みらいのうた 歌詞吉井和哉

『吉井和哉 - みらいのうた』収録の『みらいのうた』ジャケット
  • 作詞:
    吉井和哉
  • 作曲:
    吉井和哉
シェア:

吉井和哉「みらいのうた」歌詞

何もかも嫌になった こんな時何をしよう
信じてたあの人も しょうもない嘘ついた


小さな部屋の隅でギターを弾きながら
心の形に溜まっていく吸い殻よ


いつか全てが変わるなら今日もただ歌おう
いろいろいろんなこと知ってしまう前に
僕の過去は僕のメロディになるから
怖くはない 未来の歌


行き先が変わる時 訪れる
強い痛み


幼い記憶だから寂しく思うけど
貝殻に耳を当てながら見た海よ


君が笑顔になるのなら今日もただ歌おう
怒りもあるならば素直に出せばいい
この場所のここからたまらなく好きだよ
狭いベッドがステージになる


柔らかい風が頬を撫でる
果てしなく続いてく若草よ


いつか全てが変わるなら今日もただ耐えよう
何度も何度でも立ち上がってみせるよ
いつかここから消えるなら今日もただ歌おう
いろいろいろんなこと知ってしまう後も
君と僕を繋ぐメロディになるなら
怖くはない 未来の歌
いつか叶え
未来の歌


『吉井和哉 - みらいのうた 歌詞』収録の『みらいのうた』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.08.06
  • 曲名:
    みらいのうた
  • 歌手:
    吉井和哉
  • 作詞:
    吉井和哉
  • 作曲:
    吉井和哉
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

吉井和哉 『みらいのうた』の MV / PV

「みらいのうた」のリリース情報

吉井和哉の新曲「みらいのうた」が流れる動画配信サービス・Disney+(ディズニープラス)の新テレビCM「挑戦」編が、8月1日(日)よりオンエアされる。


CMは吉井の穏やかな中にも芯の強さを感じる歌声と、何度も挑戦して立ち上がるディズニー、ピクサー、マーベル、「スター・ウォーズ」、ナショナル ジオグラフィックの登場キャラクターたちの姿が重なり、挑戦するすべての人々の背中を優しく押してくれるような内容となっている。


この曲は吉井の新レーベル・UTANOVA MUSiCより8月6日に配信リリースされることが決定。配信ジャケットは現代美術作家・興梠優護が「人の性別・年齢・人種・時間や世紀のボーダーが、曖昧に移り変わっていく多様な姿」をイメージして制作したという油彩作品「l 111」の一部が使用されている。


なおCMでは「スター・ウォーズ」シリーズでオビ=ワン・ケノービや、「ズートピア」でニック・ワイルドの日本版声優を務める森川智之がナレーションを担当し、「自分を信じ前に進む、最後までにあきらめない一人一人が勝者だ」と語りかける。同時にオンエアがスタートする「仲間」編では、キャプテン・マーベルの日本版声優を務める水樹奈々、「5ブランド」編では「アナと雪の女王」シリーズでオラフの日本版声優を務める武内駿輔がナレーションを担当している。


「吉井和哉」コメント

2020年のある日、この曲が僕のスマホのボイスメモの中に生まれました。シンプルな言葉とシンプルなメロディで、誰にでも口ずさんでもらえるような歌を完成させてみたいと思いました。大人から子供まで、誰もが簡単に口ずさめるような歌を」とコメント。CMで使用されることについて「そんな自分の半生を締め括るようなこの楽曲が、この度ディズニープラスのCMソングに使っていただけることになりました。初めて映像の中で流れるこの曲を聴いた時、まるでこのCMのために作られた曲のようで驚きました。子供や大人たちのみらいがhappyになりますように


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ