女王蜂 黒幕 歌詞

『女王蜂 - 黒幕』収録の『BL』ジャケット
  • 発売:
    2020.02.19
  • 作詞:
    薔薇園アヴ
  • 作曲:
    薔薇園アヴ
シェア:

ステータス:

公式 フル

女王蜂「黒幕」歌詞

夕立に立ち尽くす
傘はあるけどさせず
横殴る雨たちがこの街を流してく


たのしげな声と列
ハーメルンは笛を吹く
かかしは行き止まりにドアノブさえ撚れずに


戻りたい?戻れないくらい判ってるくせに
誰も知らないわたしになれば


幕が上がるから、なにもかも忘れたふりが出来るの
光よこの正体を誰よりも美しく間違えてよ さぁ!


さあやるか やれよ やられるまえに
どこの誰に 誰かにされるまえに
ここはファイトクラブ最後まで逃げ出せない奴だけのステージ
身を寄せ合えば消えるそんな孤独の類
それでも胸に降りる この黒い帳と、おり


戻りたい 戻れない
悲しくなるまえに
たのしくしてくわたしになれば


幕が上がるから、なにもかも忘れたふりが出来るの
名前も知らないであなたのことさえ歌えるくらいに


もしも黒い鳥になってこの広い孤独を駆けられたなら、どう生きたでしょう


なにもかも忘れたふりが出来るの
「誰かの為」なんて 言いたくないもの聞きたくないでしょう?


幕が上がるから、なにもかも忘れたふりが出来るの
光よこの正体を誰よりも美しく間違えてよ さぁ!


『女王蜂 - 黒幕 歌詞』収録の『BL』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.02.19
  • 曲名:
    黒幕
  • 読み:
    くろまく
  • 歌手:
    女王蜂 (じょおうばち)
  • 作詞:
    薔薇園アヴ
  • 作曲:
    薔薇園アヴ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ