パンスペルミア 歌詞神様、僕は気づいてしまった

『神様、僕は気づいてしまった - パンスペルミア』収録の『パンスペルミア』ジャケット
  • 発売:
    2021.06.11
  • 作詞:
    Heito Higashino
  • 作曲:
    Heito Higashino
シェア:

ステータス:

公式 フル

神様、僕は気づいてしまった「パンスペルミア」歌詞

危言危行の戒律 道聴塗説ばかりの祭祀に
感傷の詩歌じゃ 少年は救えなかった
孤陋寡聞の対立 その鐘を鳴らした首謀者は
天道に蓋をして 劇場に火を放っていた


人心はクラックされた 僕らに残された正義とは何だろう


戻れないよ 戻せないよ これが僕ら選んだ世界
譲れないよ この願いだけは 命を繋ぐから
わからないよ わからないよ 僕らどうして壊してまで
手にしたいの 正しさを測る スケールなど無いのに


全部を薙ぎ払うほど木霊する 旗を翳した
僕らの掲げるパンスペルミア


万有内在神論の遍在 形骸化した全能のパラドックス
酸化した思想の分け前を 天使は容易く奪った


右往左往の終幕 草臥れてしまった祈祷師は
血迷った面をして 白兵を振り回していた


人倫の命日に 僕らが息をする意味とは何だろう


戻れないよ 戻せないよ これが僕ら選んだ世界
この手さえも 汚れていくなら その瞳で受け止めて
この時代を この未来を それが煤けた影であれ
仕方ないと 顔を背ける つもりなどないから


揺るがないよ 揺るがないよ これが僕ら選んだ世界
譲れないよ この願いだけは 命を繋ぐから
叶わないと 届かないと 僕ら声を殺してまで
命拾いの 一芝居見せる 所以など無いだろ


全部を薙ぎ払うほど木霊する 旗を翳した
いつかの泣きじゃくった除け者の僕らは 間違っちゃいなかった
翻すのは他でもない この手次第だ
僕らの掲げるパンスペルミア


『神様、僕は気づいてしまった - パンスペルミア 歌詞』収録の『パンスペルミア』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.06.11
  • 曲名:
    パンスペルミア
  • 歌手:
    神様、僕は気づいてしまった
  • 作詞:
    Heito Higashino
  • 作曲:
    Heito Higashino
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

神様、僕は気づいてしまった 『パンスペルミア』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ