はつこい

初恋 歌詞戌亥とこ

『戌亥とこ - 初恋』収録の『初恋』ジャケット
  • 投稿:
    2021.10.19
  • 作詞:
    山本恭平(Arte Refact)​
  • 作曲:
    山本恭平(Arte Refact)
シェア:

戌亥とこ「初恋」歌詞

重なる思ひ 恋の樹の下で
傍らに立つ 君が問う
林檎畑に出来た細道は
誰が踏みそめしかたみぞと


あげ初めし前髪
林檎のもとに見え
前にさした花櫛
君を花のように思ふ


葉擦れの音は碧く
木立の陰に潜み
落葉はやがて 紅く染まり
ふたりふと目を見合わせて


溢れる思ひ 秋の樹の下で
人こひ初めし はじめなり
やさしく白き 君のその肌に
薄紅がよく似合った


伸びた髪を 結い上げて
林檎のもとへゆく
あなたがそこに居ると
なぜかとても嬉しくなる


手にした林檎の実に
思ひの丈を乗せて
このこゝろが届くようにと
そっと あなたに手渡した


溢れる思ひ 秋の樹の下で
すっとあなたに寄りそって
薄紅の恋と呼ぶのなら
林檎のように甘く薫り


かゝったためいきが髪を揺らして
寄りかゝったあなたの傍
重なる鼓動さえ愛おしいと
いたづらのように微笑んで


重なる縁 恋の樹の下を
ふたり寄り添い歩みゆく
林檎畑の恋と呼ぶのなら
進む細道は誰が踏みそめしと
見つめ合うときぞこひしけれ


『戌亥とこ - 初恋 歌詞』収録の『初恋』ジャケット
シェアしよう!
  • 投稿日:
    2021.10.19
  • 曲名:
    初恋
  • 読み:
    はつこい
  • 歌手:
    戌亥とこ (いぬいとこ)
  • 作詞:
    山本恭平(Arte Refact)​
  • 作曲:
    山本恭平(Arte Refact)
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

戌亥とこ 『初恋』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ