手練手管の歌詞 Creepy Nuts

  • 作詞:
    R-指定
  • 作曲:
    DJ松永

ステータス:

公式 フル

Creepy Nuts「手練手管」歌詞

導かれるまま
誘われるまま
音のうねりの中
手招きする方へ
身悶えしながら
丸め込まれて行く
酔っ払った勢いで
あの日取っ払った境界線
全てひっぺがした偽りの仮面
酔っ払った勢いで
あの日取っ払った境界線
手練手管で絶頂へと誘う


俺ら怪しいモンじゃござぁせん
まずはこじ開けるそのかたく閉じたドア
ハナから開く気もありゃせん
そこのドたわけ
その鼻っ柱折るため
高座上がった前座噺家
偉そうなどこかの誰かが
したり顔でふりかざす正論
だまらすこのmicrophone
逃げ口上 詭弁暴論
Welcome to the ダメ人間工場
戯言、たわごと
業の肯定が俺の仕事
Check out my タン&フィンガー
その体あずけてみな
Don’t stop da music
へらず口
コイツで狙い撃ち


導かれるまま
誘われるまま
音のうねりの中
手招きする方へ
身悶えしながら
丸め込まれて行く
酔っ払った勢いで
あの日取っ払った境界線
全てひっぺがした偽りの仮面
酔っ払った勢いで
あの日取っ払った境界線
手練手管で絶頂へと誘う


俺も最初は変だと思いました
しかも何か怖いなと思いました
危ないんじゃないかと構えました
でも触れてみた怖いもの見たさで
ビートに首を縦にふった 回りの大人は横にふった
耳でよっぱらい脳でトんだ 病みつきになってた妙な感覚に
規則的な一定のグルーヴが規則的毎日を狂わした
始めて韻を踏んだ瞬間 俺は人生のレールを踏みハズした
回り回ってお前の耳元 夜ごと世迷い事 四の五の
年の頃十四五六のガキから
果ては還暦 または乳飲み子まで
その気にさせる口車
のっかった奴から伝播伝播
1人2人増える感染者
お前もとうに頭ふってんじゃん


導かれるまま
誘われるまま
音のうねりの中
手招きする方へ
身悶えしながら
丸め込まれて行く
酔っ払った勢いで
あの日取っ払った境界線
全てひっぺがした偽りの仮面
酔っ払った勢いで
あの日取っ払った境界線
手練手管で絶頂へと誘う


潜り込んだが最後
just all night long
彷徨う迷路


入り乱れる愛憎
all eyes on me
歪な音色


重ね合わす体温
just all night long
深き瞑想


待ちわびてる合図を
all eyes on me
just play my song


シェアしよう!
  • 発売日:
    2018.04.11
  • 曲名:
    手練手管
  • 歌手:
    Creepy Nuts (クリーピーナッツ)
  • 作詞:
    R-指定
  • 作曲:
    DJ松永
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE