よみ:
ひのとり

火の鳥 歌詞女王蜂

『女王蜂 - 火の鳥』収録の『KING BITCH』ジャケット
発売:
2021.10.27
作詞:
薔薇園アヴ
作曲:
薔薇園アヴ

女王蜂「火の鳥」歌詞

朝焼けのネオンの街
気だるそうにかかと鳴らす
銀幕の中の人よりも鮮明な赤い衝撃


メス猫を飼っている事と
香水つける人が好きだと
言う以外はなにも知らぬ
謎めくきみへの種明かし


ファスナーを開ける音
何故か勝手知ったように滑るあなたの指
いまは愛せても続けてゆく自信がないわ、わたし
ほうら一晩でこんなにも燃え上がる


火が点くところ眺めていたいの
広がる赤に酔いしれていたいの
ちょっとやそっとで消えないで欲しいの
業火に成ってあなたを襲う
坊やお逃げなさい
鳥の目をした女に気をつけて
危ない火遊びを、お慎みあそばせ


なにも手に付かぬ昼下がり
いても立っても居れず駆け出し
ビルの街にてきみを待つ
焦れて雲行き、赤い嵐


急な誘いに「どうしたの?」
情けがないね惚れたら腫れる
白ばくれたなら恋煩い
馬鹿に付ける薬を捌くきみ


ファスナーを上げる音
なにひとつ誓わずに消えるきみ、その背に
「振り返るな」なんて期待している
どうかしてるだろう?
ほうら一晩でこんなに膨れ上がる


火が点くところ眺めてたいの
広がる赤に酔いしれていたいの
ちょっとやそっとで消えないで欲しいの
業火になってあなたを襲う
どうか踊りたい
暗がりのきみのその手を手繰り寄せて
危ない火遊びを心燃えるままに


ネイルを剥いじゃう癖がある
高いお酒じゃ酔えないの
今夜は二人でどうしよう?
ああ、やっと手に入れた色仕掛け


エスカレーターが昇るとき
待てないふたりが息をのむ
後悔しないと言い切れる?
焦らすなよ、これ以上


ファスナーを開けるたび
広がった期待から急になにかよぎる
身ぐるみ剥がすのに慣れたはずの
この手が震えてる
唇が震えだす、きみの目がぼくへ向く


広がる赤に酔いしれていたいの


さようなら
あなただけと誓ったとこで
心の中には残らない、隅の隅まで何もない
だから火を点けましょう
せめて燃え上がらせましょう
火が点くところ眺めていたいの
広がる赤に酔いしれていたいの
ちょっとやそっとで消えないで欲しいの
業火に成ってあなたを襲う
「色欲の心はよく燃えるのよ」


女王蜂『火の鳥』の 詳細

『女王蜂 - 火の鳥 歌詞』収録の『KING BITCH』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2021.10.27
購入:
曲名:
火の鳥
よみ:
ひのとり
歌手:
女王蜂 (じょおうばち)
作詞:
薔薇園アヴ
作曲:
薔薇園アヴ
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

女王蜂 火の鳥 歌詞