2018.3.2 歌詞般若

『般若 - 2018.3.2』収録の『2018.3.2』ジャケット
発売:
2022.03.02
作詞:
般若
作曲:
般若・NAOtheLAIZA

般若「2018.3.2」歌詞

地元にも近く仕事もしやすく
日当たりの良い2LDK
5度目の年を越し 仲間と飲んで
「後悔はしたくねえな」
とか言い切る人生
スーパーまで徒歩5~6分ってとこ
雨が降ると階段はキュッキュッて音
低層のマンション202
都会の喧騒とは少し離れ
綺麗な三日月
目を閉じかけた冬 もう少しで春
1ヶ月後にゃ桜か…
ねえ、見た事はある?
痛かったね 寒かったね
お腹空いたね
違う形で会いたかったね
そこに居た事知らなかった
普通に過ごしてたよ2~3ヶ月間
暗い部屋から君が見てたあの街灯
大丈夫もう怖い事なんて無いよ


2018.3.2金曜17:00過ぎ
急に近づくサイレンの
音と共に止まった消防車
隊員は火の手なんて無えって表情さ
男が2階から「救急車」
と叫び奇妙だって思うのには充分だ
救急隊員取り囲む1ヶ所
その数分後悪夢だって事を知ったよ
土色の顔 案山子みてえな足
タンカ乗せられた女の子
運ばれてくその先
赤子抱えた女合ってねえ目の焦点
「俺は何を見ている?」
思ったのは当然
2階から叫んだ男が出てきた
後に何度も見たうつむいてたよな?
TVじゃ
「船戸雄大」不貞腐れた表情
「パパ怖い」息子が言った
「ああお家へ入ろう」
夜8:00の来訪者は刑事
最悪のイメージ
未だ考えさせられてる正義
眠れない夜明け
マスコミと規制線
交通整理警官涙最悪の事件性


家に居られねえ
だから車に乗り飛び出した
夕べの事あのコの事マジかよ…
もしかしたら
泣き叫べば絶対に家に届く範囲
何気無い毎日
何でこんなタイミング?
取材陣5~6人 事実告げたこの口
隣人の白い目だから何だ?
聞こえねえ
ひな祭りにひざまづき
あの電柱に花束
小さい子がお菓子を置く
涙流すママパパ
夜になると全てを捨てる大家見てて
春が近い季節なのに
戻る様に冷えてく
朝方に供えられた
菓子持ってくカラス
警察マスコミ依然目撃者を探す
アスファルトに連日はみ出していた
表情の無い人形見て
胸張り裂けていた
ぶっちゃけ何も出来ず
見てただけのこの俺の記憶と
世間のズレや野次馬共に
マジで殺すぞ
手を合わせ花を手向け
その中でシャッター
押した奴の気持ちなんか
わからねえよたった
5年間で散った
命の数メーター
先のマンションに住んで
一瞬で知った
全て居なくなった誰も見なくなった
すぐ近くだった すぐ近くだった
運ばれてく身体忘れないからな
俺がそっち行った時は遊ぼうまたな


般若『2018.3.2』の 詳細

『般若 - 2018.3.2 歌詞』収録の『2018.3.2』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.03.02
曲名:
2018.3.2
歌手:
般若
作詞:
般若
作曲:
般若・NAOtheLAIZA
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

般若 2018.3.2 歌詞