キヨサク(MONGOL800)「親を想う」歌詞

何も知らずに 逆らっていた
汗かく姿 見ようともせず
世代だ時代 きっとわからない
決めつけていた 子供の僕は


風邪を引いても 落ち込んでても
電話の向こう側 気付いてくれる
温かい声 優しく背中を押してくれる
あなたの声


今はまだいいさ 言い訳ばかり
情けないけど 過ぎる毎日
変わりゆく自分 急ぐ自分に
今さら届く いつもの言葉


今だから言える 聞いて欲しい
恥ずかしいけど 伝えたいんだ
変わらぬ愛情 注ぐあなたに
今なら言える 僕の想い


ありがとう
嗚呼


『キヨサク(MONGOL800) - 親を想う 歌詞』収録の『』ジャケット
シェアリンク
曲名: 親を想う
歌手: キヨサク(MONGOL800)
作詞: 篠原誠
作曲: キヨサク(MONGOL800)
ステータス:

もし修正があれば、一緒に改善しましょう:

『公式の歌詞がリリースされ次第このページを更新します』

キヨサク(MONGOL800)『親を想う』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE