幽霊失格の歌詞 ゆうれいしっかく クリープハイプ

『クリープハイプ - 幽霊失格』収録の『幽霊失格』ジャケット
  • 作詞:
    尾崎世界観
  • 作曲:
    尾崎世界観

ステータス:

公式 フル

クリープハイプ「幽霊失格」歌詞

そんな夜を一人で歩いてる
ふいに後ろで誰かの気配がして
振り向いても誰もいないのはわかってるけど
夜の道を猫背で歩いてる
まるで飼い主を探す犬みたいだな
ガラスに映るのは君の幽霊


化けて
顔色悪い ちゃんと食べてる
怖いどころか心配だよ
寝る前に繋いだ熱い手を 寝起きで開けただるい目も
思い出させてばかり 君は幽霊失格


今日は珍しくまだついてくる
懐かしいとはしゃぎながら部屋のドアを通り抜ける さすが幽霊


抱きしめたとき 触れなくても
ちゃんと伝わるそんな霊感
座って用を足す癖 今でもまだ直らないまま
つくづく犬みたい


せっかくの丑三つ時なのに眠そうで
気づけばいつの間にか寝息を立ててる
まるでこの世のものとは思えない
写真にだけ写る美しさ


分けて
悲しいことも 苦しいことも
怖いどころか嬉しいんだよ
成仏して消えるくらいなら いつまでも恨んでて
なんて言わせる 君は幽霊失格


『クリープハイプ - 幽霊失格 歌詞』収録の『幽霊失格』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.09.18
  • 曲名:
    幽霊失格
  • 読み:
    ゆうれいしっかく
  • 歌手:
    クリープハイプ
  • 作詞:
    尾崎世界観
  • 作曲:
    尾崎世界観
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

クリープハイプ 『幽霊失格』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

新着&おすすめ
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE