わたしの音の歌詞 わたしのね 大森元貴

『大森元貴 - わたしの音』収録の『French』ジャケット
  • 作詞:
    大森元貴
  • 作曲:
    大森元貴

ステータス:

公式 フル

大森元貴「 わたしの音 」歌詞

一つ二つの愛の言葉
またほら減るばかりで
今日で一体何個目?
貴方への失望と


無論この私には
言葉投げかけることも出来ず
今日も朝まで泣いたよ
私への失望


一つ二つの愛の言葉
三つ四つの我の歌を
わたしの音(ね)にして
歌って
貴方の背中にもたれながら


鼻歌でもいいから
貴方の呼吸を見せて
一秒でも私が生きてるって
知らせて


貴方が歌って
私は眼を瞑り
瞼の裏で観てる
世界の歌


寂しさを隠しながら
私はゆらゆらと生きてます
裏切られるのは
「期待」したからだと
信じれば信じる程虚しく
感じるのは私だけかなと
裏も無し恋とは
心(うら)が在る思いとは何?


背中に持たれながら
唄う


『大森元貴 - わたしの音 歌詞』収録の『French』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.02.24
  • 曲名:
    わたしの音
  • 読み:
    わたしのね
  • 歌手:
    大森元貴 (おおもりもとき)
  • 作詞:
    大森元貴
  • 作曲:
    大森元貴
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

大森元貴 『わたしの音』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE