう程にキュートなカノジョ 容姿端麗 耽美 甘美 身勝手だって泣くシックな素振り 瞬時酩酊 女冥利 愛しちまうのさ されど愛しちまうのさ 過去を喰らう程にポップなエレジー 排気口から香るラーメン 騙し奪われる恋でもいいの だってこの声は 笑っちまう程にキュートなカノジョ 常時奔放 狂気 短気 怒鳴ってたって目が合って一撃 洗脳完了 女上手 困っちまう程にキュートなカノジョ 容姿端麗 耽美 甘美 身勝手だって泣くシックな素振り 瞬時酩酊 女冥利 愛していんのさ 強く愛していんのさsyudou- 動画ねぇアナタには見えない事ばかり アタシは見えている事を知らないの? 背中につけられた誰かのキスの跡 一人じゃ買う訳の無いそれも 見て見ぬフリなだけ 笑っちまう程にキュートなカノジョ 常時奔放 狂気 短気 怒鳴ってたって目が合って一撃 洗脳完了 女上手 愛していんのさ 強く愛していんのさ ねぇ精神から全身まで 表面から内面まで 脳天から先端まで 知りたいの それから 最近聞いた音楽から 散財した総額まで 完全把握しないと気が済まないの とやかく言ったって実際の問題は その眼中アタシ何割くらい担ってるか 嗚呼隠してないで確信を頂戴 されど黙して語らず 困っちまう程にキュートなカノジョ 容姿端麗 耽美 甘美 身勝手だって泣くシックな素振り 瞬時酩酊 女冥利 愛しちまうのさ されど愛しちまうのさ 過去を喰らう程にポップなエレジー 排気口から香るラーメン 騙し奪われる恋でもいいの だってこの声は 笑っちまう程にキュートなカノジョ 常時奔放 狂気 短気 怒鳴ってたって目が合って一撃 洗脳完了 女上手 困っちまう程にキュートなカノジョ 容姿端麗 耽美 甘美 身勝手だって泣くシックな素振り 瞬時酩酊 女冥利 愛していんのさ 強く愛していんのさ
ギンギラギンホントつまらねぇと言ってやるよこの場で 当たり障りなくしてハズレさえも欠いた賭博など そうずっと変わらないでずっと変わり続ける 懲りずに媚びずカマす それがやっぱカッコいいだろ 無礼非常識な言葉でステージ上で沸かすだけ 頭の中にこびり付いて取れねぇ景色見せるだけ 獣並みの毛並みも並じゃないけど 何者より高く波に乗る 舐めないで欲しいぜ ネットはさながら風呂場の延長 データの洪水且つ日々炎上 石川みたいに身を入り洗浄 一生戦場それがなんだよ このまま行こう どんな甘いも酸いも全部かっ食らって見せるぜ このまま行こう どんな不安や不満に不意に面食らっても 錆びた鎖じゃ意味はなさず 首元光らせギンギラギンにありのまま行く そう俺は見せるだけだ 富と名声を得る過程 出禁食らう程に下品に円を貯めるエンタメ 目に物見せるためmoneyをmore 誰かさんが何をどうと口挟んでも 幕を上げろ明日よ晴れろ 我が身を投じる場所なら絶対 今この場所この舞台で決定 五右衛門みたいにかなかな絶景 向かい風吹いたって 逆に乗りこなしてやるぜ俺にとっちゃこれが常で 言葉が出せぬくらい暗い時代なんて言うけど だけど見してやる ぶちカマしてやる 俺は小せぇし品性も姿勢も知んねぇが チンケな規制や時勢に背きバカでけぇ事やろうぜ このまま行こう どんな甘いも酸いも全部かっ食らって見せるぜ このまま行こう どんな不安や不満に不意に面食らっても このまま行こう どうせならばやれる事は全部やって逝こうぜ このまま行こう いつの日にかなんもかんも失っちまっても 野暮な戯れ言にゃ気も留めず 俺はこの人生をギンギラギンに輝かせてくだけだな ギンギラギンにありのまま行くsyudou- 動画ホントつまらねぇと言ってやるよこの場で 当たり障りなくしてハズレさえも欠いた賭博など そうずっと変わらないでずっと変わり続ける 懲りずに媚びずカマす それがやっぱカッコいいだろ 無礼非常識な言葉でステージ上で沸かすだけ 頭の中にこびり付いて取れねぇ景色見せるだけ 獣並みの毛並みも並じゃないけど 何者より高く波に乗る 舐めないで欲しいぜ ネットはさながら風呂場の延長 データの洪水且つ日々炎上 石川みたいに身を入り洗浄 一生戦場それがなんだよ このまま行こう どんな甘いも酸いも全部かっ食らって見せるぜ このまま行こう どんな不安や不満に不意に面食らっても 錆びた鎖じゃ意味はなさず 首元光らせギンギラギンにありのまま行く そう俺は見せるだけだ 富と名声を得る過程 出禁食らう程に下品に円を貯めるエンタメ 目に物見せるためmoneyをmore 誰かさんが何をどうと口挟んでも 幕を上げろ明日よ晴れろ 我が身を投じる場所なら絶対 今この場所この舞台で決定 五右衛門みたいにかなかな絶景 向かい風吹いたって 逆に乗りこなしてやるぜ俺にとっちゃこれが常で 言葉が出せぬくらい暗い時代なんて言うけど だけど見してやる ぶちカマしてやる 俺は小せぇし品性も姿勢も知んねぇが チンケな規制や時勢に背きバカでけぇ事やろうぜ このまま行こう どんな甘いも酸いも全部かっ食らって見せるぜ このまま行こう どんな不安や不満に不意に面食らっても このまま行こう どうせならばやれる事は全部やって逝こうぜ このまま行こう いつの日にかなんもかんも失っちまっても 野暮な戯れ言にゃ気も留めず 俺はこの人生をギンギラギンに輝かせてくだけだな ギンギラギンにありのまま行く
クロックワークスsyudou×まふまふ誰からも求められず 何者にも成りきれない無力さに 泣いていた日々を抜け出しても 誰かの言いなりとなり ありのまま生きられない悲しみに 泣く間もない日々がただそこにあった 死にたくないけれど生きていたくもない なんてそんな矛盾ばっかで満ちた 願いそのものが自分自身 失くせないモノ以外全て 失くした程に歩いて来たんだ ねぇ段々と描いた未来と今は変わっていく 淡々と繋いで歌にする全て 君のためだけに 最低な気分も一つ一つちゃんと縫い合わせて 散々な痛みも歌にする全て 想いを全て こんなもんじゃないんだ絶対 そうだアタシはいつかきっとそう願った 嗚呼しまったこんなもんか何もないや きっと今日がいつか 溢れる声と想いは誰のために 届く宛も知らぬままに ただひたすら記すために 今日を歌ってるんだ ねぇ段々と思い出は遠く向こう色褪せていく のうのうと羽休める暇も無くて 息も絶え絶えに 大抵の妬みや嫉みに耐え歯を食い縛って 最近じゃ諦める事にも慣れて アナタの孤独が(アナタの孤独が) 誰かを照らして(誰かを照らして) 進む道を(進む道を)示す様に(様に)光りゃいいな もがき行く道中(もがき行く道中) 血が流れ出しても 時間みたいに止まりゃしないんだ ねぇ段々と描いた未来と今は変わっていく 淡々と繋いで歌にする全て 君のためだけに 最低な気分も一つ一つちゃんと縫い合わせて 散々な痛みも歌にする全て 想いを全て ラララララsyudou×まふまふBLUE REFLECTION SUN/燦 動画誰からも求められず 何者にも成りきれない無力さに 泣いていた日々を抜け出しても 誰かの言いなりとなり ありのまま生きられない悲しみに 泣く間もない日々がただそこにあった 死にたくないけれど生きていたくもない なんてそんな矛盾ばっかで満ちた 願いそのものが自分自身 失くせないモノ以外全て 失くした程に歩いて来たんだ ねぇ段々と描いた未来と今は変わっていく 淡々と繋いで歌にする全て 君のためだけに 最低な気分も一つ一つちゃんと縫い合わせて 散々な痛みも歌にする全て 想いを全て こんなもんじゃないんだ絶対 そうだアタシはいつかきっとそう願った 嗚呼しまったこんなもんか何もないや きっと今日がいつか 溢れる声と想いは誰のために 届く宛も知らぬままに ただひたすら記すために 今日を歌ってるんだ ねぇ段々と思い出は遠く向こう色褪せていく のうのうと羽休める暇も無くて 息も絶え絶えに 大抵の妬みや嫉みに耐え歯を食い縛って 最近じゃ諦める事にも慣れて アナタの孤独が(アナタの孤独が) 誰かを照らして(誰かを照らして) 進む道を(進む道を)示す様に(様に)光りゃいいな もがき行く道中(もがき行く道中) 血が流れ出しても 時間みたいに止まりゃしないんだ ねぇ段々と描いた未来と今は変わっていく 淡々と繋いで歌にする全て 君のためだけに 最低な気分も一つ一つちゃんと縫い合わせて 散々な痛みも歌にする全て 想いを全て ラララララ
コールガールああどうも何回やっても飛び込みたくなる三番線 失敗以上に精神異常が気に触れて気に触れて まぁどうせいつもの錠剤飲んで横になりゃモウマンタイ 結局いつもの事と言やまぁそうなんだけどもさ 日に日に増していき手詰まった想いの吐け口を求めていた 昨夜の酔いがまた手伝って伝う受話器の向こう あなたにはアタシのね全てを知っておいて欲しいんだ 虚言症 潔癖性 心配性 全部 まだ知らない事がもしあるならいつだってどうぞ 一から教えるよいつだって 嗚呼 ああ今日も着信履歴を読んで鬱になる二時三分 実損事情は絶対見ないの目を伏せて目を伏せて やぁどうも笑っちまうほど本能全開 絶好調 結局いつもの事なんてのは発しやすいけどさ 寂しい夜は酒でも呑んで邪な期待でパブクロール 浮世は誰もがひとりぼっち されど孤独の偽装 アタシにはあなたを愛す優れた才能があるの 純情 愛情 過剰に異常 今は未だ意味不明 難色示すあなたも 分かるようになるわいつの日か あなたの声が聞きたくなったから血の酒 火の酒 苦い酒 誰でもいいの何でもいいの 伝う涙の色 ハナからねアタシのね言葉に意味なんて無いんだ 不眠症 不感症 精神異常の結果 泥濘と酩酊の合間で汚れた愛を 交え続けるのさいつまでも 嗚呼syudou- 動画ああどうも何回やっても飛び込みたくなる三番線 失敗以上に精神異常が気に触れて気に触れて まぁどうせいつもの錠剤飲んで横になりゃモウマンタイ 結局いつもの事と言やまぁそうなんだけどもさ 日に日に増していき手詰まった想いの吐け口を求めていた 昨夜の酔いがまた手伝って伝う受話器の向こう あなたにはアタシのね全てを知っておいて欲しいんだ 虚言症 潔癖性 心配性 全部 まだ知らない事がもしあるならいつだってどうぞ 一から教えるよいつだって 嗚呼 ああ今日も着信履歴を読んで鬱になる二時三分 実損事情は絶対見ないの目を伏せて目を伏せて やぁどうも笑っちまうほど本能全開 絶好調 結局いつもの事なんてのは発しやすいけどさ 寂しい夜は酒でも呑んで邪な期待でパブクロール 浮世は誰もがひとりぼっち されど孤独の偽装 アタシにはあなたを愛す優れた才能があるの 純情 愛情 過剰に異常 今は未だ意味不明 難色示すあなたも 分かるようになるわいつの日か あなたの声が聞きたくなったから血の酒 火の酒 苦い酒 誰でもいいの何でもいいの 伝う涙の色 ハナからねアタシのね言葉に意味なんて無いんだ 不眠症 不感症 精神異常の結果 泥濘と酩酊の合間で汚れた愛を 交え続けるのさいつまでも 嗚呼
コールボーイ繁華街地下場末のバーは ボンクラ酔いどれ自称非凡人 使い捨てしたいクズと されたい輩にて大繁盛 混ぜ物多めの安価なバーボン 半端なアンタが良く似合う 酔ったら同じ事 なんてのがお決まりなんだけど 人は孤独を殺すため 虚しいをもどすため酒を飲むんだ 金も時間も肝臓も なぁ何でもやるからさ 二人でいよう? 良いとか悪いとか言うそれ以前に 俺には一切記憶がねぇんだよ 明日もまた猛弁解 飲んだら明日に響くと言うけど 飲まなきゃその明日すらもねぇんだよ 嫌になるぜもう一杯 don’t stop 構わずにもう一杯 明日の行方も今夜の便も 全部無くして尚大繁盛 プライドと理性捨てりゃ 愛を偽るのは簡単だ 「しー」人差し指で黙らして 以下省略午前2時 結局いつもの事 と言やまぁお終いなんだけど 人は誰もが偽善者さ 優しい嘘を餌に狩りをするんだ 血酒 火の酒 苦い酒 ねぇ優しくするからさ 一人は嫌だ 愛だの恋だのやんやと騒ぐが 酔ったら結局誰でもいいんだよ 荒ぶりて暴言タイム その「誰でも」すら俺は選ばれず 泣くのもダセェし酒を浴びんだよ 嫌になるぜもう一杯 can’t stop 意味も無くもう一杯 馬鹿と煙が梯子酒 登る様はさながら蜘蛛の糸 何処もかしこもクソだらけ ってオイ 一番クソなのは オマエだ馬鹿 良いとか悪いとか言うそれ以前に 俺には一切記憶がねぇんだよ 嫌になるぜもう限界 飲んでもないのに難なく生きてる アンタの方こそ飲まれてるんだよ 嫌になるぜもう一杯 won’t stop 死ぬ前にもう一杯syudou- 動画繁華街地下場末のバーは ボンクラ酔いどれ自称非凡人 使い捨てしたいクズと されたい輩にて大繁盛 混ぜ物多めの安価なバーボン 半端なアンタが良く似合う 酔ったら同じ事 なんてのがお決まりなんだけど 人は孤独を殺すため 虚しいをもどすため酒を飲むんだ 金も時間も肝臓も なぁ何でもやるからさ 二人でいよう? 良いとか悪いとか言うそれ以前に 俺には一切記憶がねぇんだよ 明日もまた猛弁解 飲んだら明日に響くと言うけど 飲まなきゃその明日すらもねぇんだよ 嫌になるぜもう一杯 don’t stop 構わずにもう一杯 明日の行方も今夜の便も 全部無くして尚大繁盛 プライドと理性捨てりゃ 愛を偽るのは簡単だ 「しー」人差し指で黙らして 以下省略午前2時 結局いつもの事 と言やまぁお終いなんだけど 人は誰もが偽善者さ 優しい嘘を餌に狩りをするんだ 血酒 火の酒 苦い酒 ねぇ優しくするからさ 一人は嫌だ 愛だの恋だのやんやと騒ぐが 酔ったら結局誰でもいいんだよ 荒ぶりて暴言タイム その「誰でも」すら俺は選ばれず 泣くのもダセェし酒を浴びんだよ 嫌になるぜもう一杯 can’t stop 意味も無くもう一杯 馬鹿と煙が梯子酒 登る様はさながら蜘蛛の糸 何処もかしこもクソだらけ ってオイ 一番クソなのは オマエだ馬鹿 良いとか悪いとか言うそれ以前に 俺には一切記憶がねぇんだよ 嫌になるぜもう限界 飲んでもないのに難なく生きてる アンタの方こそ飲まれてるんだよ 嫌になるぜもう一杯 won’t stop 死ぬ前にもう一杯
ジャックポットサッドガール標準偏差以内の人生 表情殺して腐った品性 ほらほら気づけばまた ただただ過ぎ行く日々 表現欲も非凡な才も 漫然と生きてちゃなんもなんないの ヤダ ヤダ アタシはヤダ 嘆けど変わらぬまま 受け入れ難い心情をねじ込むのが愛なんだ アタシはジャックポットサッドガール 分かり合えぬまま 点と線でエンドロール描く日々の中 誰にも言えないまんま抱えた想いこそ価値があるんだ 探していた答えだって 未来みたいに手の中に 正論ばっかじゃちょーつまんない 人生は一種のジョークなんだ ハローハロー気の向くまま その音鳴らせばほら 精神相場はちょー不安定 安定な策とかホント退屈さ 見て見てアタシの中 心の奥底にある 黒く澱んだ水槽に映るのは微笑だった ジャックポットサッドガール 分かり合えずとも 心の臓のビートを強く響かせて 胸張り正々堂々正面突破で間違えるんだ 隠し持った似合わないナイフ 異端ゆえの最先端 ひーふーみーよー いーむーなーやー ねぇ先生 ここ無法地帯 あなた曰く既に廃れ枯れたアネクメーネ 草木生えず人類の住めなくなった チープでキッチュな小惑星 ねぇ先生あなたバカじゃないの 未だ滾る感情を知らないの 凝り固まってんならお勉強 ここで無垢で無知で無為な賛美を見せつけるわ それでもジャックポットサッドガール 分かり合えるかな どんな不安も怠惰もみな抱えたまま 誰にも言えないまんま 自分のまんまで勝ち上がるんだ 探していた答えだって 未来みたいに手の中にあったsyudou- 動画標準偏差以内の人生 表情殺して腐った品性 ほらほら気づけばまた ただただ過ぎ行く日々 表現欲も非凡な才も 漫然と生きてちゃなんもなんないの ヤダ ヤダ アタシはヤダ 嘆けど変わらぬまま 受け入れ難い心情をねじ込むのが愛なんだ アタシはジャックポットサッドガール 分かり合えぬまま 点と線でエンドロール描く日々の中 誰にも言えないまんま抱えた想いこそ価値があるんだ 探していた答えだって 未来みたいに手の中に 正論ばっかじゃちょーつまんない 人生は一種のジョークなんだ ハローハロー気の向くまま その音鳴らせばほら 精神相場はちょー不安定 安定な策とかホント退屈さ 見て見てアタシの中 心の奥底にある 黒く澱んだ水槽に映るのは微笑だった ジャックポットサッドガール 分かり合えずとも 心の臓のビートを強く響かせて 胸張り正々堂々正面突破で間違えるんだ 隠し持った似合わないナイフ 異端ゆえの最先端 ひーふーみーよー いーむーなーやー ねぇ先生 ここ無法地帯 あなた曰く既に廃れ枯れたアネクメーネ 草木生えず人類の住めなくなった チープでキッチュな小惑星 ねぇ先生あなたバカじゃないの 未だ滾る感情を知らないの 凝り固まってんならお勉強 ここで無垢で無知で無為な賛美を見せつけるわ それでもジャックポットサッドガール 分かり合えるかな どんな不安も怠惰もみな抱えたまま 誰にも言えないまんま 自分のまんまで勝ち上がるんだ 探していた答えだって 未来みたいに手の中にあった
たりねぇ上に上に上に上がるだけ あっと言うまに鬼も笑う時期 そして流れるゆく年くる年 何だかんだで今年は良かったなぁ でもでも ちょっと待ってそれアタシのじゃないし ハッキリ言って安堵の影無し 全く腹も預金も満ちていない 数年前の稼ぎすらザッと 越えちゃうくらいの税金払って 実際全く幸せだ とかなんとかかんとかどうとか言ったって まだまだ足りないアタシは足りない 舐めた心で犯行声明 傷付き空いた胸の隙間が まだ埋まんないだけだよ 正しい言葉などが役に立つ訳ないじゃろがい だから狼煙を上げて 上に上に上に上がるだけ だからやってんだ 嫉妬しながら普通の美学に ペッと唾吐きここまで来たんだ 言っちゃ何だが元すら取れちゃいない 高校時代に俺をからかった 奴から「元気?」未読でブロック 不悪 要するに復讐だ とかやっても結局何にもなんないが まだまだ足りないアタシは足りない 上手く行かせろ感情制限 本音で歌いダメなら テメェを変える方が先だろ やるかやられるかとなればやるしかないやろがい だから人目も避けず 無礼に華麗にステージに上がるだけ とかなんとかかんとかどうとか言ったって 過去も未来も思っちゃいけない 今を生きるさ 一所懸命 飢えを埋めるにゃ上に上がるさ 行くぜオンライン まだまだ足りないアタシは足りない 舐めた心で犯行声明 傷付き空いた胸の隙間が まだ埋まんないだけだよ 正しい言葉などが役に立つ訳ないじゃろがい だから狼煙を上げて 上に上に上に上がるだけ だからやってんだsyudou- 動画上に上に上に上がるだけ あっと言うまに鬼も笑う時期 そして流れるゆく年くる年 何だかんだで今年は良かったなぁ でもでも ちょっと待ってそれアタシのじゃないし ハッキリ言って安堵の影無し 全く腹も預金も満ちていない 数年前の稼ぎすらザッと 越えちゃうくらいの税金払って 実際全く幸せだ とかなんとかかんとかどうとか言ったって まだまだ足りないアタシは足りない 舐めた心で犯行声明 傷付き空いた胸の隙間が まだ埋まんないだけだよ 正しい言葉などが役に立つ訳ないじゃろがい だから狼煙を上げて 上に上に上に上がるだけ だからやってんだ 嫉妬しながら普通の美学に ペッと唾吐きここまで来たんだ 言っちゃ何だが元すら取れちゃいない 高校時代に俺をからかった 奴から「元気?」未読でブロック 不悪 要するに復讐だ とかやっても結局何にもなんないが まだまだ足りないアタシは足りない 上手く行かせろ感情制限 本音で歌いダメなら テメェを変える方が先だろ やるかやられるかとなればやるしかないやろがい だから人目も避けず 無礼に華麗にステージに上がるだけ とかなんとかかんとかどうとか言ったって 過去も未来も思っちゃいけない 今を生きるさ 一所懸命 飢えを埋めるにゃ上に上がるさ 行くぜオンライン まだまだ足りないアタシは足りない 舐めた心で犯行声明 傷付き空いた胸の隙間が まだ埋まんないだけだよ 正しい言葉などが役に立つ訳ないじゃろがい だから狼煙を上げて 上に上に上に上がるだけ だからやってんだ
デイバイデイズアタシ気づいちゃった 突いちゃったその背中を見つめた瞬間 惨状と感情の頑丈さに アタシ気づいちゃった突いちゃった 気づいちゃったよ独りで生きていけると それもそうだがねぇねぇつまらない それじゃきっとつまらないよ アナタの髪や声をもっと感じたいのに ねぇねぇ構わない 誰もアナタに敵わないの どこを比べたって全部段違いなのね そうアナタの横眠りにつく アタシとアナタのデイバイデイ デイバイデイ 全ては今日笑ってるアタシの事を 超担ってるアナタのため デイバイデイバイデイバイデイ 一体どうしちゃったんだろう 分かってるんだ これでこそなんだ この痛みが愛を語っている ここまでやんないと 僕自身もどうかしちゃっている 流れる血も涙も息も絶え絶え身悶えさえも 全てがこの身の好みの求める望みと誇り 例えばアナタがカラスが白いと言うなら 全て塗り替える精神 コスメのノリが悪いならこの世のガラスを 全て砕いて周ってしまうとかね この訳の分からない忠誠心こそが 今日もフタリ繋いでる奇妙で異様な隠し事 もう気が済んだら目覚めて直ぐ アタシとアナタのデイバイデイ デイバイデイ これまで酔った調子で述べた「好き」と めっちゃ上手な死んだふりを デイバイデイバイデイバイデイ 一体何度やったんだろう カマってるんだ ねぇねぇねぇ 「今から何か食べに行かない?」 「それならいつものあのラーメン!」 フタリは死ぬまで進行形 重ね合うのアタシとアナタで アタシとアナタのデイバイデイ デイバイデイ 全ては今日笑ってるアナタの事を 超担ってるアタシのため デイバイデイバイデイバイデイ 一体どうしちゃったんだろう 分かってるんだ 笑っちまう程に満たされない 一体どうしちゃったんだろう 分かってるんだsyudou- 動画アタシ気づいちゃった 突いちゃったその背中を見つめた瞬間 惨状と感情の頑丈さに アタシ気づいちゃった突いちゃった 気づいちゃったよ独りで生きていけると それもそうだがねぇねぇつまらない それじゃきっとつまらないよ アナタの髪や声をもっと感じたいのに ねぇねぇ構わない 誰もアナタに敵わないの どこを比べたって全部段違いなのね そうアナタの横眠りにつく アタシとアナタのデイバイデイ デイバイデイ 全ては今日笑ってるアタシの事を 超担ってるアナタのため デイバイデイバイデイバイデイ 一体どうしちゃったんだろう 分かってるんだ これでこそなんだ この痛みが愛を語っている ここまでやんないと 僕自身もどうかしちゃっている 流れる血も涙も息も絶え絶え身悶えさえも 全てがこの身の好みの求める望みと誇り 例えばアナタがカラスが白いと言うなら 全て塗り替える精神 コスメのノリが悪いならこの世のガラスを 全て砕いて周ってしまうとかね この訳の分からない忠誠心こそが 今日もフタリ繋いでる奇妙で異様な隠し事 もう気が済んだら目覚めて直ぐ アタシとアナタのデイバイデイ デイバイデイ これまで酔った調子で述べた「好き」と めっちゃ上手な死んだふりを デイバイデイバイデイバイデイ 一体何度やったんだろう カマってるんだ ねぇねぇねぇ 「今から何か食べに行かない?」 「それならいつものあのラーメン!」 フタリは死ぬまで進行形 重ね合うのアタシとアナタで アタシとアナタのデイバイデイ デイバイデイ 全ては今日笑ってるアナタの事を 超担ってるアタシのため デイバイデイバイデイバイデイ 一体どうしちゃったんだろう 分かってるんだ 笑っちまう程に満たされない 一体どうしちゃったんだろう 分かってるんだ
ねこと文鳥またいつものと笑いながら 柔らかな時をすごして欲しい つまびくイメージに理由はないけど 何もないよりは悪くないかな 声を聞くよ たまに笑うよ     些細な癖も見ているように 手を伸ばすよ 細く折れそうな あなたの腕に届くように あなたの胸に届くように あの頃僕はいつも病んでた シラフの日なんてさ殆ど無くてさ 誰でもいいとまでは言わないけど それでもあなたが救いだったよ 嘘をつくし罵声を浴びせるし 酒に飲まれて暴れるし すぐ求めるし下品に笑うし それでも僕の側にいて 笑っちまうぜ馬鹿だよな 声を聞くよ たまに笑うよ     些細な癖も見ているように 手を伸ばすよ 細く折れそうな あなたの腕に届くように あなたの胸に届くように あれから随分時間が経ったね 僕も少しくらい変われたのかな あなたのことは許せないけど そんなもんだよな 仕方ないよなsyudou-またいつものと笑いながら 柔らかな時をすごして欲しい つまびくイメージに理由はないけど 何もないよりは悪くないかな 声を聞くよ たまに笑うよ     些細な癖も見ているように 手を伸ばすよ 細く折れそうな あなたの腕に届くように あなたの胸に届くように あの頃僕はいつも病んでた シラフの日なんてさ殆ど無くてさ 誰でもいいとまでは言わないけど それでもあなたが救いだったよ 嘘をつくし罵声を浴びせるし 酒に飲まれて暴れるし すぐ求めるし下品に笑うし それでも僕の側にいて 笑っちまうぜ馬鹿だよな 声を聞くよ たまに笑うよ     些細な癖も見ているように 手を伸ばすよ 細く折れそうな あなたの腕に届くように あなたの胸に届くように あれから随分時間が経ったね 僕も少しくらい変われたのかな あなたのことは許せないけど そんなもんだよな 仕方ないよな
ビターチョコデコレーション人を過度に信じないように 愛さないように期待しないように かと言って角が立たないように 気取らぬように目立たぬように 誰一人傷つけぬように 虐めぬように殺さぬように かと言って偽善がバレないように 威張らないように 軽いジョークやリップサービスも忘れぬように どんな時も笑って愛嬌振りまくように ビターチョコデコレーション 兎角言わずにたんと召し上がれ         ビターチョコデコレーション 食わず嫌いはちゃんと直さなきゃ 頭空っぽその後に残る心が本物なら きっと君だって同じ事 「ところで一つ伺いますが  先日何処かで?・・・やっぱいいや」 無駄に自我を晒さぬように 話さぬように分からぬように でも絶対口を閉ざさぬように   笑わすより笑われるように 人をちゃんと敬うように       崇めるように讃えるように     でも決して嫌味にならないように ふざけないように 集団参加の終身刑 またへーこらへーこら言っちゃって 「あれっ、前髪ちょーぜつさいきょーじゃん!」 とかどーでもいーのに言っちゃって 毎朝毎晩もう限界 宗教的社会の集団リンチ でも決して発狂しないように ビターチョコデコレーション 時に孤独な愛は君を汚す          ビターチョコデコレーション 立つ鳥の後きっと糞のアート 初めはあんな大層な大言壮語を並べたが   嫌よ嫌よも好きの内 「いやはやしかし今日が初めてで  こんなとはね 君センスあるよ」 恋する季節にビターチョコデコレーション 恋する気持ちでビターチョコデコレーション F.U.C.K.Y.O.U ビターチョコデコレーション 皆が望む理想に憧れて ビターチョコデコレーション 個性や情は全部焼き払い ビターチョコデコレーション 欲やエゴは殺して土に埋め ビターチョコデコレーション 僕は大人にやっとなったよママ 明日もきっとこの先も 地獄は続く何処までも    嗚呼 だからどうか今だけは 子供の頃の気持ちのままで     一糸まとわずにやってこうぜ 「ああ思い出した!あんたあの時の  生真面目そうな…やっぱいいや」syudou- 動画人を過度に信じないように 愛さないように期待しないように かと言って角が立たないように 気取らぬように目立たぬように 誰一人傷つけぬように 虐めぬように殺さぬように かと言って偽善がバレないように 威張らないように 軽いジョークやリップサービスも忘れぬように どんな時も笑って愛嬌振りまくように ビターチョコデコレーション 兎角言わずにたんと召し上がれ         ビターチョコデコレーション 食わず嫌いはちゃんと直さなきゃ 頭空っぽその後に残る心が本物なら きっと君だって同じ事 「ところで一つ伺いますが  先日何処かで?・・・やっぱいいや」 無駄に自我を晒さぬように 話さぬように分からぬように でも絶対口を閉ざさぬように   笑わすより笑われるように 人をちゃんと敬うように       崇めるように讃えるように     でも決して嫌味にならないように ふざけないように 集団参加の終身刑 またへーこらへーこら言っちゃって 「あれっ、前髪ちょーぜつさいきょーじゃん!」 とかどーでもいーのに言っちゃって 毎朝毎晩もう限界 宗教的社会の集団リンチ でも決して発狂しないように ビターチョコデコレーション 時に孤独な愛は君を汚す          ビターチョコデコレーション 立つ鳥の後きっと糞のアート 初めはあんな大層な大言壮語を並べたが   嫌よ嫌よも好きの内 「いやはやしかし今日が初めてで  こんなとはね 君センスあるよ」 恋する季節にビターチョコデコレーション 恋する気持ちでビターチョコデコレーション F.U.C.K.Y.O.U ビターチョコデコレーション 皆が望む理想に憧れて ビターチョコデコレーション 個性や情は全部焼き払い ビターチョコデコレーション 欲やエゴは殺して土に埋め ビターチョコデコレーション 僕は大人にやっとなったよママ 明日もきっとこの先も 地獄は続く何処までも    嗚呼 だからどうか今だけは 子供の頃の気持ちのままで     一糸まとわずにやってこうぜ 「ああ思い出した!あんたあの時の  生真面目そうな…やっぱいいや」
フラミンゴ1つ数えて手を振って 2つ数えて深呼吸 そんなことを繰り返して大人になる 3つ数えて目をつぶり 4つ数えて首を吊る そんなことを繰り返して音は途絶える 騙されたのアタシ 汚れた嘘に堕ちた馬鹿な女一人 アナタへ送る独白的最終章を 目逸らさず見て またきっとアナタに恋をして 身のない話の2時03分 知っているのアタシ達は 砂漠に降り立つフラミンゴ アタシは馬鹿な女でありました それ故アナタを信じておりました 咲いた花が落ちるように 散った花が腐るように どんな可憐な人生もいつか終わる もういいのよアタシ 涙こらえて生きる必要なんてないの 気の向くままに 血液が踊っちゃう方へ ねぇお好きにほら またきっとアナタと行為をして 言葉が濁った2時08分 空虚を埋める交遊に 興じたところで意味ないの アタシの中はどんな具合ですか いつもアナタを感じておりました どこまでいけど他人であった 気高くめざとくイヤらしいアナタの腕で あの時だけは重なり合っていた それだけが救いだった またきっとアナタに恋をした 醜い女の逆襲劇 飲んだ薬の朦朧と 酩酊具合が手伝った きっとこれこそ本当に アタシが望んだことでした もしも生まれ変わったなら すれ違うように会いたいの それでも強く愛しておりました アタシはアナタを愛しておりましたsyudou- 動画1つ数えて手を振って 2つ数えて深呼吸 そんなことを繰り返して大人になる 3つ数えて目をつぶり 4つ数えて首を吊る そんなことを繰り返して音は途絶える 騙されたのアタシ 汚れた嘘に堕ちた馬鹿な女一人 アナタへ送る独白的最終章を 目逸らさず見て またきっとアナタに恋をして 身のない話の2時03分 知っているのアタシ達は 砂漠に降り立つフラミンゴ アタシは馬鹿な女でありました それ故アナタを信じておりました 咲いた花が落ちるように 散った花が腐るように どんな可憐な人生もいつか終わる もういいのよアタシ 涙こらえて生きる必要なんてないの 気の向くままに 血液が踊っちゃう方へ ねぇお好きにほら またきっとアナタと行為をして 言葉が濁った2時08分 空虚を埋める交遊に 興じたところで意味ないの アタシの中はどんな具合ですか いつもアナタを感じておりました どこまでいけど他人であった 気高くめざとくイヤらしいアナタの腕で あの時だけは重なり合っていた それだけが救いだった またきっとアナタに恋をした 醜い女の逆襲劇 飲んだ薬の朦朧と 酩酊具合が手伝った きっとこれこそ本当に アタシが望んだことでした もしも生まれ変わったなら すれ違うように会いたいの それでも強く愛しておりました アタシはアナタを愛しておりました
へべれけジャンキーアイマジャンキーさ酒飲み 満員電車は悲しみばかりが 募り重なり今日も唸っている 疲れと性 溜まっている 不意にぶつかる肩と肩 忙しい日々の無駄な論争が 虚しい程鈍く響いていた 誰だ誰だ悪いのは誰だ? 見つかり次第晒し上げだ 誰のせいか分からずみな 酒のせいにしたがるクソ野郎 アイマジャンキーさ酒飲み 浮世 忍耐 がぶ飲み 分かり合えない奴との諍論が 今日も杯を進めて止まない アイマジャンキーさ酒飲み 分かり合えなくても 酔いに託けて忘れたらいいんだった 飲めば飲むほどに飲み込まれそうなんだ はぁ。。。 朧げ記憶 頭の中には 千鳥足乗り込んだタクシーと グラス音が残っている 打って変わって六畳間 孤独 ストレスは部屋のチリや 着信履歴より積もっていた アイマジャンキーさ酒飲み 馬鹿は精進あるのみ 飲めばどんどん喉が乾く様に 心まで潤しちゃくれない アイマジャンキーさ酒飲み 恥晒しになっても 兎に角其の場を凌げたらいいんだった 必死に生きてる最悪な今日なんだ はぁ? oh damn drinkin’ so not sippin’ 血の酒 火の酒 苦い酒を more drinkin’ ヤバい雰囲気 呂律反比例 回ってんな oh パニック パニック マジマジパニック 知らぬ駅気づきゃ座ってんだ もう失くしたい記憶の全てを 酒のせいにしちゃえば?クソ野郎 アイマジャンキーさ酒飲み 飲み腐ったら抱くのみ その度数にも満たぬ薄い愛で 僕の胸を満たして下さい アイマジャンキーさ酒飲み 忘れられないのさ 頭に染みつく「構わずにもう一杯」 振り払うように飲み進めようったって 嗚呼 逃れやしないんだった はぁ。。。syudou- 動画アイマジャンキーさ酒飲み 満員電車は悲しみばかりが 募り重なり今日も唸っている 疲れと性 溜まっている 不意にぶつかる肩と肩 忙しい日々の無駄な論争が 虚しい程鈍く響いていた 誰だ誰だ悪いのは誰だ? 見つかり次第晒し上げだ 誰のせいか分からずみな 酒のせいにしたがるクソ野郎 アイマジャンキーさ酒飲み 浮世 忍耐 がぶ飲み 分かり合えない奴との諍論が 今日も杯を進めて止まない アイマジャンキーさ酒飲み 分かり合えなくても 酔いに託けて忘れたらいいんだった 飲めば飲むほどに飲み込まれそうなんだ はぁ。。。 朧げ記憶 頭の中には 千鳥足乗り込んだタクシーと グラス音が残っている 打って変わって六畳間 孤独 ストレスは部屋のチリや 着信履歴より積もっていた アイマジャンキーさ酒飲み 馬鹿は精進あるのみ 飲めばどんどん喉が乾く様に 心まで潤しちゃくれない アイマジャンキーさ酒飲み 恥晒しになっても 兎に角其の場を凌げたらいいんだった 必死に生きてる最悪な今日なんだ はぁ? oh damn drinkin’ so not sippin’ 血の酒 火の酒 苦い酒を more drinkin’ ヤバい雰囲気 呂律反比例 回ってんな oh パニック パニック マジマジパニック 知らぬ駅気づきゃ座ってんだ もう失くしたい記憶の全てを 酒のせいにしちゃえば?クソ野郎 アイマジャンキーさ酒飲み 飲み腐ったら抱くのみ その度数にも満たぬ薄い愛で 僕の胸を満たして下さい アイマジャンキーさ酒飲み 忘れられないのさ 頭に染みつく「構わずにもう一杯」 振り払うように飲み進めようったって 嗚呼 逃れやしないんだった はぁ。。。
ボニータもっと見る常識の範囲で好き勝手に使ってもらってかまわんが、使ったらツイッターとかで教えてくれると助かるわ ボニータ 夜の蜜は甘美 裏通りは3時 未だ抜けぬブランデー 抜けるのを選んで あれもいいな これもいいな それもいいな 千鳥足でよって行こうじゃない    ハメとは外した後からハメるもの などのたまう安月給 迷い無く春を買う 熱り立った凡夫はただ笑う    包み込んでおくれ ボニータ 遊んでこうぜ ボニータ 黙っていようぜ  ボニータ アナタの全部お気に入り ねぇボニータ 無粋な客を ボニータ 笑って今夜も 恨み有れどもおもてなし 足元とチガイに気をつけて 「人並みに暮らして生きる事が無理だからって 今の君を君の親が見たら何て言う?」 ってくだらねぇ それがなんだ だからどうした 金にだってなっちゃくれない それよか男の性を乙女の花で     がっぽりがっぽり           ボニータ 虚栄のスーツ ボニータ 愚鈍なナード ボニータ 一皮剥けば瓜二つ ねぇボニータ 下品な客の ボニータ モビーディックは 下心故上を向く          上辺の下ネタはよしとくれ   限りある春を売る 艶やかな蝶々が夜を征く      包み込んであげる ボニータ 狂った教徒        ボニータ 鳴らした琴線         ボニータ 触れたら最後同じ事       ねぇボニータ 虚勢と手首 ボニータ 張り切って今夜も 子供騙しの大人遊び 女のみずのえとタバコに火をつけて      一度蓋開けりゃ蜜の味syudou- 動画もっと見る常識の範囲で好き勝手に使ってもらってかまわんが、使ったらツイッターとかで教えてくれると助かるわ ボニータ 夜の蜜は甘美 裏通りは3時 未だ抜けぬブランデー 抜けるのを選んで あれもいいな これもいいな それもいいな 千鳥足でよって行こうじゃない    ハメとは外した後からハメるもの などのたまう安月給 迷い無く春を買う 熱り立った凡夫はただ笑う    包み込んでおくれ ボニータ 遊んでこうぜ ボニータ 黙っていようぜ  ボニータ アナタの全部お気に入り ねぇボニータ 無粋な客を ボニータ 笑って今夜も 恨み有れどもおもてなし 足元とチガイに気をつけて 「人並みに暮らして生きる事が無理だからって 今の君を君の親が見たら何て言う?」 ってくだらねぇ それがなんだ だからどうした 金にだってなっちゃくれない それよか男の性を乙女の花で     がっぽりがっぽり           ボニータ 虚栄のスーツ ボニータ 愚鈍なナード ボニータ 一皮剥けば瓜二つ ねぇボニータ 下品な客の ボニータ モビーディックは 下心故上を向く          上辺の下ネタはよしとくれ   限りある春を売る 艶やかな蝶々が夜を征く      包み込んであげる ボニータ 狂った教徒        ボニータ 鳴らした琴線         ボニータ 触れたら最後同じ事       ねぇボニータ 虚勢と手首 ボニータ 張り切って今夜も 子供騙しの大人遊び 女のみずのえとタバコに火をつけて      一度蓋開けりゃ蜜の味
やっちゃったわうわぁなんかヤになるわ 机上にゃ空き缶と飲みかけが並び うわぁなんかヤになるわ 愛なんてないけどやっちゃったわ 特に孤独じゃないから意味もなく 別に好みじゃないけどなんとなく ふかす煙草の種類が一緒が 理由だろうな嗚呼 oh yeah なんかヤになるガッデム 毎日ただ頑張るけど oh yeah なんかヤになるガッデム 相反しての対価は無し oh yeah めっちゃヤになるガッデム 毎回歯を食いしばるけど oh yeah めっちゃヤになるガッデム 永久歯の残機も無し うわぁなんかヤになるわ 自分の決心の弱さにもう笑う うわぁなんかヤになるわ 性懲りもなくまたやっちゃったわ うん、例えばめっちゃちゃんとルールに 沿って生きて何度もかしこまって 果たしてこんな脳に直に即時甘美 本当に超えられんの? うん、仕方がない仕方がない仕方がない仕方がない 繰り返す同じ様な言葉だけが マジかよ oh yeah なんかヤになるガッデム 即効且つ低価格で oh yeah なんかヤになるガッデム 身体への害すら無し oh yeah めっちゃヤになるガッデム なんかに混ぜ頬張るだけ oh yeah めっちゃヤになるガッデム 永久死への恐怖も無し 人間 依存 性 愛の末路 oh yeah なんかヤになるガッデム 毎日ただ頑張るけど oh yeah なんかヤになるガッデム 相反しての対価は無し oh yeah もう終わりだぜガッデム 悪運と銭底をついて oh yeah もう終わりだぜガッデム バイバイする現世とボディ 不安など無しsyudou- 動画うわぁなんかヤになるわ 机上にゃ空き缶と飲みかけが並び うわぁなんかヤになるわ 愛なんてないけどやっちゃったわ 特に孤独じゃないから意味もなく 別に好みじゃないけどなんとなく ふかす煙草の種類が一緒が 理由だろうな嗚呼 oh yeah なんかヤになるガッデム 毎日ただ頑張るけど oh yeah なんかヤになるガッデム 相反しての対価は無し oh yeah めっちゃヤになるガッデム 毎回歯を食いしばるけど oh yeah めっちゃヤになるガッデム 永久歯の残機も無し うわぁなんかヤになるわ 自分の決心の弱さにもう笑う うわぁなんかヤになるわ 性懲りもなくまたやっちゃったわ うん、例えばめっちゃちゃんとルールに 沿って生きて何度もかしこまって 果たしてこんな脳に直に即時甘美 本当に超えられんの? うん、仕方がない仕方がない仕方がない仕方がない 繰り返す同じ様な言葉だけが マジかよ oh yeah なんかヤになるガッデム 即効且つ低価格で oh yeah なんかヤになるガッデム 身体への害すら無し oh yeah めっちゃヤになるガッデム なんかに混ぜ頬張るだけ oh yeah めっちゃヤになるガッデム 永久死への恐怖も無し 人間 依存 性 愛の末路 oh yeah なんかヤになるガッデム 毎日ただ頑張るけど oh yeah なんかヤになるガッデム 相反しての対価は無し oh yeah もう終わりだぜガッデム 悪運と銭底をついて oh yeah もう終わりだぜガッデム バイバイする現世とボディ 不安など無し
やっちゃったわねアタシはアナタに降下してく 知んないで良い事を知ろうとした果て 泣いてるだなんて自業自得だね 鳴呼キラキラを感じて恋に夢中 なんざ高3の終わりまで ジャンキーなキャンディーの 甘味さがダルくなる年齢 現実の味を知れ苦虫噛み潰して アナタやっちゃったわね 恋は地獄みたいなもんで 真っ逆さまに堕ちてくの深く深く やっちゃったわね 愛は林檎の実みたいなもんで 真っ赤っかに熟して落ちて アタシはアナタに降下してく アナタはアタシに同化してく 罪人に石を投げつけていいのは 清廉潔白な人間だけ そんな風に立派でいれるのは きっと母さんのお腹まで 父さんが瓶ビールを 無言で飲む訳を知る年齢 その背を目に焼き付けろ 嫌でも目を凝らして アナタやっちゃったわね 愛は赦す事とは言うが 簡単にゃいかず独りただ辛く辛く やっちゃったわね 寝て起きて全部夢ならいいな 40%流し込み願う アナタの罪を赦すが如く アタシの罪をも赦したまえ 鳴呼 アナタに出会わなければ アタシはきっと人並みにちゃんと 幸せだったはずだけど 鳴呼 穢れにまみれた そんな手をギュッとしたい 「嫌えない」が答えだ アナタやっちゃったわね 恋は地獄みたいなもんで 真っ逆さまに堕ちてくの不覚不覚 やっちゃったわね 愛は林檎の実みたいなもんで 真っ赤っかに熟して落ちて アタシはアナタに降下してく アナタはアタシに同化してく その生き恥すら動画にしてる もうどっからどう見たって 2人はどうかしてるsyudou- 動画アタシはアナタに降下してく 知んないで良い事を知ろうとした果て 泣いてるだなんて自業自得だね 鳴呼キラキラを感じて恋に夢中 なんざ高3の終わりまで ジャンキーなキャンディーの 甘味さがダルくなる年齢 現実の味を知れ苦虫噛み潰して アナタやっちゃったわね 恋は地獄みたいなもんで 真っ逆さまに堕ちてくの深く深く やっちゃったわね 愛は林檎の実みたいなもんで 真っ赤っかに熟して落ちて アタシはアナタに降下してく アナタはアタシに同化してく 罪人に石を投げつけていいのは 清廉潔白な人間だけ そんな風に立派でいれるのは きっと母さんのお腹まで 父さんが瓶ビールを 無言で飲む訳を知る年齢 その背を目に焼き付けろ 嫌でも目を凝らして アナタやっちゃったわね 愛は赦す事とは言うが 簡単にゃいかず独りただ辛く辛く やっちゃったわね 寝て起きて全部夢ならいいな 40%流し込み願う アナタの罪を赦すが如く アタシの罪をも赦したまえ 鳴呼 アナタに出会わなければ アタシはきっと人並みにちゃんと 幸せだったはずだけど 鳴呼 穢れにまみれた そんな手をギュッとしたい 「嫌えない」が答えだ アナタやっちゃったわね 恋は地獄みたいなもんで 真っ逆さまに堕ちてくの不覚不覚 やっちゃったわね 愛は林檎の実みたいなもんで 真っ赤っかに熟して落ちて アタシはアナタに降下してく アナタはアタシに同化してく その生き恥すら動画にしてる もうどっからどう見たって 2人はどうかしてる
ゆらゆらそれでもあなたがさ ここを選んだのは 偶然なんかではなく 理由があると思う この酪訂が誰かの 孤独を殺すなら 飲まれても構わないと 歌ってるんだね ゆらゆら 時に流されて ゆらゆら アナタは泣く ゆらゆら 波にさらわれる ゆらゆら アナタが好き 雨が降ってやっと地は固まるんだろう 夢は全て捨てた後に始まるんだろう 僕が何か言っても言わなくても 通り過ぎる人にとって 意味もないと知ったよ 例えばどれだけ時間が経っても 揺るがないつもりであっても 本当は知ってる イヤって程に知ってる 言葉にせずとももう分かってる 不咲で低体温 全身投与の覚悟も無い アナタならどうすんだい 未来 未来 未来 水もやらず何も咲かず落ちていくより 種や仕掛けアリの方が美しいんだよ 流されてしまうのは避けれないけど 変わらずに作っていたい ゆらゆら 時に流されて ゆらゆら アナタは泣く ゆらゆら 波にさらわれる ゆらゆら アナタが好きsyudou-それでもあなたがさ ここを選んだのは 偶然なんかではなく 理由があると思う この酪訂が誰かの 孤独を殺すなら 飲まれても構わないと 歌ってるんだね ゆらゆら 時に流されて ゆらゆら アナタは泣く ゆらゆら 波にさらわれる ゆらゆら アナタが好き 雨が降ってやっと地は固まるんだろう 夢は全て捨てた後に始まるんだろう 僕が何か言っても言わなくても 通り過ぎる人にとって 意味もないと知ったよ 例えばどれだけ時間が経っても 揺るがないつもりであっても 本当は知ってる イヤって程に知ってる 言葉にせずとももう分かってる 不咲で低体温 全身投与の覚悟も無い アナタならどうすんだい 未来 未来 未来 水もやらず何も咲かず落ちていくより 種や仕掛けアリの方が美しいんだよ 流されてしまうのは避けれないけど 変わらずに作っていたい ゆらゆら 時に流されて ゆらゆら アナタは泣く ゆらゆら 波にさらわれる ゆらゆら アナタが好き
ワードワードワードあっと驚く暇なく 歌声が蔓延 延髄を犯した 甲高くも聴いた刹那 苦しみは抹消 決意が残った さぁ僕の心理を壊して   数億の旋律でもって そうやって今日まで来た 例え血より赤い月夜を僕が眺めても  手を伸ばすばかりじゃ飛べないよ飛べないよ 泣くも無駄逃げりゃ負け ぬるま湯浸かってんだ なら残りの命で一体全体 アナタは変人 意地悪 とんだ悪性 且つ 迷信 偽装 ちょっと待って その全てがバレぬよう黙ってるんでしょ うーべいべー 忍耐 行き違い 校舎 学生 絶つ寸前 思い出すのはアナタが残した言葉と愛だった ほら さぁ 待ち人居ずとも飛び出そう 雨がばっしゃんばっしゃん降っても そうさ未だに夜更けは忙しい つって文書き自己嫌悪 きっとこの世は甘くて塩辛く 痛くて温かいから だからいいんじゃないかとアナタが 分かるまで ハッとしてる暇もなく 震えだす心臓 変拍子 咆哮 待った無しの三つ巴 胸騒ぎ 迷妄 猛毒の症状 ヤダって言っても止まんない 優越の蜜はたまんない 夜更かしてずっと企んだ 落下して繰り返し登る 連日連夜のスローガン 若気の至り上等 音楽は鳴り止まない    ただただ麗人 美貌 脳波 いだく性 且つ 計算知能 ちょっと待って それアナタじゃ無理と分かってるんでしょ うーべいべー 実態と相反する妄想劇 青春の尊さより あなたが叫んだ言葉が勝ったんだ ほら さぁ 心の向こう側へ行こう 続け咆哮必至のフェスティバル あての無い苦しみも悲しみも 今は信じる気がないよ 遠くへ行けと強く叫んでも 何処にも行けやしないけど こんな僕の言葉に続き歌う 聴衆(ひと)のため 散々迷った そして戸惑った 嘆けど今日は続く 散々怒った けど黙った そうやって今日も逃げる 段々分かった 今悟った あの日々 泣いた意味は それでも譲れぬ言葉を繋ぐため 焦げ付く程の青をもう一回 アナタは アナタは天才 一番 非凡な学生 且つ 精神 理論 ちょっと待って その全て受け入れ笑ってるんでしょ  うーべいべー 身体 被害 法 科学性 咲く 頂点 悲願 まだまだ 不確かさの中一つ掴んだんだ ほら さぁ 人目を避け今飛び出そう 着飾る素振り大嫌い 子供の気持ちのままでやってこう なんていつまで言ってんの 憧れは焦がれるほど美しい 神も仏もいないけど そうさそれでもこの世は素晴らしい 分かるだろ なぁなぁなぁsyudou- 動画あっと驚く暇なく 歌声が蔓延 延髄を犯した 甲高くも聴いた刹那 苦しみは抹消 決意が残った さぁ僕の心理を壊して   数億の旋律でもって そうやって今日まで来た 例え血より赤い月夜を僕が眺めても  手を伸ばすばかりじゃ飛べないよ飛べないよ 泣くも無駄逃げりゃ負け ぬるま湯浸かってんだ なら残りの命で一体全体 アナタは変人 意地悪 とんだ悪性 且つ 迷信 偽装 ちょっと待って その全てがバレぬよう黙ってるんでしょ うーべいべー 忍耐 行き違い 校舎 学生 絶つ寸前 思い出すのはアナタが残した言葉と愛だった ほら さぁ 待ち人居ずとも飛び出そう 雨がばっしゃんばっしゃん降っても そうさ未だに夜更けは忙しい つって文書き自己嫌悪 きっとこの世は甘くて塩辛く 痛くて温かいから だからいいんじゃないかとアナタが 分かるまで ハッとしてる暇もなく 震えだす心臓 変拍子 咆哮 待った無しの三つ巴 胸騒ぎ 迷妄 猛毒の症状 ヤダって言っても止まんない 優越の蜜はたまんない 夜更かしてずっと企んだ 落下して繰り返し登る 連日連夜のスローガン 若気の至り上等 音楽は鳴り止まない    ただただ麗人 美貌 脳波 いだく性 且つ 計算知能 ちょっと待って それアナタじゃ無理と分かってるんでしょ うーべいべー 実態と相反する妄想劇 青春の尊さより あなたが叫んだ言葉が勝ったんだ ほら さぁ 心の向こう側へ行こう 続け咆哮必至のフェスティバル あての無い苦しみも悲しみも 今は信じる気がないよ 遠くへ行けと強く叫んでも 何処にも行けやしないけど こんな僕の言葉に続き歌う 聴衆(ひと)のため 散々迷った そして戸惑った 嘆けど今日は続く 散々怒った けど黙った そうやって今日も逃げる 段々分かった 今悟った あの日々 泣いた意味は それでも譲れぬ言葉を繋ぐため 焦げ付く程の青をもう一回 アナタは アナタは天才 一番 非凡な学生 且つ 精神 理論 ちょっと待って その全て受け入れ笑ってるんでしょ  うーべいべー 身体 被害 法 科学性 咲く 頂点 悲願 まだまだ 不確かさの中一つ掴んだんだ ほら さぁ 人目を避け今飛び出そう 着飾る素振り大嫌い 子供の気持ちのままでやってこう なんていつまで言ってんの 憧れは焦がれるほど美しい 神も仏もいないけど そうさそれでもこの世は素晴らしい 分かるだろ なぁなぁなぁ
今日もうだいぶ経った もうだいぶ経ったんだんだな あなたがいなくなってから もうだいぶ経った もうだいぶ経ったんだんだな 花束を葬ってから 疑い深いあなたのことだ 騙されてなどいないだろうけど    だけどやさしいあなたのことだ 少しだけ不安だよ 私の今日は私の愛は全部 あなたがくれたものだから 私の凶も私の哀も全部 あなたのために使いたいんだよ あなたのためにだけ使いたいんだよ ここから先はあなたに会えない 僕は一人で歩いていくんだぜ 暗くて何にも見えない道で      少しだけ前を見た 神様どうか もしも私の心が 完全に満たされたなら その瞬間に私をどうか殺して 明日に殺される前に 私の今日は私の愛は全部 あなたがくれたものだから 私の凶も私の哀も全部 あなたのために使いたいんだよ あなたのためにだけ使いたいんだよ あなたのためにだけ歌いたいんだよsyudou-もうだいぶ経った もうだいぶ経ったんだんだな あなたがいなくなってから もうだいぶ経った もうだいぶ経ったんだんだな 花束を葬ってから 疑い深いあなたのことだ 騙されてなどいないだろうけど    だけどやさしいあなたのことだ 少しだけ不安だよ 私の今日は私の愛は全部 あなたがくれたものだから 私の凶も私の哀も全部 あなたのために使いたいんだよ あなたのためにだけ使いたいんだよ ここから先はあなたに会えない 僕は一人で歩いていくんだぜ 暗くて何にも見えない道で      少しだけ前を見た 神様どうか もしも私の心が 完全に満たされたなら その瞬間に私をどうか殺して 明日に殺される前に 私の今日は私の愛は全部 あなたがくれたものだから 私の凶も私の哀も全部 あなたのために使いたいんだよ あなたのためにだけ使いたいんだよ あなたのためにだけ歌いたいんだよ
俺ゴーストタイプ俺らはまだやってく マサラの仲間と勝ってく 知んない奴も分からしてく しのごの言わずにこれを聞け そう俺は皆が羨む程に高くはばたく 謂わばあやしいひかり暗くされど光り輝く とうといむらさき シオンのビートが響く 魔女とかじゃない方 ホントに赤と緑相性が良いのは今も昔も なかなか大変だけどさきっと あの日から続いてるみんなの物語 今や俺のポケットは ホンキな仲間達で満ち足りてる そんじゃ一つ伺うが 「あなた ゆうれいは いると おもう?」 俺ゴーストタイプ これきっと誰も真似出来ない 俺ゴーストタイプ 指一本触れることも出来ない まさに完璧で究極な圧倒的闇 うらみつらみ全部飲み込め 曲で返しみちづれ おどろかしてやるぜ俺の動きみやぶれるかね だけど嫌味は無視ができないタイプ シャドークローに似てて 一言一句急所ヒットsyudou苦労人 今シルフスコープで記すドープ 乗りこなすトラックのゲンガーは誰なのか タチサレ タチサレ言われるけど ゴーストだからからタッチされない 俺ゴーストタイプ これ全部俺が掴んだ闇 俺ゴーストタイプ たまらなく魅力的な味 勝敗の要因に陽陰は関係がないナーミン あなたのみぎかたに 俺ゴーストタイプ これきっと誰も真似出来ない 俺ゴーストタイプ 指一本触れることも出来ない 俺ゴーストタイプ これ全部俺が掴んだ闇 俺ゴーストタイプ たまらなく魅力的な味 つまり一方が強く輝けば 反対の影が濃くなる様な 完璧で究極な圧倒的闇syudou- 動画俺らはまだやってく マサラの仲間と勝ってく 知んない奴も分からしてく しのごの言わずにこれを聞け そう俺は皆が羨む程に高くはばたく 謂わばあやしいひかり暗くされど光り輝く とうといむらさき シオンのビートが響く 魔女とかじゃない方 ホントに赤と緑相性が良いのは今も昔も なかなか大変だけどさきっと あの日から続いてるみんなの物語 今や俺のポケットは ホンキな仲間達で満ち足りてる そんじゃ一つ伺うが 「あなた ゆうれいは いると おもう?」 俺ゴーストタイプ これきっと誰も真似出来ない 俺ゴーストタイプ 指一本触れることも出来ない まさに完璧で究極な圧倒的闇 うらみつらみ全部飲み込め 曲で返しみちづれ おどろかしてやるぜ俺の動きみやぶれるかね だけど嫌味は無視ができないタイプ シャドークローに似てて 一言一句急所ヒットsyudou苦労人 今シルフスコープで記すドープ 乗りこなすトラックのゲンガーは誰なのか タチサレ タチサレ言われるけど ゴーストだからからタッチされない 俺ゴーストタイプ これ全部俺が掴んだ闇 俺ゴーストタイプ たまらなく魅力的な味 勝敗の要因に陽陰は関係がないナーミン あなたのみぎかたに 俺ゴーストタイプ これきっと誰も真似出来ない 俺ゴーストタイプ 指一本触れることも出来ない 俺ゴーストタイプ これ全部俺が掴んだ闇 俺ゴーストタイプ たまらなく魅力的な味 つまり一方が強く輝けば 反対の影が濃くなる様な 完璧で究極な圧倒的闇
取扱注意踊りだそう話そうアナタこそ理想 そうなのでとどのつまり息が詰まりそう 正そうカマそう笑かしていこう もっと揶揄われて不快さ増していこう 俺は暗い吐くくらい教育に悪い 瑕疵と化した歌詞解かしちゃ右に出るのナシ 明るいがダルい内容が軽い 漢字卍多め共にゃ騙されない 嗚呼もう最高に嫌 ねぇお嬢ちゃん 裸になって大人になって 終いには飛び込む海の中 優しくなって慰め合って繋いだ手のひら 嗚呼もう独りじゃない 孤独じゃない孤独じゃないけどさ まだ心巣食ってる獣とは 引き続きやっていこう 今夜のシチューはマトン 絡まって富んだ混沌 ポケットにはメリーがいなきゃ酷く味気ない リイシューの詩集 繁華街は異臭 奴らこそ俺狂わせた張本人 そう天才でも変態でも繊細でもないからこそ 限界まで全開まで絶対書く魂胆さ 誰か様のブッブーに左フック 次のフックもlike a 究極の本(The book) 嗚呼もう最高で嫌 なぁお兄さん悲しくなって逆さになって 終わるために建てるビルは嫌だ 見下しあって目配せあって流した目の下 全然悔しくない虚しくない ってそんな訳ないけどさ そのおかげで口座にゃ不労所得 足向け寝れん一生 飲めば飲むほど行けば行くほど 漏れるこの血を誰も止めてはくれないけど アナタの為の轍とならば この身をいくつ捧げても 更に書こう無加工 恥もまたかこう 何となくの文字の並び誰も救わない 骸を綴ろう 忖度は無用 なんならピースから1つ差し引いて もう一回 ねぇお嬢ちゃん 裸になって大人になって 終いには飛び込む海の中 優しくなって慰め合って繋いだ手のひら 辛くもなってまだ苦はあって サワーでスイートなこの歌は 誰の理解も利害も要んない自分だけのもの 絶対教育上よろしくないよろしくないけどさ でもこのまま行ったらどう死ぬの? 試してみようと思う ちゃんとしない事をもっとちゃんとしよう 無知な奴に何と言われようと構わない 騙そう晒そうもっとやらかそう さぁご覧あそばせsyudou- 動画踊りだそう話そうアナタこそ理想 そうなのでとどのつまり息が詰まりそう 正そうカマそう笑かしていこう もっと揶揄われて不快さ増していこう 俺は暗い吐くくらい教育に悪い 瑕疵と化した歌詞解かしちゃ右に出るのナシ 明るいがダルい内容が軽い 漢字卍多め共にゃ騙されない 嗚呼もう最高に嫌 ねぇお嬢ちゃん 裸になって大人になって 終いには飛び込む海の中 優しくなって慰め合って繋いだ手のひら 嗚呼もう独りじゃない 孤独じゃない孤独じゃないけどさ まだ心巣食ってる獣とは 引き続きやっていこう 今夜のシチューはマトン 絡まって富んだ混沌 ポケットにはメリーがいなきゃ酷く味気ない リイシューの詩集 繁華街は異臭 奴らこそ俺狂わせた張本人 そう天才でも変態でも繊細でもないからこそ 限界まで全開まで絶対書く魂胆さ 誰か様のブッブーに左フック 次のフックもlike a 究極の本(The book) 嗚呼もう最高で嫌 なぁお兄さん悲しくなって逆さになって 終わるために建てるビルは嫌だ 見下しあって目配せあって流した目の下 全然悔しくない虚しくない ってそんな訳ないけどさ そのおかげで口座にゃ不労所得 足向け寝れん一生 飲めば飲むほど行けば行くほど 漏れるこの血を誰も止めてはくれないけど アナタの為の轍とならば この身をいくつ捧げても 更に書こう無加工 恥もまたかこう 何となくの文字の並び誰も救わない 骸を綴ろう 忖度は無用 なんならピースから1つ差し引いて もう一回 ねぇお嬢ちゃん 裸になって大人になって 終いには飛び込む海の中 優しくなって慰め合って繋いだ手のひら 辛くもなってまだ苦はあって サワーでスイートなこの歌は 誰の理解も利害も要んない自分だけのもの 絶対教育上よろしくないよろしくないけどさ でもこのまま行ったらどう死ぬの? 試してみようと思う ちゃんとしない事をもっとちゃんとしよう 無知な奴に何と言われようと構わない 騙そう晒そうもっとやらかそう さぁご覧あそばせ
孤独の宗教アタシ決して不幸じゃないし それに気づけない程の馬鹿じゃない イヤイヤでも心に栓をすりゃ 地味な痛みや苦味も分からない どうやったってどうなったって 満たされてるのに変わりないけど 夜中一人巡る思考 今にも破裂しそう 超平均的安定思考の 自称メンヘラww(わらわら) 健康寿命と精神異常は アナタのおかげ アタシは孤独じゃない 全く孤独じゃないと 分かっても決して消えない愛の飢えを アナタに騙されたい 全く騙されたいの 信じて愛したそれが偽りと知ったって 清く正しく生きていこうぜ 誰かのせいにゃしたくない けど全て引き受けちゃ身が持たない 朝と夜とで1日計2回 それで救われるなんて馬鹿みたい もう嫌んなってもうやんないって 言ったのに気づけばまた縋ってる 「死ぬよりはまだいいでしょう」 の顔に浮かぶ死相 天真爛漫純粋野郎にゃ 一生納得はムリムリ おっさん目線も恣意的意見も 頭がおかしい アタシはまともじゃない 全くまともじゃないと 分かっても決して混じれぬ普通の日々に 本当は流されたい 全く流されたいの ハッピーエンドの終電を乗り過ごさないように 着の身着のまま走っていこうぜ 単純明快的青写真を 追走中なのまだまだ 純情さに軽蔑されぬように 生きていたいのよ でもでも 夜眠って朝に起きて繰り返してそれだけ 夢も希望もあったはずがふと気付けばこれだけ だけどそのひとつに全部捧げられりゃどれだけ 嗚呼世界よ この腑抜けを腹から笑え アタシは孤独じゃない 全く孤独じゃないのになぁ R.I.P. アタシは孤独じゃない 全く孤独じゃないと 分かっても決して消えない愛の飢えを アナタに騙されたい 全く騙されたいの 世間と自分との鎖がバラバラになったって 二人楽しく堕ちていこうぜsyudou- 動画アタシ決して不幸じゃないし それに気づけない程の馬鹿じゃない イヤイヤでも心に栓をすりゃ 地味な痛みや苦味も分からない どうやったってどうなったって 満たされてるのに変わりないけど 夜中一人巡る思考 今にも破裂しそう 超平均的安定思考の 自称メンヘラww(わらわら) 健康寿命と精神異常は アナタのおかげ アタシは孤独じゃない 全く孤独じゃないと 分かっても決して消えない愛の飢えを アナタに騙されたい 全く騙されたいの 信じて愛したそれが偽りと知ったって 清く正しく生きていこうぜ 誰かのせいにゃしたくない けど全て引き受けちゃ身が持たない 朝と夜とで1日計2回 それで救われるなんて馬鹿みたい もう嫌んなってもうやんないって 言ったのに気づけばまた縋ってる 「死ぬよりはまだいいでしょう」 の顔に浮かぶ死相 天真爛漫純粋野郎にゃ 一生納得はムリムリ おっさん目線も恣意的意見も 頭がおかしい アタシはまともじゃない 全くまともじゃないと 分かっても決して混じれぬ普通の日々に 本当は流されたい 全く流されたいの ハッピーエンドの終電を乗り過ごさないように 着の身着のまま走っていこうぜ 単純明快的青写真を 追走中なのまだまだ 純情さに軽蔑されぬように 生きていたいのよ でもでも 夜眠って朝に起きて繰り返してそれだけ 夢も希望もあったはずがふと気付けばこれだけ だけどそのひとつに全部捧げられりゃどれだけ 嗚呼世界よ この腑抜けを腹から笑え アタシは孤独じゃない 全く孤独じゃないのになぁ R.I.P. アタシは孤独じゃない 全く孤独じゃないと 分かっても決して消えない愛の飢えを アナタに騙されたい 全く騙されたいの 世間と自分との鎖がバラバラになったって 二人楽しく堕ちていこうぜ
孤独毒毒ねぇ大抵の奴らはひよってばかり やれ丁半のどちらで迷ってばかり そんなんは尻目にサラッと避けて ホラホラ そうラッタッタと跳ねて行こう 何故簡単に誰かになろうとするの ありのまんまで生きる自信がないの? 閑散な砂場で遊んだ日々を ホラホラ もう忘れてはいない? 花散る心は永久に ねぇ言葉がひとつも鳴り止まない 未だ知る事無く払えねば まぁタダで見上げていて 孤独毒毒 嗚呼 この身さえ貫いて そちらとこちらの見えない壁さえも 嗚呼 その糸で切り裂いて 白黒付けない半端者が 荒地を正す者に成るから そりゃ最近じゃわりかし威勢も良いし 嘲笑った奴らも黙ってますが けど「あっ!」 気付けば時代の骸かも いやマジで怖くない? 幽し光が差し込んで 我が背中の古龍はほくそ笑む 刻んだ想いや戦歴や そう あの痛みからすりゃ 恐るに足らず 嗚呼 吐く程くだらねぇな 変わらぬを願う変われぬ者 だけどまぁこれまでを敬うさ いずれまた何処かで落ち合おう 地獄か天国かはさておき 身に降る火の粉も楽しめば そう舞い込む全てが方位磁針 曇らぬ眼で撮るライカ さぁそこに映り込むは 曇り時々 雨模様 嗚呼 この身さえ貫いて そちらとこちらの見えない壁さえも 嗚呼 その糸で切り裂いて 白黒付けない半端者であれど もう誰にも譲らないさ アタシの値札はアタシが貼るだけだ さぁこのまま分からせるさ 醜く気高く奇妙な旅 孤独を照らす者に成るから 勝つまでやるからsyudou#コンパス 【戦闘摂理解析システム】 動画ねぇ大抵の奴らはひよってばかり やれ丁半のどちらで迷ってばかり そんなんは尻目にサラッと避けて ホラホラ そうラッタッタと跳ねて行こう 何故簡単に誰かになろうとするの ありのまんまで生きる自信がないの? 閑散な砂場で遊んだ日々を ホラホラ もう忘れてはいない? 花散る心は永久に ねぇ言葉がひとつも鳴り止まない 未だ知る事無く払えねば まぁタダで見上げていて 孤独毒毒 嗚呼 この身さえ貫いて そちらとこちらの見えない壁さえも 嗚呼 その糸で切り裂いて 白黒付けない半端者が 荒地を正す者に成るから そりゃ最近じゃわりかし威勢も良いし 嘲笑った奴らも黙ってますが けど「あっ!」 気付けば時代の骸かも いやマジで怖くない? 幽し光が差し込んで 我が背中の古龍はほくそ笑む 刻んだ想いや戦歴や そう あの痛みからすりゃ 恐るに足らず 嗚呼 吐く程くだらねぇな 変わらぬを願う変われぬ者 だけどまぁこれまでを敬うさ いずれまた何処かで落ち合おう 地獄か天国かはさておき 身に降る火の粉も楽しめば そう舞い込む全てが方位磁針 曇らぬ眼で撮るライカ さぁそこに映り込むは 曇り時々 雨模様 嗚呼 この身さえ貫いて そちらとこちらの見えない壁さえも 嗚呼 その糸で切り裂いて 白黒付けない半端者であれど もう誰にも譲らないさ アタシの値札はアタシが貼るだけだ さぁこのまま分からせるさ 醜く気高く奇妙な旅 孤独を照らす者に成るから 勝つまでやるから
必死どいつもこいつもマジうるせぇ 他人がどうこうとか知らねぇカス フォロアー ヘイター セールス エンゲージ 気にしている暇ない 必死 in my life 再生数とかフォロアー数とかマジクソどうでもいい チャートがどうとかこうとか言ってる暇ありゃ とっとと曲書きゃいい 流行りに乗っかるクソフェイク ありがたがってるクソキッズ 鳴呼確かに俺には魅力もセンスもフェイムも 全く無いけどそれでも 誰かの力で偉そうにしている テメェよりよっぽどいい は?ふざけんなゲロゴミカス 能無しヘイターが くたばれや 俺も俺のやり方で証明 テメェの意見はテメェのもんじゃねぇだろが 人の力借りてばっかで 自分一人じゃ何にもできねぇ 邪魔だ邪魔だ馬鹿が馬鹿が どこを取っても最悪 ああもうふざけんな 言っても分からねぇ様なら 俺が結果で示す どいつもこいつもマジうるせぇ 他人がどうこうとか知らねぇカス フォロアー ヘイター セールス エンゲージ 気にしている暇ない 必死 in my lifesyudou-どいつもこいつもマジうるせぇ 他人がどうこうとか知らねぇカス フォロアー ヘイター セールス エンゲージ 気にしている暇ない 必死 in my life 再生数とかフォロアー数とかマジクソどうでもいい チャートがどうとかこうとか言ってる暇ありゃ とっとと曲書きゃいい 流行りに乗っかるクソフェイク ありがたがってるクソキッズ 鳴呼確かに俺には魅力もセンスもフェイムも 全く無いけどそれでも 誰かの力で偉そうにしている テメェよりよっぽどいい は?ふざけんなゲロゴミカス 能無しヘイターが くたばれや 俺も俺のやり方で証明 テメェの意見はテメェのもんじゃねぇだろが 人の力借りてばっかで 自分一人じゃ何にもできねぇ 邪魔だ邪魔だ馬鹿が馬鹿が どこを取っても最悪 ああもうふざけんな 言っても分からねぇ様なら 俺が結果で示す どいつもこいつもマジうるせぇ 他人がどうこうとか知らねぇカス フォロアー ヘイター セールス エンゲージ 気にしている暇ない 必死 in my life
恥さらし失くした後に大事だったって 気づくなんてホント凡人だ 時間ばっかどうにも流れて流れていくよ 少し変な生き方をしたって つまづく石は凡夫同様 頭下げて不条理に耐えているばかり 友達はタワマンでシャンパン 他人と自分見比べ泣いて 自分が持ってるモノ見逃して 俺の生き方マジだっせぇ 出来る事と出来ない事どっちが 多いのかもう既に分かり切ってる 季節は戻んない 奇跡はもう起こんない でも諦める気は毛頭無い 生きるのはあまりに恥ずかしいが その恥をアナタと笑いたいんだ ガキじゃねぇんだから歯も食いしばってく 俺はなる俺のヒーローに 比べりゃあまりに情けないが 比べなきゃそこそこ誇れるんだ 誇れなくたって別に構わない 今日飲んだ酒が美味かったらいいや 会いたくって乗った終電の 向かう先がどうも反対で 否が応にどうにも離れて離れていくよ 同じ様に一度間違った先運命は残酷だ 終着のホームで立っているばかり 迷う程に足はもつれる 祈ってたなら両手は使えず 涙流しゃ視界はぼやける だけどたまには1人泣きてぇ 弱音と煙草の煙吐いて それでも向き合うデスクトップ 俺が一番作りたいモン 薬よりも鬱に寄り添うソング 死ぬまでに何が残せますか そのために今日も足掻いてるんだ 自分で自分は抱きしめらんねぇが 俺は持つ俺への信仰心 死ぬ程に何か愛せますか それがある事を幸せと呼ぶが 見つけられなくても別に構わない 図々しくダラっと生きてりゃいいんだ 生きる痛みに意味があると言える 言い訳はありますか 俺にとっては音楽がそうだ 生きるのはあまりに恥ずかしいが その恥をアナタと笑いたいんだ ガキじゃねぇんだから歯も食いしばってさ いつかはアナタのヒーローに 比べりゃあまりに情けないが 比べなきゃそこそこ誇れるんだ 誇れなくたって別に構わない 今日飲んだ酒が美味かったらいいし 美味くなくたって究極構わない 図々しくダラっと生きてりゃいいんだsyudou- 動画失くした後に大事だったって 気づくなんてホント凡人だ 時間ばっかどうにも流れて流れていくよ 少し変な生き方をしたって つまづく石は凡夫同様 頭下げて不条理に耐えているばかり 友達はタワマンでシャンパン 他人と自分見比べ泣いて 自分が持ってるモノ見逃して 俺の生き方マジだっせぇ 出来る事と出来ない事どっちが 多いのかもう既に分かり切ってる 季節は戻んない 奇跡はもう起こんない でも諦める気は毛頭無い 生きるのはあまりに恥ずかしいが その恥をアナタと笑いたいんだ ガキじゃねぇんだから歯も食いしばってく 俺はなる俺のヒーローに 比べりゃあまりに情けないが 比べなきゃそこそこ誇れるんだ 誇れなくたって別に構わない 今日飲んだ酒が美味かったらいいや 会いたくって乗った終電の 向かう先がどうも反対で 否が応にどうにも離れて離れていくよ 同じ様に一度間違った先運命は残酷だ 終着のホームで立っているばかり 迷う程に足はもつれる 祈ってたなら両手は使えず 涙流しゃ視界はぼやける だけどたまには1人泣きてぇ 弱音と煙草の煙吐いて それでも向き合うデスクトップ 俺が一番作りたいモン 薬よりも鬱に寄り添うソング 死ぬまでに何が残せますか そのために今日も足掻いてるんだ 自分で自分は抱きしめらんねぇが 俺は持つ俺への信仰心 死ぬ程に何か愛せますか それがある事を幸せと呼ぶが 見つけられなくても別に構わない 図々しくダラっと生きてりゃいいんだ 生きる痛みに意味があると言える 言い訳はありますか 俺にとっては音楽がそうだ 生きるのはあまりに恥ずかしいが その恥をアナタと笑いたいんだ ガキじゃねぇんだから歯も食いしばってさ いつかはアナタのヒーローに 比べりゃあまりに情けないが 比べなきゃそこそこ誇れるんだ 誇れなくたって別に構わない 今日飲んだ酒が美味かったらいいし 美味くなくたって究極構わない 図々しくダラっと生きてりゃいいんだ
悪い人この品性も意味も無い毎日に 静かに殺され続けてるんだ そうだろオマエはきっと 逃げたいやっぱ逃げたいな この人生や身を滅ぼす程に 誰かに強く愛されたいんだ そうだろオマエもきっと 言えないなんて言えないな この痛みさえも愛おしい これは危ない まともではない 分かっていたって胸は踊る またこのザマ タバコとアザ アナタは悪い人 暴れ出す躁 溢れ出しそう 狂っていたって凄く正しい あら楽しそう アナタの思想 アタシは分かるから アナタは悪い人 可もなく不可もなく生きるよりも アナタと共に堕落を選ぶの そうなのアタシはきっと 消えたいすっと消えたいの 絆創膏の数が増える度に 確かな愛をくみ取ってしまうの そうなのアタシもきっと 嗚呼痛いだけど会いたいの 後ろめたい程かぐわしい 垂れ流す憎悪 挙句の自傷 怒鳴っていたって目は悲しい 孤独を飼い慣らせもしない アナタは弱い人 癒してあげる 満たしてあげる 痛いの痛いの飛んでいけ 虚勢の誹謗 垣間見る情 アタシは気づいてる アナタは弱い人 この世全てに値札を貼ろうと 無償の愛ほど悍ましいから これは危ない まともではない 分かっていたって胸は踊る 愛された分愛すのがルール アナタは悪い人 逃げ道は無い 許しはしない 仕返しと介抱 手が焼ける 足掻く様も映えるなんて アナタは悪い人 アタシも悪い人syudou- 動画この品性も意味も無い毎日に 静かに殺され続けてるんだ そうだろオマエはきっと 逃げたいやっぱ逃げたいな この人生や身を滅ぼす程に 誰かに強く愛されたいんだ そうだろオマエもきっと 言えないなんて言えないな この痛みさえも愛おしい これは危ない まともではない 分かっていたって胸は踊る またこのザマ タバコとアザ アナタは悪い人 暴れ出す躁 溢れ出しそう 狂っていたって凄く正しい あら楽しそう アナタの思想 アタシは分かるから アナタは悪い人 可もなく不可もなく生きるよりも アナタと共に堕落を選ぶの そうなのアタシはきっと 消えたいすっと消えたいの 絆創膏の数が増える度に 確かな愛をくみ取ってしまうの そうなのアタシもきっと 嗚呼痛いだけど会いたいの 後ろめたい程かぐわしい 垂れ流す憎悪 挙句の自傷 怒鳴っていたって目は悲しい 孤独を飼い慣らせもしない アナタは弱い人 癒してあげる 満たしてあげる 痛いの痛いの飛んでいけ 虚勢の誹謗 垣間見る情 アタシは気づいてる アナタは弱い人 この世全てに値札を貼ろうと 無償の愛ほど悍ましいから これは危ない まともではない 分かっていたって胸は踊る 愛された分愛すのがルール アナタは悪い人 逃げ道は無い 許しはしない 仕返しと介抱 手が焼ける 足掻く様も映えるなんて アナタは悪い人 アタシも悪い人
死生活唯一性とはきっとカクテル 奇と普遍が混ざってできてる いつもアナタは「非常」に酔ってて 「通常」に唾を吐いている      社会性とはきっとウッドブロック 積み重ね合い形を成すもの   斜に構えた思想の上部じゃ 積み木崩しに堕ちていく 狂った様に見せているだけなら まだまだアナタは馬鹿 嗚呼 何度誓っても何度祈っても    結局同じ人のまま 愛を歌っても性に縋っても 意味ないことと分かりながら 何度怒鳴っても 何度狂っても 優性人種が幅利かす やっと気付いたよ 凪いだ青春に棄てられた少年兵    海と酸素 ペトロと気遣い       それら浪費し今日も生きてる     羅針盤ならとうに朽ち果て 追い風さえ吹かないまま 分かった様な口を利くことなど まだまだ嫌だけど それを「器用」とも言わないか?  嗚呼 何度望んでも何度備えても 一寸先には闇の沼 ペンで綴っても情に浸っても    矛先見えぬ怒りばかり テンプレ通りの原文音読 恋愛文書で人は泣く 疎を漏らしてる天網恢々な 嘘つきに針千本 祈った幸だけ誰か呪うなど   アタシは本当に馬鹿 ヤダ ヤダ ヤダ 嗚呼 何度歌っても調が上がっても 何度誓っても何度祈っても   結局同じ人と知る ハッピーエンドもラッキーヒットも 奇跡も魔法もないなんて 何度怒鳴っても 何度狂っても 劣性人種に価値はなく やっと気付いたよ 凪いだ青春を棄てたのは少年兵  …というのは冗談ですsyudou- 動画唯一性とはきっとカクテル 奇と普遍が混ざってできてる いつもアナタは「非常」に酔ってて 「通常」に唾を吐いている      社会性とはきっとウッドブロック 積み重ね合い形を成すもの   斜に構えた思想の上部じゃ 積み木崩しに堕ちていく 狂った様に見せているだけなら まだまだアナタは馬鹿 嗚呼 何度誓っても何度祈っても    結局同じ人のまま 愛を歌っても性に縋っても 意味ないことと分かりながら 何度怒鳴っても 何度狂っても 優性人種が幅利かす やっと気付いたよ 凪いだ青春に棄てられた少年兵    海と酸素 ペトロと気遣い       それら浪費し今日も生きてる     羅針盤ならとうに朽ち果て 追い風さえ吹かないまま 分かった様な口を利くことなど まだまだ嫌だけど それを「器用」とも言わないか?  嗚呼 何度望んでも何度備えても 一寸先には闇の沼 ペンで綴っても情に浸っても    矛先見えぬ怒りばかり テンプレ通りの原文音読 恋愛文書で人は泣く 疎を漏らしてる天網恢々な 嘘つきに針千本 祈った幸だけ誰か呪うなど   アタシは本当に馬鹿 ヤダ ヤダ ヤダ 嗚呼 何度歌っても調が上がっても 何度誓っても何度祈っても   結局同じ人と知る ハッピーエンドもラッキーヒットも 奇跡も魔法もないなんて 何度怒鳴っても 何度狂っても 劣性人種に価値はなく やっと気付いたよ 凪いだ青春を棄てたのは少年兵  …というのは冗談です
灯火きっと二人は近づくほど愛が逃げていく 赤い糸何度も解けて結んで いっそこのまま何処か遠い遠い別の場所 二人で行けたらいいのにね わびしい街のさもしい灯り 抜けて君の家を見つけた 坂の上の赤い屋根の 家に君は暮らしているんだね 僕は想う 強く願う 変わらないままの君をいつか捕まえる どんな悲しい別れすら出会いの前触れで 仕方がない事 容易く言うけど そんな悲しみ痛み苦しみの一つさえも 味あわないで済みゃいいのにね 誰かが君を嫌う理由で 僕は君が好きだ いつでも 君が嫌う君が欲しい 僕も僕を好きにはなれないな 深い闇が包む夜は 透き通るような愛で僕を慰めて 嗚呼 未来は今日も淡々と 僕らを泣かせる事ばかりだな 燃ゆる君の灯に縋り生きる 僕は 僕は 呪いは未だ解けぬままだ 慣れただけで傷も減ってないけどさ その灯がもし消えそうなら 僕の全部を燃やしてくれても構わないから 忘れないで僕の中で君が生きる事をsyudou- 動画きっと二人は近づくほど愛が逃げていく 赤い糸何度も解けて結んで いっそこのまま何処か遠い遠い別の場所 二人で行けたらいいのにね わびしい街のさもしい灯り 抜けて君の家を見つけた 坂の上の赤い屋根の 家に君は暮らしているんだね 僕は想う 強く願う 変わらないままの君をいつか捕まえる どんな悲しい別れすら出会いの前触れで 仕方がない事 容易く言うけど そんな悲しみ痛み苦しみの一つさえも 味あわないで済みゃいいのにね 誰かが君を嫌う理由で 僕は君が好きだ いつでも 君が嫌う君が欲しい 僕も僕を好きにはなれないな 深い闇が包む夜は 透き通るような愛で僕を慰めて 嗚呼 未来は今日も淡々と 僕らを泣かせる事ばかりだな 燃ゆる君の灯に縋り生きる 僕は 僕は 呪いは未だ解けぬままだ 慣れただけで傷も減ってないけどさ その灯がもし消えそうなら 僕の全部を燃やしてくれても構わないから 忘れないで僕の中で君が生きる事を
爆笑圧倒的に多数の人が 無闇矢鱈と囃し立てる世じゃ 結局誰が悪いのかなんて 知らぬ存ぜぬ味方無し 人の背に立つ背に立つあなたの目 その目 その目が嫌い また安地でつぶやく僻み達 そりゃ勝っても負けても痛み無し 嗚呼 何も作れないまま 嗚呼 何も得られないままで さぁ何度も繰り返せ その価値の無いアイミスユー ワッハッハッハ 抱腹絶倒 惨めな輩に唾吐いて ガッハッハッハ 軽く一蹴 哀れみ込めた愛の讃歌 気にならない 気付きもしない 笑ってしまうぜ不完全体 この意味が分かるまでは ただ静かに笑ってんだ 「これを辞めろだ? そうか分かったぜ死ねってこったな?」 実の親さえも泣かせちゃった 俺の全部を喰らいな心して けど1番右の座 笑顔なし オーベイベーただ笑ってくれ 板の上のた打つ俺を そういつかは買い慣らす オーデマピゲ&デモン ワッハッハッハ 笑みと失笑 西の魔女送るリスペクト ガッハッハッハ 勝ちで実証 最下位経ての真の王者 好みじゃない 話したくない 狂ってもがいた2,3年後 邪論など掻き消す程 ほら誰もが笑ってんだ あなたが見て聴いた光たちは今もまだ 心を強く握って苦しませる 「笑われる」「笑わせる」の溝針落として 聴かせてやる だから この名前くらいは覚えて帰れ ワッハッハッハ 抱腹絶倒 惨めな輩に唾吐いて ガッハッハッハ 軽く一蹴 哀れみ込めた愛の讃歌 ワッハッハッハ 舐めて頂戴 予定調和などつまらんさ ガッハッハッハ 下劣上等 これが答えだ文句あるか 生か死か 伸るか反るか 打算的人生 丁半勝負 降りはせず昇り続けるただ 雨晒しだって独り泣いたって 出囃子は鳴ってんだsyudou- 動画圧倒的に多数の人が 無闇矢鱈と囃し立てる世じゃ 結局誰が悪いのかなんて 知らぬ存ぜぬ味方無し 人の背に立つ背に立つあなたの目 その目 その目が嫌い また安地でつぶやく僻み達 そりゃ勝っても負けても痛み無し 嗚呼 何も作れないまま 嗚呼 何も得られないままで さぁ何度も繰り返せ その価値の無いアイミスユー ワッハッハッハ 抱腹絶倒 惨めな輩に唾吐いて ガッハッハッハ 軽く一蹴 哀れみ込めた愛の讃歌 気にならない 気付きもしない 笑ってしまうぜ不完全体 この意味が分かるまでは ただ静かに笑ってんだ 「これを辞めろだ? そうか分かったぜ死ねってこったな?」 実の親さえも泣かせちゃった 俺の全部を喰らいな心して けど1番右の座 笑顔なし オーベイベーただ笑ってくれ 板の上のた打つ俺を そういつかは買い慣らす オーデマピゲ&デモン ワッハッハッハ 笑みと失笑 西の魔女送るリスペクト ガッハッハッハ 勝ちで実証 最下位経ての真の王者 好みじゃない 話したくない 狂ってもがいた2,3年後 邪論など掻き消す程 ほら誰もが笑ってんだ あなたが見て聴いた光たちは今もまだ 心を強く握って苦しませる 「笑われる」「笑わせる」の溝針落として 聴かせてやる だから この名前くらいは覚えて帰れ ワッハッハッハ 抱腹絶倒 惨めな輩に唾吐いて ガッハッハッハ 軽く一蹴 哀れみ込めた愛の讃歌 ワッハッハッハ 舐めて頂戴 予定調和などつまらんさ ガッハッハッハ 下劣上等 これが答えだ文句あるか 生か死か 伸るか反るか 打算的人生 丁半勝負 降りはせず昇り続けるただ 雨晒しだって独り泣いたって 出囃子は鳴ってんだ
狼煙あの歓楽街の場末のバーに 寄り道しなければ良かったんだ したら鮮血も汗も垂らさずに 楽にいれそうだった けど何万回やったってきっと あの歌にやられちまって最後 深い快楽奈落に堕ちていく 正攻法は歌わねぇ だって正解なんざ裏の裏 さぁ松明に火を灯せ その地の行く末 アナタの影 快楽に身を委ね 己が進めば道は遥か アナタが残した言葉なら それでも構わず受け止める また懐古を崇拝 烏合の集会 口揃え「あの頃は良かった」って 笑っちゃいるけど悲しい表情 そんな目で俺を見んな ただ何億回やったって絶対 またこの時代を選んで生きたい 息を吸って粋に生きイキるだけ それでも松明に火を灯せ 傷口を炎で焼いて塞げ 冷徹な眼差しに その身焦がれども進む業火 油は売らずに身に乗せる 愚か者が故登るだけ 大行進を引き連れとうとう 最前線へ殴り込み さぁ松明に火を灯せ その地の行く末 貴方の影 快楽に身を委ね 己が進めば道は遥か アナタが残した言葉なら それでも構わず受け止める 今馬鹿見る覚悟の愚直さで 仮面を脱ぎ捨て歩き出すsyudou- 動画あの歓楽街の場末のバーに 寄り道しなければ良かったんだ したら鮮血も汗も垂らさずに 楽にいれそうだった けど何万回やったってきっと あの歌にやられちまって最後 深い快楽奈落に堕ちていく 正攻法は歌わねぇ だって正解なんざ裏の裏 さぁ松明に火を灯せ その地の行く末 アナタの影 快楽に身を委ね 己が進めば道は遥か アナタが残した言葉なら それでも構わず受け止める また懐古を崇拝 烏合の集会 口揃え「あの頃は良かった」って 笑っちゃいるけど悲しい表情 そんな目で俺を見んな ただ何億回やったって絶対 またこの時代を選んで生きたい 息を吸って粋に生きイキるだけ それでも松明に火を灯せ 傷口を炎で焼いて塞げ 冷徹な眼差しに その身焦がれども進む業火 油は売らずに身に乗せる 愚か者が故登るだけ 大行進を引き連れとうとう 最前線へ殴り込み さぁ松明に火を灯せ その地の行く末 貴方の影 快楽に身を委ね 己が進めば道は遥か アナタが残した言葉なら それでも構わず受け止める 今馬鹿見る覚悟の愚直さで 仮面を脱ぎ捨て歩き出す
着火午後三時目を覚ます 無駄にした時間と害の無い現状に もう全部全部嫌になる 一本吸ってガムを噛み吐き捨てて 今日が終わっていく倦怠感に 右往左往して気づきゃgood night 顔面照らすライト of iPhone 画面にはタップ稼ぐための両極論 もうホントホント嫌になる 人生だってこの時の引き延ばし あっという間に終わってしまうんだって ふと気づいた瞬間 分かってどうか僕の事を 叫んでいるんだ僕はここだ 黙って泣いて誤魔化す なんて真似ばっかだけど あの日灯ったハートの火と   侮辱と揶揄の雨の中に 投げ捨てたメンソールの火は まだ燃えてるんだ 飲み切った缶ですら 僅かでも灰皿に成り代わる程度の 価値があるのだから 堕落した僕ですら 少しでも輝ける様な瞬間が あるというのならば ねぇ確かに夢や青春なんてのは一過性のもので      過ぎ去ってしまったら平熱の毎日だけど 頭の中で怒鳴ってるあのヤンキーの声が        もう切っても切っても鳴り止まない 笑ってどうか僕の事を 聞こえていますか僕はここだ 黙っていたって伝わる なんて訳ないんだからさ 正しいピックの握り方も 理屈もコードも何も知らず 鳴らしたあのサステインは まだ続いてんだ 待ってんの 黙ってんの 大人しく声を殺してんの ねぇ待ってんの 黙ってんの 何もせずただただ待ってんの いや分かってんだ分かってんだ 終わりは刻刻迫ってんだ じゃあどうすんだ 分かってんだ 死ぬまでに間に合え 歌っていくんだ 僕はここで 憂や後悔 全部乗せて 思い描いたみたいに カッコよくないけど 分かってどうか 僕の事を 叫んでいるんだ 僕はここだ 黙って泣いて誤魔化す なんて真似もうしないさ あの日捨てたメンソールの箱を ゴミん中から見つけて出して 残った一本に火をつけて 今始めるんだsyudou- 動画午後三時目を覚ます 無駄にした時間と害の無い現状に もう全部全部嫌になる 一本吸ってガムを噛み吐き捨てて 今日が終わっていく倦怠感に 右往左往して気づきゃgood night 顔面照らすライト of iPhone 画面にはタップ稼ぐための両極論 もうホントホント嫌になる 人生だってこの時の引き延ばし あっという間に終わってしまうんだって ふと気づいた瞬間 分かってどうか僕の事を 叫んでいるんだ僕はここだ 黙って泣いて誤魔化す なんて真似ばっかだけど あの日灯ったハートの火と   侮辱と揶揄の雨の中に 投げ捨てたメンソールの火は まだ燃えてるんだ 飲み切った缶ですら 僅かでも灰皿に成り代わる程度の 価値があるのだから 堕落した僕ですら 少しでも輝ける様な瞬間が あるというのならば ねぇ確かに夢や青春なんてのは一過性のもので      過ぎ去ってしまったら平熱の毎日だけど 頭の中で怒鳴ってるあのヤンキーの声が        もう切っても切っても鳴り止まない 笑ってどうか僕の事を 聞こえていますか僕はここだ 黙っていたって伝わる なんて訳ないんだからさ 正しいピックの握り方も 理屈もコードも何も知らず 鳴らしたあのサステインは まだ続いてんだ 待ってんの 黙ってんの 大人しく声を殺してんの ねぇ待ってんの 黙ってんの 何もせずただただ待ってんの いや分かってんだ分かってんだ 終わりは刻刻迫ってんだ じゃあどうすんだ 分かってんだ 死ぬまでに間に合え 歌っていくんだ 僕はここで 憂や後悔 全部乗せて 思い描いたみたいに カッコよくないけど 分かってどうか 僕の事を 叫んでいるんだ 僕はここだ 黙って泣いて誤魔化す なんて真似もうしないさ あの日捨てたメンソールの箱を ゴミん中から見つけて出して 残った一本に火をつけて 今始めるんだ
笑うな!一つくらい綻びがあるのが 味があるって思い詰め込んだ 蓋を開ければ沢山で笑われちまった 見つからないモノを探すよりも 今目の前のモノを愛しましょう したらすぐさま見つかって笑われちまった いつも空回るこの生き様を笑うんじゃねぇ! 僕ら人である事を選んで歌い上げるタイプ 頭の悪いとこも皆愛して欲しいんだよ 言葉足らずも笑ってくれないで 「いいよ多分」とかって言ったって 吹き出しそうだねアナタも そんな声が届くのをただ 待ってるんだよホラ 「聴いてます」ってだけで嬉しいが 貯金あるって方は遠慮なく 本音で固めたウォーアイニー ただ媚びへつらって 俺はただ俺に従う邪魔すんじゃねぇ! 僕ら独り抱えた不安も金に変えるタイプ 小賢しさすら愛しいんだと 誤解して欲しいんだよ エゴや業すら肯定してくれないか こんな曲聞くっていうこった はみ出し者だろアナタも 似た誰かと出会えりゃ人生 勝ってるんだよもう 一生終わんない問いの中で 一生止まんない愛の飢えを アナタの言葉で満たすから 僕ら人の弱さだって笑って向かい合えるタイプ 頭の悪いとこも皆愛してくれ この先も未来見守ってくれないか だからこの音でやってんだ 全ての原点はアナタよ そんな声が届くのをただ 待ってるんだよホラsyudouクールドジ男子 動画一つくらい綻びがあるのが 味があるって思い詰め込んだ 蓋を開ければ沢山で笑われちまった 見つからないモノを探すよりも 今目の前のモノを愛しましょう したらすぐさま見つかって笑われちまった いつも空回るこの生き様を笑うんじゃねぇ! 僕ら人である事を選んで歌い上げるタイプ 頭の悪いとこも皆愛して欲しいんだよ 言葉足らずも笑ってくれないで 「いいよ多分」とかって言ったって 吹き出しそうだねアナタも そんな声が届くのをただ 待ってるんだよホラ 「聴いてます」ってだけで嬉しいが 貯金あるって方は遠慮なく 本音で固めたウォーアイニー ただ媚びへつらって 俺はただ俺に従う邪魔すんじゃねぇ! 僕ら独り抱えた不安も金に変えるタイプ 小賢しさすら愛しいんだと 誤解して欲しいんだよ エゴや業すら肯定してくれないか こんな曲聞くっていうこった はみ出し者だろアナタも 似た誰かと出会えりゃ人生 勝ってるんだよもう 一生終わんない問いの中で 一生止まんない愛の飢えを アナタの言葉で満たすから 僕ら人の弱さだって笑って向かい合えるタイプ 頭の悪いとこも皆愛してくれ この先も未来見守ってくれないか だからこの音でやってんだ 全ての原点はアナタよ そんな声が届くのをただ 待ってるんだよホラ
結局結局なんにもできないな 結局なんにもできないな これは夜中酔う中綴る歌詞 そう言わんと恥ずかしくて歌えないな 周りがいつもキラついてる どうしたって比べちゃってキリないな嗚呼 今日も無呼吸のまま嫉妬の海を泳いで生きてるんだ 「歌うアナタにはこの気持ちは分からない」 そう何度聞いたか知らんし 「あの日みたく未来にゃもう不安にゃならんでしょ」 って言われたりするんだ でもやっぱ怖いんだよな 結局なんにもできないな 結局なんにもできないな 夜は夢見る故の自己嫌悪 ないものねだりばっかキリないな 絶対的な未来も等身大の幸せももう無いから どれだけ足掻けんのか それだけだな 若いうちならまだいいが 10年後何してっか見えますか 「ん~今日は終了!」が逃げ口上 酒飲んで布団に落ちてくんだ 刹那思うのはあの日見た夢模様 もう何個かしらは叶って 例え今終わってもそれなりになんてさ 思ったりするけど まだやっぱ終わりたくないから 泣く程の幸を受けたって深い愛を知れたって 次はなんだいまだ足んないなんて言う 生きてる限りでもでも この生き方を愛してるんだ 足るを知るが美しいなら今は醜くいたい 結局なんにもできちゃいない 結局なんにもできちゃいないが おごりより誇り持ち踊りたい だっていつだってさ 結局なんにもできちゃいない 結局なんにもできちゃいないが いつか金も名誉も手に入れて こんなん無価値だって言いてぇ インスタントな価値観に圧倒されてしまう様な日々の中 どれだけ自分でいれんのか それだけだなsyudou-結局なんにもできないな 結局なんにもできないな これは夜中酔う中綴る歌詞 そう言わんと恥ずかしくて歌えないな 周りがいつもキラついてる どうしたって比べちゃってキリないな嗚呼 今日も無呼吸のまま嫉妬の海を泳いで生きてるんだ 「歌うアナタにはこの気持ちは分からない」 そう何度聞いたか知らんし 「あの日みたく未来にゃもう不安にゃならんでしょ」 って言われたりするんだ でもやっぱ怖いんだよな 結局なんにもできないな 結局なんにもできないな 夜は夢見る故の自己嫌悪 ないものねだりばっかキリないな 絶対的な未来も等身大の幸せももう無いから どれだけ足掻けんのか それだけだな 若いうちならまだいいが 10年後何してっか見えますか 「ん~今日は終了!」が逃げ口上 酒飲んで布団に落ちてくんだ 刹那思うのはあの日見た夢模様 もう何個かしらは叶って 例え今終わってもそれなりになんてさ 思ったりするけど まだやっぱ終わりたくないから 泣く程の幸を受けたって深い愛を知れたって 次はなんだいまだ足んないなんて言う 生きてる限りでもでも この生き方を愛してるんだ 足るを知るが美しいなら今は醜くいたい 結局なんにもできちゃいない 結局なんにもできちゃいないが おごりより誇り持ち踊りたい だっていつだってさ 結局なんにもできちゃいない 結局なんにもできちゃいないが いつか金も名誉も手に入れて こんなん無価値だって言いてぇ インスタントな価値観に圧倒されてしまう様な日々の中 どれだけ自分でいれんのか それだけだな
邪魔今更何にも言わないが お前の態度が気に食わぬ 気配り上手で聞き上手 他言無用もお手の物 おまけに突飛な輩にも       小慣れた手つきで擬態処理      聖人君子の生き字引 不平不満も漏らさずに 誰彼皆々お前らの 味方になるけれど それでもアタシは許さない 認めない 人目避けて行こうぜ 死のみぞ一斉送信 嫉妬で駆けて行こうぜ 乳飲み子一転攻勢 アタシが善とは思わぬが お前が善などヘドが出る とは言え現世の目は明らか 自問自答で夜は暮れる 理屈や倫理や常套句 はたまた論拠さえ アタシの前では通じない 聞こえない 意味を殺してしまえよ 好きに狂ってしまえよ いつも呪って歌うよ 頬を通って伝うよ 御託に酔っておられますが さしずめあんたも個人主義 敵無く生きてく事なんざ 所詮お前にゃ無理なのさ 人目避けて行こうぜ 死のみぞ一斉送信 嫉妬で駆けて行こうぜ 乳飲み子一転攻勢syudou- 動画今更何にも言わないが お前の態度が気に食わぬ 気配り上手で聞き上手 他言無用もお手の物 おまけに突飛な輩にも       小慣れた手つきで擬態処理      聖人君子の生き字引 不平不満も漏らさずに 誰彼皆々お前らの 味方になるけれど それでもアタシは許さない 認めない 人目避けて行こうぜ 死のみぞ一斉送信 嫉妬で駆けて行こうぜ 乳飲み子一転攻勢 アタシが善とは思わぬが お前が善などヘドが出る とは言え現世の目は明らか 自問自答で夜は暮れる 理屈や倫理や常套句 はたまた論拠さえ アタシの前では通じない 聞こえない 意味を殺してしまえよ 好きに狂ってしまえよ いつも呪って歌うよ 頬を通って伝うよ 御託に酔っておられますが さしずめあんたも個人主義 敵無く生きてく事なんざ 所詮お前にゃ無理なのさ 人目避けて行こうぜ 死のみぞ一斉送信 嫉妬で駆けて行こうぜ 乳飲み子一転攻勢
馬鹿アナタは決して孤独じゃないのと 何回言わせりゃ気が済むの? 傷んでる手首を隠す癖 なぁそれすら洒落てる気がするの? 嗚呼どうしてアナタはそんな 酷い事すら平気で言うの 被害者意識ぶら下げるくらいが お似合いなんだよ 着飾ったそぶりが大嫌い 嫌になんだよ オマエを見ただけで ねぇイカれて廃れて頭を垂れて それでもオマエを愛しはしないから 奪われ貶され全部失くして 消せない傷を悔やんでいろ 大体こんな恵まれた今が 一生続くと誤解すんな さみしさを数字に変えること それだけは誰もアナタに勝てない 嗚呼糸屋の娘と同様 柔い目で人を殺すの 痛みや涙伴わぬ方が 残酷なんだよ なめきった態度が大嫌い 虚弱と自尊の二枚舌 ねぇオマエを取り巻くチンケなクズも 含めて必ず逃しはしないから ガラスの靴の期限が過ぎたら 奈落の底に落としてやる 嗚呼アナタの言葉が今日も 人を飲み込み馬鹿を増やすの 偽善者ぶって人を騙してちゃ おしまいなんだよ 着飾ったそぶりが大嫌い 嫌になんだよ お前を見ただけで ねぇ虚構の悲哀を演じてみせて 「世界で一番愛してるわ」だとか かくかくしかじか叫べども 世界はオマエが大嫌い さぁかまととぶるのも今夜が最後 明日の朝にはなんもありゃしないから 二度とは戻らぬ今日この時を オマエの瞳に焼き付けて 抱きしめてsyudou- 動画アナタは決して孤独じゃないのと 何回言わせりゃ気が済むの? 傷んでる手首を隠す癖 なぁそれすら洒落てる気がするの? 嗚呼どうしてアナタはそんな 酷い事すら平気で言うの 被害者意識ぶら下げるくらいが お似合いなんだよ 着飾ったそぶりが大嫌い 嫌になんだよ オマエを見ただけで ねぇイカれて廃れて頭を垂れて それでもオマエを愛しはしないから 奪われ貶され全部失くして 消せない傷を悔やんでいろ 大体こんな恵まれた今が 一生続くと誤解すんな さみしさを数字に変えること それだけは誰もアナタに勝てない 嗚呼糸屋の娘と同様 柔い目で人を殺すの 痛みや涙伴わぬ方が 残酷なんだよ なめきった態度が大嫌い 虚弱と自尊の二枚舌 ねぇオマエを取り巻くチンケなクズも 含めて必ず逃しはしないから ガラスの靴の期限が過ぎたら 奈落の底に落としてやる 嗚呼アナタの言葉が今日も 人を飲み込み馬鹿を増やすの 偽善者ぶって人を騙してちゃ おしまいなんだよ 着飾ったそぶりが大嫌い 嫌になんだよ お前を見ただけで ねぇ虚構の悲哀を演じてみせて 「世界で一番愛してるわ」だとか かくかくしかじか叫べども 世界はオマエが大嫌い さぁかまととぶるのも今夜が最後 明日の朝にはなんもありゃしないから 二度とは戻らぬ今日この時を オマエの瞳に焼き付けて 抱きしめて
魔王最初に一言俺は強い 今日も奇をてらいつつも普遍的 最強の一言これに尽きる もう言うまでもないね  それを知りもせずに消えた馬鹿な人 口で言っても分からねぇ奴は 殴ってしまえ yeah! 俺に気安く話しかけるな yeah! 恥を知れ 頭が高いぞ    オマエの一年俺の一秒 不可能を可能にした一般人 年収もセンスも美徳も無い あの男とその後お幸せかい 一生淑女を演じてろ その罪を数えてろ 白黒はピアノに叩きつけちまえ ドレミファソラシのアナグラムで 歌ってしまえ yeah! 俺の名を二度と口にするな yeah! 身の程と分をわきまえろ 邪隠した縦縞スーツ オマエを壊した張本人 お父さん お父さん 魔王は今 知らない誰かと知らぬ街で 笑って暮らしているんやろか 死ぬ程どうでもええがな yeah! 俺を端的に表すな yeah! 愛し尽くせ骨の髄まで  yeah! 跪け命乞いをしろ yeah! 対等などと思うな ヤリたがりでも泣きたがりでもない 成りたがりから成り上がる様に くだらない俺はただ上がるだけ 世間に唾吐く非国民syudou-最初に一言俺は強い 今日も奇をてらいつつも普遍的 最強の一言これに尽きる もう言うまでもないね  それを知りもせずに消えた馬鹿な人 口で言っても分からねぇ奴は 殴ってしまえ yeah! 俺に気安く話しかけるな yeah! 恥を知れ 頭が高いぞ    オマエの一年俺の一秒 不可能を可能にした一般人 年収もセンスも美徳も無い あの男とその後お幸せかい 一生淑女を演じてろ その罪を数えてろ 白黒はピアノに叩きつけちまえ ドレミファソラシのアナグラムで 歌ってしまえ yeah! 俺の名を二度と口にするな yeah! 身の程と分をわきまえろ 邪隠した縦縞スーツ オマエを壊した張本人 お父さん お父さん 魔王は今 知らない誰かと知らぬ街で 笑って暮らしているんやろか 死ぬ程どうでもええがな yeah! 俺を端的に表すな yeah! 愛し尽くせ骨の髄まで  yeah! 跪け命乞いをしろ yeah! 対等などと思うな ヤリたがりでも泣きたがりでもない 成りたがりから成り上がる様に くだらない俺はただ上がるだけ 世間に唾吐く非国民
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

syudou 歌詞一覧リスト