公式 フル

ずっとふたりで 歌詞

歌手
小倉唯

「卒業したってすぐ会いにいくよ」
僕の一言に笑顔でうなずく
しばらく一緒に過ごせないけど
誰よりも心は繋がっているから


くじけそうな日も君を思うと
嬉しくなってどんな瞬間も輝く


どこだって会いにいく
どんな日も大丈夫
会えない時間が増えるほど気持ちは募ってく
どこだって会いにいく
今度帰るとき
大事な瞬間刻み付けたい
ずっと好きだよ


「卒業したってすぐ会いにいくよ」
君の一言に笑顔でうなずく
小さな不安も消し去るほどに


まっすぐな思いが伝わった気がした
慣れない場所で暮らし始めた
君から届くメッセージに胸は弾むの


いつだって待ってるよ
どんな日も大丈夫
話したい事がこんなにも沢山溢れてる
いつだって待ってるよ
長い毎日を超えられる魔法くれるのはそうきっと君だけ


だけどたまに寂しくなって
この胸はつぶされそう
このままじゃダメになりそうで
涙がこみ上げてきたよ


どこだって会いにいく
いつだって待ってるね
二人の気持ちは変わらず一緒だと気づいたよ
どんなに遠くても
会えないとしても
大好きな気持ち大切にして
ぎゅっとしていたい


『小倉唯 - ずっとふたりで 歌詞』収録の『』ジャケット
シェアリンク
歌手: 小倉唯
発売日: 2018.03.14
ステータス: 公式 フル
Zutto Futari de Lyrics
Artist: Yui Ogura

“sotsugyou shi tatte sugu ai ni iku yo”
boku no hitokoto ni egao de unazuku
shibaraku issho ni sugosenai kedo
dare yori mo kokoro wa tsunagatte iru kara


kujike sou na hi mo kimi wo omou to
ureshiku natte donna shunkan mo kagayaku


doko datte ai ni iku
donna hi mo daijoubu
aenai jikan ga fueru hodo kimochi wa tsunotteku
doko datte ai ni iku
kondo kaeru toki
daiji na shunkan kizamitsuketai
zutto suki da yo


“sotsugyou shi tatte sugu ai ni iku yo”
kimi no hitokoto ni egao de unazuku
chiisana fuan mo keshisaru hodo ni


massugu na omoi ga tsutawatta ki ga shita
narenai basho de kurashi hajimeta
kimi kara todoku messeeji ni mune wa hazumu no


itsudatte matteru yo
donna hi mo daijoubu
hanashitai koto ga konna ni mo takusan afureteru
itsudatte matteru yo
nagai mainichi wo koerareru mahou kureru no wa sou kitto kimi dake


dakedo tama ni samishiku natte
kono mune wa tsubusare sou
kono mama ja dame ni nari sou de
namida ga komiagete kita yo


doko datte ai ni iku
itsudatte matteru ne
futari no kimochi wa kawarazu issho da to kidzuita yo
donna ni tooku te mo
aenai to shite mo
daisuki na kimochi taisetsu ni shite
gyutto shite itai


Share Me!
Artist: Yui Ogura
Release: 2018.03.14
Did we help?: Help support us here!
Have A Request?: Commission us here!
Status: Official Full

小倉唯『ずっとふたりで』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE