リボンの歌詞 井上苑子

『井上苑子 - リボン』収録の『ハレゾラ』ジャケット
  • 作詞:
    井上苑子
  • 作曲:
    井上苑子

ステータス:

公式 フル

井上苑子「リボン」歌詞

冷たい風が 吹きつけるから
かさついた心を潤すように
好きな匂いの リップクリームをつけよう
だんだんと 瞳が緩んだ
チョコレートみたいに
ほろ苦くて変わらない優しさで


あなただけでも守れたら よかったな
よかったのにな


やけに 煌めいた街並みに
背を向けた姿に今 精一杯の手を振るんだ
それでも振り返らないでいて
目を見たら駆け寄ってしまいそうだから
心に リボンをかけて
甘い甘い日々を 溶けるまで味わわせて


優しいその顔を 思い出せるのは
終わりを知ったからなのかな
表情の少しの違いも わかってあげられたらな


あなたにとっては どんな日々でしたか?
甘い味はしましたか?
その手を離すつもりなんて なかったのに
離れてしまった


やけに 煌めいた街並みは
あなたが そばにいたら本当は きっと
全然 違ったんだろうなあ


煌めいた街並みに
背を向けた姿に今 精一杯の手を振るんだ
振り返らないのは知ってるよ
誰よりも強くて優しい人だから
心に リボンをかけて
甘い甘い日々を 大切に最後まで味わうの


『井上苑子 - リボン 歌詞』収録の『ハレゾラ』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.04.22
  • 曲名:
    リボン
  • 歌手:
    井上苑子
  • 作詞:
    井上苑子
  • 作曲:
    井上苑子
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE