『堀江由衣 Sunflower 歌詞』収録の『文学少女の歌集』ジャケット 公式 フル

Sunflower 歌詞

歌手
堀江由衣

真夏とひまわり 耳もと通り抜ける風の音
教えて聞かせて 走り出すの 君へと続く道を


見慣れたはずの今日ではなくなるの
いつもの坂道もいつの間にか 色を変えていく


閉じた項には 答え どこにもなくて
君は微笑んで 静かに魔法をかける


裸足の爪先 足跡たどり着いたあの場所
教えて連れ出して はじいた水面は青く揺れている


言いたいはずの言葉 もどかしくて
言えない事だけが 重なって胸をしめつける


古びた窓辺にもたれて 君の見てる 流れる時間を
止められたらいいのに


真夏とひまわり朝焼けの並木道 遠くて
このまま連れて行って 長い影 色濃く君を 残してる


振り向いて 声をひそめて
秘密だよって笑って言った
はじめから気付いていたの
きっとこれは 魔法じゃなくて…


真夏のひまわり ふれた指 セミの声響いて
そのまま聞かせて 君の目に映るこの空の色を


真夏とひまわり 耳もと 通り抜ける風の音
教えて聞かせて 走り出すの君へと続く道を


目覚めた昨日が明日に近づいてく
君と見た夏が 終わらなければいいのに


『堀江由衣 Sunflower 歌詞』収録の『文学少女の歌集』ジャケット
歌手: 堀江由衣
発売日: 2019.07.10
作詞: 堀江由衣
作曲: 和田敏明
ステータス: 公式 フル
Sunflower Lyrics
Artist: Yui Horie

manatsu to himawari mimimoto toorinukeru kaze no oto
oshiete kikasete hashiridasu no kimi e to tsudzuku michi wo


minareta hazu no kyou de wa naku naru no
itsu mo no sakamichi mo itsu no aida ni ka iro wo kaete iku


tojita peeji ni wa kotae doko ni mo nakute
kimi wa hohoende shizuka ni mahou wo kakeru


hadashi no tsumasaki ashiato tadoritsuita ano basho
oshiete tsuredashite hajiita minamo wa aoku yurete iru


iita ihazu no kotoba modokashikute
ienai koto dake ga kasanatte mune wo shimetsukeru


furubita madobe ni motarete kimi no miteru nagareru jikan wo
tomeraretara ii no ni


manatsu to himawari asayake no namikimichi tookute
kono mama tsurete itte nagai kage irokoku kimi wo nokoshiteru


furimuite koe wo hisomete
himitsu da yotte waratte itta
hajime kara kidzuite ita no
kitto kore wa mahou ja nakute…


manatsu no himawari fureta yubi semi no koe hibiite
sono mama kikasete kimi no me ni utsuru kono sora no iro wo


manatsu to himawari mimimoto toorinukeru kaze no oto
oshiete kikasete hashiridasu no kimi e to tsudzuku michi wo


mezameta kinou ga ashita ni chikadzuiteku
kimi to mita natsu ga owaranakereba ii no ni


Artist: Yui Horie
Release: 2019.07.10
Did we help?: Help support us here!
Have A Request?: Commission us here!
Status: Official Full

堀江由衣『Sunflower』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE