よみ:
やてん

夜天 歌詞女王蜂

『女王蜂 - 夜天』収録の『夜天』ジャケット
発売:
2021.01.27
作詞:
薔薇園アヴ
作曲:
薔薇園アヴ

女王蜂「夜天」歌詞

たとえば言葉の総てに力を失くしたとしても
誰かのことを思う心に嘘も偽りもなく
ひたむきな美しさは切なさや儚さを越えて
呆れるほどに高く深く さあ、どこへだってゆける


ジョークを考えるより茶化すことのほうが
とても楽なのにそれを選べないひとたち


思い詰めてしまった夜の果てわたしたちは出逢い
持ち寄る孤独は灯火のように、胸に宿る


季節たちよりも豊かで時計の針より確かな
かけがえのない何もかも総て そう、いつだって試されてる


深く隔てている悲しみに呑まれて
繋いだ手を弾く 痛みが走ってゆく


もしも、ほんとうの意味でやり直す方法が最後の手段だとしても
砂時計の残り一粒残らず好きに染めて使い切るだけ


寂しさ立ち込め輝く星は
強く抱き合う程に砕けては光り いつか


あの頃には戻れないことを思い知るの
それでも喜びはいつも見出すものと、忘れないでいたい


思い詰めてしまった夜の果てわたしたちは出逢い
持ち寄る孤独は星たちのように、胸に宿り
胸に宿し続ける


女王蜂『夜天』の 詳細

『女王蜂 - 夜天 歌詞』収録の『夜天』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2021.01.27
購入:
曲名:
夜天
よみ:
やてん
歌手:
女王蜂 (じょおうばち)
作詞:
薔薇園アヴ
作曲:
薔薇園アヴ
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

女王蜂 『夜天』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

女王蜂 夜天 歌詞