こうえんどおり

公園通り 歌詞ゆず

  • 発売:
    2018.05.29
  • 作詞:
    北川悠仁
  • 作曲:
    北川悠仁
シェア:

ステータス:

公式 フル

ゆず「公園通り」歌詞

公園通りで こんにちは
懐かしいあの頃に出会ったんだ
ひた向きで いつもがむしゃらで
ずっと夢を見ていた


なけなしの小銭で粘る
「まったく、東京の喫茶店は高いな」とボヤく
クスクス隠れて笑いながら 時間を持て余してた


なんでだろう わけもなく泣けてくる


もう二度と戻れない日々を
こんなに幸せな今があるのに
交差点の信号が赤に変わる
足を止め振り返れば 昨日が遠ざかる


バイトで貯めた 7万5千円
ニケツで捕まった罰金は痛かった
来週は ついに御茶ノ水まで
アコギを買いに行くんだ


あんな風にはもう 笑い合えなくても


霞んで見える景色達
あんなに澄んでいた空でさえも
目頭を抑え ため息ひとつ でも
僕を必要としてくれる人がいるんだ


もう一度前に歩き出すよ
こんなに幸せな今があるから
交差点の信号が青に変わる
何事もなかったように 明日へまた進む


公園通りで さようなら
懐かしいあの頃に手を振る
ひた向きで いつもがむしゃらで
ずっと夢を見ていた


ずっと夢を見ていた


シェアしよう!
  • 発売日:
    2018.05.29
  • 曲名:
    公園通り
  • 読み:
    こうえんどおり
  • 歌手:
    ゆず
  • 作詞:
    北川悠仁
  • 作曲:
    北川悠仁
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

ゆず 『公園通り』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ