『女王蜂 - 先生』収録の『十』ジャケット

先生 歌詞 女王蜂


Sensei Lyrics
先生 歌詞
歌手:女王蜂

眠剤入りのコーヒーを飲んで うつらうつらしてる ここ旧視聴覚室でわたしたちは 結んで開いて 放課後わたしだけが見れた 伸びた無精髭が好きだったよ 見逃して探り合うことで 手を打ったあの日

先生 なんでわたしじゃないの? 先生 なんでわたしじゃないの?

禁断の恋愛ごっこにとても背伸びしてる ここに辿り着くためにぼくたちは 結んで繋いで 「大人になれる方法だった」なんて思わないで欲しかったんだ 溶け残りを飲み干して眠るよ 手は離さないで

先生なんて誰でもないよ 先生だったら誰でもいいの?

発売日:2019.05.22
作詞:薔薇園アヴ
作曲:薔薇園アヴ
ステータス:公式フル
Sensei Lyrics
Artist:QUEEN BEE

minzai iri no koohii wo nonde utsurautsura shiteru koko kyuu shichoukakushitsu de watashitachi wa musunde hiraite houkago watashi dake ga mireta nobita bushouhige ga suki datta yo minogashite saguriau koto de te wo utta ano hi

sensei nande watashi janai no? sensei nande watashi janai no?

kindan no renai gokko ni totemo senobi shiteru koko ni tadoritsuku tame ni bokutachi wa musunde tsunaide “otona ni nareru houhou datta” nante omowanaide hoshikattan da tokenokori wo nomihoshite nemuru yo te wa hanasanaide

sensei nante dare demo nai yo sensei dattara dare demo ii no?

Release:2019.05.22
Did we help?:Send us a tip!
Status:OfficialFull
NO TRANSLATION IS CURRENTLY PLANNED High-quality translations take time—your support helps us to continue bringing you the best! Please check our Patreon page for ways you can contribute to our work!
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense