『松任谷由実 - 散りてなお 歌詞』収録の『深海の街』ジャケット 公式 フル

散りてなお 歌詞

歌手
松任谷由実

松任谷由実「散りてなお」歌詞

さらさらと枯れさわぐ 川原ゆく光と影
今はなき故郷と 同じ匂いの風わたる


目を閉じればすぐ会える 巡り来る春に


散りてなお 咲いている 君の面影胸に
またひとり歩き出す 金色に頬を染めて


過ぎし日の約束は 叶うことなくほどけて
今もまだ揺れている 心の水面さざめかせ


手を伸ばせばふれられる 時の後ろ髪


いつの日か帰らむと 想い描く景色は
現し世に もう無いのに 誰も消し去れはしない


いつか来た道をたどり 橋渡れば
何事もない賑わいに紛れ 忘れゆく


散りてなお 咲いている 君の面影胸に
またひとり歩き出す 金色に頬を染めて


いつの日か帰らむと 想い描く景色は
現し世に もう無いのに 誰も消し去れはしない


発売日: 2020.12.01
曲名: 散りてなお
読み: ちりてなお
歌手: 松任谷由実
作詞: 松任谷由実
作曲: 松任谷由実
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE