ユアネス 歌詞一覧

歌手タイアップ動画歌い出し
49/51 (feat.nemoi)このまま夜をjackして 溢れた日々をtrapして swipe up story 次第に 流されてしまうような 夜と 君をjackして 汚れたKissでフラッとして あぁ お願い くだんない嘘もついていこう? 相変わらずな 愛を歌ってたいの 対人行動はやっぱ辛いよな 「悲しみ」ってやつは 痛いよな 呆気なく過ぎ去ってた 日々の中で 散らばる言葉を 片付けた 勘違いはいつも君の方から すれ違いはいつも僕の方から すれ違ったまま 誤魔化されてる lonely Don't stop the music 歩き出した この先じゃ迷子よ Don't stop the music 見つかんないように 逃げてね 流れ出した 悲しげなmelody 歩き出した 皺寄せを ベッドに ふたり この歌に 期待してしまったんだ このまま夜をjackして 溢れた日々をtrapして swipe up story 時代に 流されてしまうような 僕と 君をjackして 汚れたKissでフラッとして お互い くだんない嘘をついていこう? 相変わらずに 愛を歌ってたいの 「ねぇ」このままじゃ やっぱ辛いかな 「悲しみ」ってやつが 近いかな 手と手を合わせ 重ねた指で これからの日々を 片付けた 勘違いばっかな私だったな すれ違いはいつも君の方から すれ違ったまま 誤魔化されてった lonely Don't stop the music 歩き出した この街で最後よ Don't stop the music 見つかんないように 逃げないで 流れ出した 懐かしいmelody 沈み込んだ 大きめの ベッドに 2人 この歌のように 期待してしまったんだ このまま夜をjackして 溢れた日々をtrapして swipe up story 次第に 流されてしまうような 僕と 君をJackして 汚れたKissでflatして あぁ お願い くだんない嘘をついていこう? 相変わらずに 愛を歌ってたいの そのまま 哀を知って 不感になって 現れる日々を drive-through 絡み合うように また 時間を抱いてしまうんだ そのまま 帰りなんて 聞かないで 溺れたように だって 無責任じゃん 最終回くらいは このまま夜をjackして 溢れた日々をslapして swipe up story 次第に 流されてしまうようだ 僕ら 君をJackして 汚れたKissでフラッとして あぁ お願い くだんない嘘をついていこう? 相変わらずに 愛を歌ってたいのユアネス-このまま夜をjackして 溢れた日々をtrapして swipe up story 次第に 流されてしまうような 夜と 君をjackして 汚れたKissでフラッとして あぁ お願い くだんない嘘もついていこう? 相変わらずな 愛を歌ってたいの 対人行動はやっぱ辛いよな 「悲しみ」ってやつは 痛いよな 呆気なく過ぎ去ってた 日々の中で 散らばる言葉を 片付けた 勘違いはいつも君の方から すれ違いはいつも僕の方から すれ違ったまま 誤魔化されてる lonely Don't stop the music 歩き出した この先じゃ迷子よ Don't stop the music 見つかんないように 逃げてね 流れ出した 悲しげなmelody 歩き出した 皺寄せを ベッドに ふたり この歌に 期待してしまったんだ このまま夜をjackして 溢れた日々をtrapして swipe up story 時代に 流されてしまうような 僕と 君をjackして 汚れたKissでフラッとして お互い くだんない嘘をついていこう? 相変わらずに 愛を歌ってたいの 「ねぇ」このままじゃ やっぱ辛いかな 「悲しみ」ってやつが 近いかな 手と手を合わせ 重ねた指で これからの日々を 片付けた 勘違いばっかな私だったな すれ違いはいつも君の方から すれ違ったまま 誤魔化されてった lonely Don't stop the music 歩き出した この街で最後よ Don't stop the music 見つかんないように 逃げないで 流れ出した 懐かしいmelody 沈み込んだ 大きめの ベッドに 2人 この歌のように 期待してしまったんだ このまま夜をjackして 溢れた日々をtrapして swipe up story 次第に 流されてしまうような 僕と 君をJackして 汚れたKissでflatして あぁ お願い くだんない嘘をついていこう? 相変わらずに 愛を歌ってたいの そのまま 哀を知って 不感になって 現れる日々を drive-through 絡み合うように また 時間を抱いてしまうんだ そのまま 帰りなんて 聞かないで 溺れたように だって 無責任じゃん 最終回くらいは このまま夜をjackして 溢れた日々をslapして swipe up story 次第に 流されてしまうようだ 僕ら 君をJackして 汚れたKissでフラッとして あぁ お願い くだんない嘘をついていこう? 相変わらずに 愛を歌ってたいの
a couple of timesI'm getting nervous Will you make me feel so nice, so nice? Treat me like a flower Your stare like frosty ice, your eyes I'm feeling empty Your stare like frosty ice, your eyes Turning on the playback but regret Cause I can't face my fears well Who brought me scars and poison? Oh. It was myself. Maybe I could be a heroine But it's really hard to get off this written script While drinking I hit twenty-one Don't want it anymore, want it anymore Put our names on the sand (Baby take me I want candy) Now I'm holding my own hand and we go forward (Don't want sadness give me kindness) Maybe I'm thinking 'bout you (Baby take me I want candy) Maybe I'm thinking 'bout myself Just a couple of times I'm feeling troubled and alone Your cold eyes hurt and can't be forgotten Oh life is like rolling dice, never know where I'll end up Tune strings to make me sound true Sometimes I trace my ideals Who brought me grief and sorrow? Oh. It was myself Will that heroine become like me? But she's surely safe as heroes' favorite While drinking I hit twenty-one Don't trust too easily, trust too easily Put our names on the sand (Baby take me I want candy) Now I'm holding my own hand and we go forward (Don't want sadness give me kindness) Maybe I'm thinking 'bout you (Baby take me I want candy) Maybe I'm thinking 'bout myself Just a couple of timesユアネス-I'm getting nervous Will you make me feel so nice, so nice? Treat me like a flower Your stare like frosty ice, your eyes I'm feeling empty Your stare like frosty ice, your eyes Turning on the playback but regret Cause I can't face my fears well Who brought me scars and poison? Oh. It was myself. Maybe I could be a heroine But it's really hard to get off this written script While drinking I hit twenty-one Don't want it anymore, want it anymore Put our names on the sand (Baby take me I want candy) Now I'm holding my own hand and we go forward (Don't want sadness give me kindness) Maybe I'm thinking 'bout you (Baby take me I want candy) Maybe I'm thinking 'bout myself Just a couple of times I'm feeling troubled and alone Your cold eyes hurt and can't be forgotten Oh life is like rolling dice, never know where I'll end up Tune strings to make me sound true Sometimes I trace my ideals Who brought me grief and sorrow? Oh. It was myself Will that heroine become like me? But she's surely safe as heroes' favorite While drinking I hit twenty-one Don't trust too easily, trust too easily Put our names on the sand (Baby take me I want candy) Now I'm holding my own hand and we go forward (Don't want sadness give me kindness) Maybe I'm thinking 'bout you (Baby take me I want candy) Maybe I'm thinking 'bout myself Just a couple of times
Alles Liebe夢の中でだけは あなたはいつも笑ってくれてるのに 目覚ましで 起こされた 朝に 呼吸を濡らして 生きてる 分かってないよなぁ まだ ずっと思ってたんだ 気づいてないよな ずっと 隠した思い出を 笑い合ってた 笑い合っていたんだから なのに 傷んでいる ただ 深く潜って 盗られた 笑い方を 着飾ねて 歩いてった 憂い出していた 呼び慣れた 愛称も 語り合ってた 騙り合っていたんだから そんなこと 分かっているのに ずっと 流されても まだ 汚されても まだだよって 思い出してしまう 僕がわかんないよう 塗り替えた 日々も 混ざり合ってた 混ざり合っていたんだ あぁ 期待していた 今日もまた 無抵抗な「i」を ちょっと浸して 描き込んで見ていた 切り替わった頃合いの 萱草と 夢に潜んでいた 不明確が 不採用な態度 消灯させて 書き込んでみていた 切り替わった この哀の感情論 切り離して 伝って 慣れないとって ただ ぼやけ出した 笑い方を ひた隠し 泳いでった 風景ですら 呼び慣れた 愛称 飾りあってた きっと 飾りあっていたんだ そんなことくらい 分かっているのに 「分かってんのになぁ。」 あぁ まただ 手放しても また 逃げ出しても また 思ってしまうよ 思い出してしまう 僕じゃわかんない もう 塗り替えた 君も 混ざり合ってた 混ざり合っていたんだ あぁ 「水性の記憶だから。」 流されても まだ 汚されても まだだよって 思い出してしまう 僕がわかんないように 塗り替えた 日々も 混ざり合ってた 混ざり合っていたんだ あぁ 擬態していた 今日もまたユアネス- 動画夢の中でだけは あなたはいつも笑ってくれてるのに 目覚ましで 起こされた 朝に 呼吸を濡らして 生きてる 分かってないよなぁ まだ ずっと思ってたんだ 気づいてないよな ずっと 隠した思い出を 笑い合ってた 笑い合っていたんだから なのに 傷んでいる ただ 深く潜って 盗られた 笑い方を 着飾ねて 歩いてった 憂い出していた 呼び慣れた 愛称も 語り合ってた 騙り合っていたんだから そんなこと 分かっているのに ずっと 流されても まだ 汚されても まだだよって 思い出してしまう 僕がわかんないよう 塗り替えた 日々も 混ざり合ってた 混ざり合っていたんだ あぁ 期待していた 今日もまた 無抵抗な「i」を ちょっと浸して 描き込んで見ていた 切り替わった頃合いの 萱草と 夢に潜んでいた 不明確が 不採用な態度 消灯させて 書き込んでみていた 切り替わった この哀の感情論 切り離して 伝って 慣れないとって ただ ぼやけ出した 笑い方を ひた隠し 泳いでった 風景ですら 呼び慣れた 愛称 飾りあってた きっと 飾りあっていたんだ そんなことくらい 分かっているのに 「分かってんのになぁ。」 あぁ まただ 手放しても また 逃げ出しても また 思ってしまうよ 思い出してしまう 僕じゃわかんない もう 塗り替えた 君も 混ざり合ってた 混ざり合っていたんだ あぁ 「水性の記憶だから。」 流されても まだ 汚されても まだだよって 思い出してしまう 僕がわかんないように 塗り替えた 日々も 混ざり合ってた 混ざり合っていたんだ あぁ 擬態していた 今日もまた
Bathroom (6 case ver.)欠けた街を見てた 「変わらない」 日々の背中を 欠けた月を見てた 「変われない」 私の事を 何も知らないまま 書き残した「大人になれば」 何も言わないから 少しだけ ここに居させて 注いだ 惰性が 伸びた髪が 今じゃ 空になった 景色を 隠してる そうして君の事ずっと 今までずっと 忘れてたはずなのに なんで 私は 泣いてるの 書き出した言葉を 掻き鳴らした夜の事 私まだ覚えてる 君のその 笑い方も 宛てのないこの歌が 錆びついた時には 嘘でもいいから 笑いかけて あの日見てた夢を 今もまだ 描いてますか? なんてまたあなたを 思ってしまう 馬鹿らしいでしょう? もしもまたどこかで すれ違ったとしても 振り向かないでね 涙が出る 書き出した言葉を 掻き鳴らした夜の事 私まだ覚えてるんだ 君のその 笑い方も もしもまたどこかで すれ違えたとしたら 嘘でもいいから 笑いかけてよ ねぇユアネス-欠けた街を見てた 「変わらない」 日々の背中を 欠けた月を見てた 「変われない」 私の事を 何も知らないまま 書き残した「大人になれば」 何も言わないから 少しだけ ここに居させて 注いだ 惰性が 伸びた髪が 今じゃ 空になった 景色を 隠してる そうして君の事ずっと 今までずっと 忘れてたはずなのに なんで 私は 泣いてるの 書き出した言葉を 掻き鳴らした夜の事 私まだ覚えてる 君のその 笑い方も 宛てのないこの歌が 錆びついた時には 嘘でもいいから 笑いかけて あの日見てた夢を 今もまだ 描いてますか? なんてまたあなたを 思ってしまう 馬鹿らしいでしょう? もしもまたどこかで すれ違ったとしても 振り向かないでね 涙が出る 書き出した言葉を 掻き鳴らした夜の事 私まだ覚えてるんだ 君のその 笑い方も もしもまたどこかで すれ違えたとしたら 嘘でもいいから 笑いかけてよ ねぇ
BE ALL LIEあぁ 呆れだす 粗暴に 差し替えられた 現存に掛かった 固定解答 反則じみた応えじゃ 見透かされてしまうな この道を渡りきっても まだ視界は 曇っている 履き替えた 大人になってから 縮みきった 歩幅と感情 削れだした 身体に対して 「気付け」と 唄ってる はみ出した 情じゃ 居られないのならさ 染み付いた この青さを 切り離して しまっていい? ずっと 語りかけてた 日々を 嘆くように 「深い闇に飲み込まれないよう」って 染まりきった 現実に 答えなんてない 逃げ出してしまった。言葉を羽織って 溶けだした 心を 胸に隠している 冷え切ってしまった 身体を騙すように 描きかけた いつかの 枯れた夢を なぞっている あぁ 暴れだす 言葉に 差し替えられた 幻想に掛かった 固定概念と 止まった理想じゃ 見透かされてしまうな この道を渡りきっても また次回だ 続いていく 履き違えた 大人になってから 尖りだした 思いの回想 ずっと 見えなくなった 足跡 探している はみ出した 心じゃ 居られないのならさ 澄みきった この青さを 曝け出して しまっていい? ずっと 語りかけてた ヒビを 隠すように 「深い闇に飲み込まれないよう」って 決まりきった 現実に 答えなんていらない 逃げ出してしまった。言葉を羽織って 溶けだした 心を 胸に隠している 冷え切ってしまった 身体を騙すように 描きかけた いつかの 枯れた夢を なぞって あぁ 錆び付いてる 今をただ 不安定に立つ 裏返る脳裏に 汚されてしまった あの日達 願っては 辿ってた 手放してしまったのに 逃げ出してしまった。言葉を羽織って 溶けだした 心を 胸に隠している 冷え切ってしまった 身体を騙すように 描きかけた いつかの 枯れた夢を なぞっているユアネス-あぁ 呆れだす 粗暴に 差し替えられた 現存に掛かった 固定解答 反則じみた応えじゃ 見透かされてしまうな この道を渡りきっても まだ視界は 曇っている 履き替えた 大人になってから 縮みきった 歩幅と感情 削れだした 身体に対して 「気付け」と 唄ってる はみ出した 情じゃ 居られないのならさ 染み付いた この青さを 切り離して しまっていい? ずっと 語りかけてた 日々を 嘆くように 「深い闇に飲み込まれないよう」って 染まりきった 現実に 答えなんてない 逃げ出してしまった。言葉を羽織って 溶けだした 心を 胸に隠している 冷え切ってしまった 身体を騙すように 描きかけた いつかの 枯れた夢を なぞっている あぁ 暴れだす 言葉に 差し替えられた 幻想に掛かった 固定概念と 止まった理想じゃ 見透かされてしまうな この道を渡りきっても また次回だ 続いていく 履き違えた 大人になってから 尖りだした 思いの回想 ずっと 見えなくなった 足跡 探している はみ出した 心じゃ 居られないのならさ 澄みきった この青さを 曝け出して しまっていい? ずっと 語りかけてた ヒビを 隠すように 「深い闇に飲み込まれないよう」って 決まりきった 現実に 答えなんていらない 逃げ出してしまった。言葉を羽織って 溶けだした 心を 胸に隠している 冷え切ってしまった 身体を騙すように 描きかけた いつかの 枯れた夢を なぞって あぁ 錆び付いてる 今をただ 不安定に立つ 裏返る脳裏に 汚されてしまった あの日達 願っては 辿ってた 手放してしまったのに 逃げ出してしまった。言葉を羽織って 溶けだした 心を 胸に隠している 冷え切ってしまった 身体を騙すように 描きかけた いつかの 枯れた夢を なぞっている
Blur洗脳 感じたい? 警告したって止まらない 結局 勘違い ねぇ とっくにクラっとしてる 鮮度を感じたい 延長したって止まらない 結構 完成したんだけど。 相対的 心の失態は そう大抵 若干フワッとした 道上 どうやったって 重いシーンだ 「どうして1人じゃ居られないんだ」 狂いだした 境界線は 波に飲まれてく 悲劇な日常 脅迫的な 再構成された僕がいる 狂いだした 境界線は 波に飲まれてく 喜劇な日常 正体不明な 再構成された僕がいる SENDを感じたい 現状維持じゃつまらない このREAL 被っていたいだけなのに ありふれた答えじゃ 見透かされてしまうな 全部 隠していたいだけなの 劣勢 震え上がる意思に 栄光や歓声は要らない 抵抗に可視化して ぼやけてく解像度 ありがちな答えじゃん マニュアルな言葉じゃ 「嘘」に気づいてしまうわ そうやって消費していた 愚かさにもすがって 満たしてた君は どこへ 挑発的だ 真夜中に飛び去ってしまうから 狂いだした 境界線は 闇に飲まれてく 冷えきった日常 脅迫的な 再構築された僕がいる 狂いだした 境界線は 闇に飲まれてく 冷えきった日常 正体不明な 再構築された僕がいる 暗転してった夜空に 割れた 栓を刺した 反転してった言葉が 途切れない熱を 掻き回して 誤魔化してる 狂いだした 境界線は 波に飲みこまれ 消えてく感情 傍観してた 再構成された僕がいる 狂いだした 境界線は 波に飲まれてく 喜劇な日常 正体不明な 再構成された僕がいる 洗脳 感じたい?警告したって止まれない 結局 勘違いね とっくにクラっとしてる ねぇ もう時間じゃない? 延長したって止まらないよ 震え出したってもう遅い とっくに洗脳しきってる。ユアネス- 動画洗脳 感じたい? 警告したって止まらない 結局 勘違い ねぇ とっくにクラっとしてる 鮮度を感じたい 延長したって止まらない 結構 完成したんだけど。 相対的 心の失態は そう大抵 若干フワッとした 道上 どうやったって 重いシーンだ 「どうして1人じゃ居られないんだ」 狂いだした 境界線は 波に飲まれてく 悲劇な日常 脅迫的な 再構成された僕がいる 狂いだした 境界線は 波に飲まれてく 喜劇な日常 正体不明な 再構成された僕がいる SENDを感じたい 現状維持じゃつまらない このREAL 被っていたいだけなのに ありふれた答えじゃ 見透かされてしまうな 全部 隠していたいだけなの 劣勢 震え上がる意思に 栄光や歓声は要らない 抵抗に可視化して ぼやけてく解像度 ありがちな答えじゃん マニュアルな言葉じゃ 「嘘」に気づいてしまうわ そうやって消費していた 愚かさにもすがって 満たしてた君は どこへ 挑発的だ 真夜中に飛び去ってしまうから 狂いだした 境界線は 闇に飲まれてく 冷えきった日常 脅迫的な 再構築された僕がいる 狂いだした 境界線は 闇に飲まれてく 冷えきった日常 正体不明な 再構築された僕がいる 暗転してった夜空に 割れた 栓を刺した 反転してった言葉が 途切れない熱を 掻き回して 誤魔化してる 狂いだした 境界線は 波に飲みこまれ 消えてく感情 傍観してた 再構成された僕がいる 狂いだした 境界線は 波に飲まれてく 喜劇な日常 正体不明な 再構成された僕がいる 洗脳 感じたい?警告したって止まれない 結局 勘違いね とっくにクラっとしてる ねぇ もう時間じゃない? 延長したって止まらないよ 震え出したってもう遅い とっくに洗脳しきってる。
CAPS LOCK剥がされてしまった 虚勢に 気づかずに 実ってしまった 曖昧な 昨日が擦れて 傷になる 傷になるよ 汚されてしまった 言葉に 騙されてまた熟れてゆく 愛情は非情になって 啜り泣いていた 愛想笑いが増えた事 嘘泣きする毎に隠した目元 大体 夜になれば 憂いも眠ってていいのに 愛想笑いに慣れた事 手放した 惰性に 連なる 理想も もういいよ いいよ いいよ「わかってる」 だから このままだと僕は 長い夜に 捕われてしまう 霞む言葉は 偽りなんだ それでも隠し通して見せるから 「ありきたりだ」って笑ってるんだ 「ありのままだ」って笑って言うんだ 今更だ 今更なんだろうけど 騙してくれないか 神様はいるんだ けど今は不在だ そんな事 わかっているんだ わかっているってば もう諦めてしまえば 楽にはなれるんだ 損な事 わかっているってば もう わかんない様にしてよ だから このままだと僕は 長い夜に 捕われてしまう 霞む言葉は 偽りなんだ それでも隠し通して見せるから 「ありきたりだ」って笑ってるんだ 「ありのままだ」って笑って言うんだ 今更だ 今更なんだろうけど 騙してくれないか 訪れた この場所で 間違いはないのに 見渡す限り 何一つない 間違ってないのに 僕なりに立っている 僕なりに歩いているよ 僕なりに走っている 僕なりにさ 僕なりにさ だから このままだと僕等 長い夜に 捕われてしまう 霞む言葉は 偽りなんだ それでも隠し通して見せるから 「ありきたりだ」って笑ってるんだ 「ありのままだ」って笑って言うんだ 今更だ 今更なんだろうけど 騙してくれないかユアネス-剥がされてしまった 虚勢に 気づかずに 実ってしまった 曖昧な 昨日が擦れて 傷になる 傷になるよ 汚されてしまった 言葉に 騙されてまた熟れてゆく 愛情は非情になって 啜り泣いていた 愛想笑いが増えた事 嘘泣きする毎に隠した目元 大体 夜になれば 憂いも眠ってていいのに 愛想笑いに慣れた事 手放した 惰性に 連なる 理想も もういいよ いいよ いいよ「わかってる」 だから このままだと僕は 長い夜に 捕われてしまう 霞む言葉は 偽りなんだ それでも隠し通して見せるから 「ありきたりだ」って笑ってるんだ 「ありのままだ」って笑って言うんだ 今更だ 今更なんだろうけど 騙してくれないか 神様はいるんだ けど今は不在だ そんな事 わかっているんだ わかっているってば もう諦めてしまえば 楽にはなれるんだ 損な事 わかっているってば もう わかんない様にしてよ だから このままだと僕は 長い夜に 捕われてしまう 霞む言葉は 偽りなんだ それでも隠し通して見せるから 「ありきたりだ」って笑ってるんだ 「ありのままだ」って笑って言うんだ 今更だ 今更なんだろうけど 騙してくれないか 訪れた この場所で 間違いはないのに 見渡す限り 何一つない 間違ってないのに 僕なりに立っている 僕なりに歩いているよ 僕なりに走っている 僕なりにさ 僕なりにさ だから このままだと僕等 長い夜に 捕われてしまう 霞む言葉は 偽りなんだ それでも隠し通して見せるから 「ありきたりだ」って笑ってるんだ 「ありのままだ」って笑って言うんだ 今更だ 今更なんだろうけど 騙してくれないか
ECG (feat. RINO)本当はちょっぴし嫌だった 変わんない自分が嫌だった だけど根性無しでも良いじゃん? でもずっと 不安になるの 一体もう何度目の待機だ 改札通りぬけて そうやって 誰かを待っている ずっと大渋滞 現在 耳を塞いでる 右往左往して 誰かのせい キリがないよな SpecialなBoys&Girls 笑えないジョーク 誰もきっとわかってないよな。 逃げだした理由なんて わかんないよ いつまでも 警報 頭でフィードバックしてる どうしようもないよな あぁ 僕じゃきっと届かない 情けなかった「僕はきっと」 なんてわかりきってんだ 本当はちょっぴし嫌だった だって片道切符が嫌だった だけど今日死ぬ訳でもないじゃん? でもきっと 不安になるの ミッドナイト 息を吸って 吐いてくだけ なのにどうしちゃったんだろう。 ほんと、もういいかい? 限界 耳を塞いでる 四方八方 誰かのせい 気味が悪いよな DigitalなBoys&Girls 悪気の無いトーク 誰もきっとわかってないよな。 逃げだした理由なんて わかんないよ いつまでも 警報 頭でフィードバックしてる 冗談じゃないよな あぁ 君に一歩届かない 掴めなかった「僕もきっと」 なんてわかりきってんだ 笑っちゃうような 喧騒の中 誤魔化してた 現実がちらつく 不正解だろうか? 振り切って手を伸ばした 飛び込んだ理由なんて わかんないよ 今もずっと 警報 頭でフィードバックしてる もう嫌になっちゃうな だけど 君に一歩届かない なんて耐えられないでしょう? 口に出した理由なんて わかんないよ 今もずっと 警報 頭でフィードバックしてる もう嫌になっちゃうな あぁ いつかはきっとじゃ届かない 気付きかけた時にゃきっと もう宙を舞ってんだユアネス- 動画本当はちょっぴし嫌だった 変わんない自分が嫌だった だけど根性無しでも良いじゃん? でもずっと 不安になるの 一体もう何度目の待機だ 改札通りぬけて そうやって 誰かを待っている ずっと大渋滞 現在 耳を塞いでる 右往左往して 誰かのせい キリがないよな SpecialなBoys&Girls 笑えないジョーク 誰もきっとわかってないよな。 逃げだした理由なんて わかんないよ いつまでも 警報 頭でフィードバックしてる どうしようもないよな あぁ 僕じゃきっと届かない 情けなかった「僕はきっと」 なんてわかりきってんだ 本当はちょっぴし嫌だった だって片道切符が嫌だった だけど今日死ぬ訳でもないじゃん? でもきっと 不安になるの ミッドナイト 息を吸って 吐いてくだけ なのにどうしちゃったんだろう。 ほんと、もういいかい? 限界 耳を塞いでる 四方八方 誰かのせい 気味が悪いよな DigitalなBoys&Girls 悪気の無いトーク 誰もきっとわかってないよな。 逃げだした理由なんて わかんないよ いつまでも 警報 頭でフィードバックしてる 冗談じゃないよな あぁ 君に一歩届かない 掴めなかった「僕もきっと」 なんてわかりきってんだ 笑っちゃうような 喧騒の中 誤魔化してた 現実がちらつく 不正解だろうか? 振り切って手を伸ばした 飛び込んだ理由なんて わかんないよ 今もずっと 警報 頭でフィードバックしてる もう嫌になっちゃうな だけど 君に一歩届かない なんて耐えられないでしょう? 口に出した理由なんて わかんないよ 今もずっと 警報 頭でフィードバックしてる もう嫌になっちゃうな あぁ いつかはきっとじゃ届かない 気付きかけた時にゃきっと もう宙を舞ってんだ
ESこのままどうか あなたが眠るまでは 笑いかけるから 笑いかけるからさ 抱きしめるからさ 零した涙に気づかないでほしいの 言葉をただ 待っていた 吹き出しはまだ埋まらないや 明くる 今日に なってまた 振り出しへと向かうようだ 言葉は 絡まっていた 吹き出しはまだ埋まらないや 明くる 今日に なったなら 隠し通せたかな 日々 描いた 白紙の理想形 日々 を欠いて また 呑み込まれてしまう 日々 過ごした 炊き出しの様な毎日に 「今更だ」なんて この想いも 掠れていく 繰り返されてた 理想とは かけ離れてた日常 今になったって 言うんだ 「今更」だなんて言うな 繰り返されてた 理想とは かけ離れてた 日常も 知らず 知らずのうち 不明確な事ばかり 余りある 余生にも神頼み あぁ どうにもこうないならさ せめて寄り道をしよう?歩いていこう? 向かうまでが物語 帰り道は決まって遠回り あぁ幸も不幸も不採用 君にばれないよう 限りなくただ 当たり前のまま いつも通り 歩いていた これからくる 幸せはどうやら 路頭に迷ったようで いつのまにか 何処かに 忘れてしまうのならさ せめて 思い出した情景に 写そう ありったけの 景色を 伸ばしたって 届かないが 溢れ出して キリがない 代わる代わる 変わる今日に 恐る恐る 泣いた夜 隠したって 仕方ない けど 隠し通す 事も出来ず そんな日々に 支えられた事を まだ覚えてる 隠したって変わらない (隠したって変わらないよ) 隠したって変われない (隠したって変われないよ) 隠したって変えれない (隠したって変えれないよ) 代わる代わる変わる中で 君が言う 繰り返されてた 理想とは かけ離れてた日常 今になったって 言うんだ 「今更」だなんて言うな 繰り返されてた 理想とは かけ離れてた 日常も 知らず知らずのうち 重ねたみたいだユアネス-このままどうか あなたが眠るまでは 笑いかけるから 笑いかけるからさ 抱きしめるからさ 零した涙に気づかないでほしいの 言葉をただ 待っていた 吹き出しはまだ埋まらないや 明くる 今日に なってまた 振り出しへと向かうようだ 言葉は 絡まっていた 吹き出しはまだ埋まらないや 明くる 今日に なったなら 隠し通せたかな 日々 描いた 白紙の理想形 日々 を欠いて また 呑み込まれてしまう 日々 過ごした 炊き出しの様な毎日に 「今更だ」なんて この想いも 掠れていく 繰り返されてた 理想とは かけ離れてた日常 今になったって 言うんだ 「今更」だなんて言うな 繰り返されてた 理想とは かけ離れてた 日常も 知らず 知らずのうち 不明確な事ばかり 余りある 余生にも神頼み あぁ どうにもこうないならさ せめて寄り道をしよう?歩いていこう? 向かうまでが物語 帰り道は決まって遠回り あぁ幸も不幸も不採用 君にばれないよう 限りなくただ 当たり前のまま いつも通り 歩いていた これからくる 幸せはどうやら 路頭に迷ったようで いつのまにか 何処かに 忘れてしまうのならさ せめて 思い出した情景に 写そう ありったけの 景色を 伸ばしたって 届かないが 溢れ出して キリがない 代わる代わる 変わる今日に 恐る恐る 泣いた夜 隠したって 仕方ない けど 隠し通す 事も出来ず そんな日々に 支えられた事を まだ覚えてる 隠したって変わらない (隠したって変わらないよ) 隠したって変われない (隠したって変われないよ) 隠したって変えれない (隠したって変えれないよ) 代わる代わる変わる中で 君が言う 繰り返されてた 理想とは かけ離れてた日常 今になったって 言うんだ 「今更」だなんて言うな 繰り返されてた 理想とは かけ離れてた 日常も 知らず知らずのうち 重ねたみたいだ
isekai風が揺らす日常 焼けるようだ 日傘した私が 振り返る理想郷 秘密基地に帰ろう 透き通ってた またね 明日ね 振り返す手は 「今となっては」なんてさ 話す言葉も決まっていた 見慣れていた 街さえぼやけてる ここはどこなんだろう? 心だけを残していって 次第に体は大人になって 鳴り響く振鈴で 胸を刺すような痛みが 嘆く言葉が多くなって 暮れる街並みに君はいなくて 異世界に彷徨った 変わる赤信号に苛立ってる 息がつまる日常 焼けるような 陽が差した午前10時 影を描く歩道橋 揺らいでいる陽炎 目を逸らしてた いつか どっかで 振り返す手は 「今もどっかで」 ねぇ止まんない。涙が今 あぁつまんない。欠いた世界をぼやかしてる もうわかんない。笑えなくなってる 夏が少しずつ遠くなっていく 歩幅だけが大きくなって 次第に足取りは重くなって 黙り込む星空で 胸を刺すような痛みが 歩く距離は短くなって 何もない道端で躓いて 異世界に彷徨った あの頃の景色が色づいて できることが変わっていた 見上げていた僕を見下ろしてる ここはどこなんだよ。 心だけを残していって 次第に僕らは大人になって 待ち合わせ公園で 胸を刺すような痛みが 気づく頃にはもう遅くて 歳を重ねる度に虚しくて 異世界に彷徨った 今でもあの日がちらついてる あの頃の僕らが手招いている それだけ 殺風景 見飽きた部屋で 背伸びする僕ら 少しだけ夢を持って歩きだしていくユアネス-風が揺らす日常 焼けるようだ 日傘した私が 振り返る理想郷 秘密基地に帰ろう 透き通ってた またね 明日ね 振り返す手は 「今となっては」なんてさ 話す言葉も決まっていた 見慣れていた 街さえぼやけてる ここはどこなんだろう? 心だけを残していって 次第に体は大人になって 鳴り響く振鈴で 胸を刺すような痛みが 嘆く言葉が多くなって 暮れる街並みに君はいなくて 異世界に彷徨った 変わる赤信号に苛立ってる 息がつまる日常 焼けるような 陽が差した午前10時 影を描く歩道橋 揺らいでいる陽炎 目を逸らしてた いつか どっかで 振り返す手は 「今もどっかで」 ねぇ止まんない。涙が今 あぁつまんない。欠いた世界をぼやかしてる もうわかんない。笑えなくなってる 夏が少しずつ遠くなっていく 歩幅だけが大きくなって 次第に足取りは重くなって 黙り込む星空で 胸を刺すような痛みが 歩く距離は短くなって 何もない道端で躓いて 異世界に彷徨った あの頃の景色が色づいて できることが変わっていた 見上げていた僕を見下ろしてる ここはどこなんだよ。 心だけを残していって 次第に僕らは大人になって 待ち合わせ公園で 胸を刺すような痛みが 気づく頃にはもう遅くて 歳を重ねる度に虚しくて 異世界に彷徨った 今でもあの日がちらついてる あの頃の僕らが手招いている それだけ 殺風景 見飽きた部屋で 背伸びする僕ら 少しだけ夢を持って歩きだしていく
Layer街灯が染まるように 感情は生まれ落ちる 解答も知り得ぬまま 日々を知る 言葉を ただ 満たされない今日が灯るように 回想は流れ落ちる 解凍した 言葉を重ね 日々を知る 言葉が乾き始めてる 心から隠れた 部屋の中で 言葉が乾ききってた 夜の事 震える日々の中に 影が溢れている 初めから 感情は織り込み済みで 焚き付けられた 熱に縋っている 描きなおされた 夜空を眺めてる 月も 泣いているのに 簡単な言葉を重ねる まだ 心に針金が付いているけど 感情論でしか 傷がつかないのなら もう繰り返す事さえ ただ 恐れている 生まれ落ちてく 生が 生まれ落ちてく 正が 今 君に 背を向けて 閉ざしてく 嘲笑っている 生まれ落ちてく 声が 生まれ落ちてく 鋭利な 言葉が ずっと 刺さって 絡まって 溢れ出してゆく 欠ける夜に 隠した答えが まだ消えぬように 指先を探した もう一回 駆ける 火を撃つ 私をさらって 欠けぬ夜に 隠した答えを 手繰り寄せるように 振り出しへ 駆け足で 舞ってしまう 紛れるように 突き飛ばして 振り解いて 売り払ってしまった 未来はまだ 手離れない この痛みから 私をさらって 振りかざした手 振り解いた手 すり替わってしまった 未来ならば 手離れない 明日が また気づいてしまう前に 欠ける夜に 隠した答えが まだ消えぬように 指先を探した もう一回 駆ける 火を撃つ 私をさらって 欠けぬ夜に 隠した答えを 手繰り寄せるように 振り出しへ 駆け足で 舞ってしまう 紛れるようにユアネス- 動画街灯が染まるように 感情は生まれ落ちる 解答も知り得ぬまま 日々を知る 言葉を ただ 満たされない今日が灯るように 回想は流れ落ちる 解凍した 言葉を重ね 日々を知る 言葉が乾き始めてる 心から隠れた 部屋の中で 言葉が乾ききってた 夜の事 震える日々の中に 影が溢れている 初めから 感情は織り込み済みで 焚き付けられた 熱に縋っている 描きなおされた 夜空を眺めてる 月も 泣いているのに 簡単な言葉を重ねる まだ 心に針金が付いているけど 感情論でしか 傷がつかないのなら もう繰り返す事さえ ただ 恐れている 生まれ落ちてく 生が 生まれ落ちてく 正が 今 君に 背を向けて 閉ざしてく 嘲笑っている 生まれ落ちてく 声が 生まれ落ちてく 鋭利な 言葉が ずっと 刺さって 絡まって 溢れ出してゆく 欠ける夜に 隠した答えが まだ消えぬように 指先を探した もう一回 駆ける 火を撃つ 私をさらって 欠けぬ夜に 隠した答えを 手繰り寄せるように 振り出しへ 駆け足で 舞ってしまう 紛れるように 突き飛ばして 振り解いて 売り払ってしまった 未来はまだ 手離れない この痛みから 私をさらって 振りかざした手 振り解いた手 すり替わってしまった 未来ならば 手離れない 明日が また気づいてしまう前に 欠ける夜に 隠した答えが まだ消えぬように 指先を探した もう一回 駆ける 火を撃つ 私をさらって 欠けぬ夜に 隠した答えを 手繰り寄せるように 振り出しへ 駆け足で 舞ってしまう 紛れるように
あなたは嘘をつく「何その顔」 「少し眠るだけだから 大丈夫だよ」 「もう...心配だから先に 忠告しとくけど」 「ちゃんとご飯は食べる事」 「何かに夢中になるのは良いけど 夜更かしは体に悪いからね」 「お酒も...程々に!!」 「あとはねぇ...何があるかな... ありすぎて...わっかんないなぁ」 「私の事は...忘れてもいいから」 「また誤魔化してる」 「嘘つき」ユアネス-「何その顔」 「少し眠るだけだから 大丈夫だよ」 「もう...心配だから先に 忠告しとくけど」 「ちゃんとご飯は食べる事」 「何かに夢中になるのは良いけど 夜更かしは体に悪いからね」 「お酒も...程々に!!」 「あとはねぇ...何があるかな... ありすぎて...わっかんないなぁ」 「私の事は...忘れてもいいから」 「また誤魔化してる」 「嘘つき」
アミュレットただ待っていたんだ 今日だって 送り出した 昨日だった もう一回は無いよな 何もかもいっそ ただ待ってしまった 今日だって あの 純粋だった 決意を 隠して なんて 言えないのに 再起動した今日も 予定は空いていた 待ち合わせた日は 今じゃないのか 再利用した昨日を 辿って歩いた 降り出す雨に はしゃぐ 誰かがいる 「思い描いてたあの日々は?」って 怒られてしまいそうな気がして また逸らしてしまう この足はどうして 明日に向かってしまうんだろう 引き返せないと知ったのに 遅すぎた後悔のカサブタも 色付けば曖昧になるかな? 暮れ出していく 止まりかけた 思いを 照らして 再起動した今日の 不安定な朝 待ち合わせたのは 今じゃないのか 何一つ変更ない でも分かっていた 広がる歩幅 狂った予定も きっと もう一回立てば もう一回だって もう一体 何度繰り返し続けてる やっと 不正解にも 慣れた もう一切なんて 言葉を綴って 巻き戻してしまう この指はどうして 明日を描いてしまうんだろう 塗り替えれないと知ったのに ここにある後悔も案外と 奮い立つ誓いになるかな? 連れ出していく 長い長い 下り坂なら 「もうちょっとぐらいは」って 思ってたのに 灯りの無い 帰り道で思う 小さく 包んだ 指先の感覚も 振り払えないんだ この足はどうして 明日に向かってしまうんだろう 引き返せないと知ったのに ここにある後悔も喝采も 奮い立つ誓いになるから 連れ出していく 壊れかけた 鎧を 繋ぎ合わせていくんだ 眩しく 思えた ガラクタを 胸に預けてユアネス-ただ待っていたんだ 今日だって 送り出した 昨日だった もう一回は無いよな 何もかもいっそ ただ待ってしまった 今日だって あの 純粋だった 決意を 隠して なんて 言えないのに 再起動した今日も 予定は空いていた 待ち合わせた日は 今じゃないのか 再利用した昨日を 辿って歩いた 降り出す雨に はしゃぐ 誰かがいる 「思い描いてたあの日々は?」って 怒られてしまいそうな気がして また逸らしてしまう この足はどうして 明日に向かってしまうんだろう 引き返せないと知ったのに 遅すぎた後悔のカサブタも 色付けば曖昧になるかな? 暮れ出していく 止まりかけた 思いを 照らして 再起動した今日の 不安定な朝 待ち合わせたのは 今じゃないのか 何一つ変更ない でも分かっていた 広がる歩幅 狂った予定も きっと もう一回立てば もう一回だって もう一体 何度繰り返し続けてる やっと 不正解にも 慣れた もう一切なんて 言葉を綴って 巻き戻してしまう この指はどうして 明日を描いてしまうんだろう 塗り替えれないと知ったのに ここにある後悔も案外と 奮い立つ誓いになるかな? 連れ出していく 長い長い 下り坂なら 「もうちょっとぐらいは」って 思ってたのに 灯りの無い 帰り道で思う 小さく 包んだ 指先の感覚も 振り払えないんだ この足はどうして 明日に向かってしまうんだろう 引き返せないと知ったのに ここにある後悔も喝采も 奮い立つ誓いになるから 連れ出していく 壊れかけた 鎧を 繋ぎ合わせていくんだ 眩しく 思えた ガラクタを 胸に預けて
ヘリオトロープ暮れる 童心の 影を泳いで 呼吸を止めていた 何も知らずに ずっと 書き綴っていた 忘れないようにと 擦り減らしていた 何も知らずに 駆ける 秒針の 雨に打たれて 沈み込んでいた 何も言えずに ずっと 塞ぎ込んでいた 流れないようにと 止まりきっていた あの日から 立ち止まるたびに 願ってしまった 歩き続けるたびに 願ってしまった 注ぎ込むたび 零した「愛」を 拭い続けた 指を 伝って 笑ってしまえば わからないと 思ってたのに あぁ どうして 不意に 溢れ出してしまうの わからないまま ここまできた 足跡もつけぬまま いたって 透明な 心を溶かして 浸りきっていた 何も見えずに ずっと 仕舞い込んでいた 失くさないようにと 抱え込んでいた あの日から 立ち止まるたびに 描いてしまった 歩き続けるたびに 描いてしまった 注ぎ込むたび 零した「eye」を 拭い続けた 指を 伝って 飾ってしまえば わからないと 思ってたのに あぁ どうして 不意に 溢れ出してしまうのだろう わからないまま ここまできた 足跡もつけぬまま 願ってしまえば 叶わないと わかってたのに あぁ 「どうして」 って 聞き返してしまったのだろう わからないまま わからないままだ まだ夜も明けぬまま 行き先も告げぬまま 笑ってしまえば わからないと 思ってたのに あぁ どうして 不意に 溢れ出してしまったのだろう わからないまま ここまできたんだ 足跡もつけぬままユアネス-暮れる 童心の 影を泳いで 呼吸を止めていた 何も知らずに ずっと 書き綴っていた 忘れないようにと 擦り減らしていた 何も知らずに 駆ける 秒針の 雨に打たれて 沈み込んでいた 何も言えずに ずっと 塞ぎ込んでいた 流れないようにと 止まりきっていた あの日から 立ち止まるたびに 願ってしまった 歩き続けるたびに 願ってしまった 注ぎ込むたび 零した「愛」を 拭い続けた 指を 伝って 笑ってしまえば わからないと 思ってたのに あぁ どうして 不意に 溢れ出してしまうの わからないまま ここまできた 足跡もつけぬまま いたって 透明な 心を溶かして 浸りきっていた 何も見えずに ずっと 仕舞い込んでいた 失くさないようにと 抱え込んでいた あの日から 立ち止まるたびに 描いてしまった 歩き続けるたびに 描いてしまった 注ぎ込むたび 零した「eye」を 拭い続けた 指を 伝って 飾ってしまえば わからないと 思ってたのに あぁ どうして 不意に 溢れ出してしまうのだろう わからないまま ここまできた 足跡もつけぬまま 願ってしまえば 叶わないと わかってたのに あぁ 「どうして」 って 聞き返してしまったのだろう わからないまま わからないままだ まだ夜も明けぬまま 行き先も告げぬまま 笑ってしまえば わからないと 思ってたのに あぁ どうして 不意に 溢れ出してしまったのだろう わからないまま ここまできたんだ 足跡もつけぬまま
二人静(Piano ver.)傷つけ合う運命なら もうなにも言わないでいいよ 涙を枯らす事などできないから せめて 指の先へ 隠れて 溜まりきってた 感情を生花に注いで 伸ばしきってた 前髪を絶つ 笑う事ぐらい 慣れかけてた はずなのに まだ 痛みを 持つ 咲き乱れた「萱草」の生花を 胸に 抱く事は 怖いけど 欠けた 「心」は 気づいて言った 「もういいよね」 何回だって 振り返って また 君の 残した 匂いに 彩られてしまう 涙を 繰り返し ぬぐいきっては 繋ぐ日々を 望んでいた 「僕等」はただ 傷つけ合う運命なら もうなにも言わないでいいよ 涙を枯らす事さえできないなら 沈んでいく 私を 救って欲しい 傷つけ合う運命ならさ このまま何度だっていい 騙してあげる 枯らした 青に 染まってゆく 私を 救ってほしい 飼い慣らされた 想いを胸に 仕舞いこんでは 縛りとおして 描き直された 「二人」は 気づかずに 互いに 目を 逸らした 単純な返答に 停滞した夢を 描くまでユアネス-傷つけ合う運命なら もうなにも言わないでいいよ 涙を枯らす事などできないから せめて 指の先へ 隠れて 溜まりきってた 感情を生花に注いで 伸ばしきってた 前髪を絶つ 笑う事ぐらい 慣れかけてた はずなのに まだ 痛みを 持つ 咲き乱れた「萱草」の生花を 胸に 抱く事は 怖いけど 欠けた 「心」は 気づいて言った 「もういいよね」 何回だって 振り返って また 君の 残した 匂いに 彩られてしまう 涙を 繰り返し ぬぐいきっては 繋ぐ日々を 望んでいた 「僕等」はただ 傷つけ合う運命なら もうなにも言わないでいいよ 涙を枯らす事さえできないなら 沈んでいく 私を 救って欲しい 傷つけ合う運命ならさ このまま何度だっていい 騙してあげる 枯らした 青に 染まってゆく 私を 救ってほしい 飼い慣らされた 想いを胸に 仕舞いこんでは 縛りとおして 描き直された 「二人」は 気づかずに 互いに 目を 逸らした 単純な返答に 停滞した夢を 描くまで
人生の時間割大抵は意味もない 答え合わせ 愼重に取り繕う キャラクター 最低さ 映えもしない 記録ばっかで イカサマして 誤魔化してくんだ 単純明快でしょう? 笑って怒って泣いて 大盛況なフリして (JUMP!JUMP!) 人生設計順調? 飾って踊ってみたって あぁ、虚しくなるわ 私の人生なんてきっと ハリボテのストーリー 期待なんてしてない いつからだったっけ? そんな劣等感が渋滞 問題作なんでしょうが 終わるまでどうか ワガママでいさせて 何もない訳じゃない。ガラクタも踊りだす 鳴り止まぬ 意地のアンサンブル 価値もない 意味もない 正解を演じてる いつになっても 御涙頂戴 大喝采なんでしょう? 笑って怒って泣いて 大反響なフリして (CLAP!CLAP!) 人生計画成功? 作って笑っていたんじゃ 泣けなくなるわ 未完成だって 構わない 大衆は嘘を縫ったドレスばっかで 笑っていた 笑っていた もう、嫌になるわ そうだよ人生なんてきっと めちゃくちゃなストーリー 無我夢中で行こうぜ いくつになったって 何十何百何千何万 躓いていようが 終わるまでどうか ワガママでいさせてユアネス-大抵は意味もない 答え合わせ 愼重に取り繕う キャラクター 最低さ 映えもしない 記録ばっかで イカサマして 誤魔化してくんだ 単純明快でしょう? 笑って怒って泣いて 大盛況なフリして (JUMP!JUMP!) 人生設計順調? 飾って踊ってみたって あぁ、虚しくなるわ 私の人生なんてきっと ハリボテのストーリー 期待なんてしてない いつからだったっけ? そんな劣等感が渋滞 問題作なんでしょうが 終わるまでどうか ワガママでいさせて 何もない訳じゃない。ガラクタも踊りだす 鳴り止まぬ 意地のアンサンブル 価値もない 意味もない 正解を演じてる いつになっても 御涙頂戴 大喝采なんでしょう? 笑って怒って泣いて 大反響なフリして (CLAP!CLAP!) 人生計画成功? 作って笑っていたんじゃ 泣けなくなるわ 未完成だって 構わない 大衆は嘘を縫ったドレスばっかで 笑っていた 笑っていた もう、嫌になるわ そうだよ人生なんてきっと めちゃくちゃなストーリー 無我夢中で行こうぜ いくつになったって 何十何百何千何万 躓いていようが 終わるまでどうか ワガママでいさせて
伝えたかったこと簡単な想いだって 口に出すのはいつも私から 伝えたいことは なんでか伝わらないのです 難しい言葉を 口に出すのはいつもあなたから 伝わらなくていいことも 伝わるみたいです 静けさが増していく高架線を 振り返るように見ていた 何回目の朝だ、何回目の僕だ。 「行かないでよ、ねぇ!」って言えばよかったな 「行かないでよ、ねぇ。」って言えればよかったなぁ もう一生 あんたに会わないのかな 会えないのかな。片付けは今度するよ。 情けない言葉を 口に出すのはいつも私から 伝えたいことは なんでか伝わらないのです 恥ずかしい言葉を 口に出すのはいつもあなたから 伝わらなくていいことも 伝わるみたいです 静けさに慣れていく私を背に ぼやけてる日々を見ていた 何回目の朝だ、何回目の僕なんだ。 「消さないでよね。」って言えばよかったな 「消さないからね。」って言えればよかったなぁ もう一回、何て似合わないのかな? 似合わないのかな。片付けはいつにしようか。 簡単な想いすら 伝えられないようになってた 心の中 奥底に仕舞い込んでるから 難しい言葉でも 何故か伝わるようになってた 言いたいことがあるんだ。聞いて欲しいことがあるんだ。 「あんたの言葉に騙されてたこと。」 「いつまでたっても心にいること。」 「しょうもない嘘で笑ってたこと。」 「適当すぎた毎日毎日」 「頼りない癖にかっこつけるとこ。」 「夜中の3時に会いにくるとこ。」 わかりにくい言葉で 大切だった私を過去にしたあなたが嫌い 幸せになんな。幸せになんなよ。 あなたが嫌いだ。 あなたが嫌いだった。ユアネス- 動画簡単な想いだって 口に出すのはいつも私から 伝えたいことは なんでか伝わらないのです 難しい言葉を 口に出すのはいつもあなたから 伝わらなくていいことも 伝わるみたいです 静けさが増していく高架線を 振り返るように見ていた 何回目の朝だ、何回目の僕だ。 「行かないでよ、ねぇ!」って言えばよかったな 「行かないでよ、ねぇ。」って言えればよかったなぁ もう一生 あんたに会わないのかな 会えないのかな。片付けは今度するよ。 情けない言葉を 口に出すのはいつも私から 伝えたいことは なんでか伝わらないのです 恥ずかしい言葉を 口に出すのはいつもあなたから 伝わらなくていいことも 伝わるみたいです 静けさに慣れていく私を背に ぼやけてる日々を見ていた 何回目の朝だ、何回目の僕なんだ。 「消さないでよね。」って言えばよかったな 「消さないからね。」って言えればよかったなぁ もう一回、何て似合わないのかな? 似合わないのかな。片付けはいつにしようか。 簡単な想いすら 伝えられないようになってた 心の中 奥底に仕舞い込んでるから 難しい言葉でも 何故か伝わるようになってた 言いたいことがあるんだ。聞いて欲しいことがあるんだ。 「あんたの言葉に騙されてたこと。」 「いつまでたっても心にいること。」 「しょうもない嘘で笑ってたこと。」 「適当すぎた毎日毎日」 「頼りない癖にかっこつけるとこ。」 「夜中の3時に会いにくるとこ。」 わかりにくい言葉で 大切だった私を過去にしたあなたが嫌い 幸せになんな。幸せになんなよ。 あなたが嫌いだ。 あなたが嫌いだった。
「変わんないね」なんてあなたもでしょう きっと 誰かのせい きっと誰かのせい 「ずっと笑いあって このままでいよう」とか なんて言葉もさ もうすり抜けてしまうね 飼いならした日々を 呼びかけても ずっと 誰もいない ずっと 誰もいなくて きっと あなたが聞いたら 笑うのかな なんて事ばっかさ 考えちゃうね 「まだ消えたくないんだ」って 言葉が離れない だけど気づけば僕ら ありきたりな 言葉の中に隠れてた 泣いていた君の姿も 見ないフリ 痛いフリ 手を伸ばせば 届く距離の 左手すら しまっていた 言葉にすれば 忘れるなら このまま また明日ね「さよなら」なんて言えなくて ずっと裏返しの日常すら 忘れられないのは あまりにもどかしい事だ 壊れた信号は 赤のまま立ち止まる 「お願い誰か誰か わかってよ」 気がつけば 白線の上 寄り道がてらに 「救ってよ」 もし耐え難い 結末に襲われて 部屋の片隅で 泣いてるなら 笑えるように すぐに拭ってあげるからさ ありきたりな 言葉に中に隠してた 泣いていた僕の弱さも 見ないフリ 見ないフリ 手を伸ばせば 届く距離にいた 君は もういないや ありきたりな 僕らの中に隠れてた 泣いていた君の姿も 見ないフリ 痛いフリ 手を伸ばせば 届く距離の 左手は 雨に濡れた 飼いならしたはずの あなたの事 きっと誰かのせい きっとあなたのせい 「ずっと笑いあって このままでいよう」とか なんて言葉にさ まだ騙されているんだユアネス- 動画「変わんないね」なんてあなたもでしょう きっと 誰かのせい きっと誰かのせい 「ずっと笑いあって このままでいよう」とか なんて言葉もさ もうすり抜けてしまうね 飼いならした日々を 呼びかけても ずっと 誰もいない ずっと 誰もいなくて きっと あなたが聞いたら 笑うのかな なんて事ばっかさ 考えちゃうね 「まだ消えたくないんだ」って 言葉が離れない だけど気づけば僕ら ありきたりな 言葉の中に隠れてた 泣いていた君の姿も 見ないフリ 痛いフリ 手を伸ばせば 届く距離の 左手すら しまっていた 言葉にすれば 忘れるなら このまま また明日ね「さよなら」なんて言えなくて ずっと裏返しの日常すら 忘れられないのは あまりにもどかしい事だ 壊れた信号は 赤のまま立ち止まる 「お願い誰か誰か わかってよ」 気がつけば 白線の上 寄り道がてらに 「救ってよ」 もし耐え難い 結末に襲われて 部屋の片隅で 泣いてるなら 笑えるように すぐに拭ってあげるからさ ありきたりな 言葉に中に隠してた 泣いていた僕の弱さも 見ないフリ 見ないフリ 手を伸ばせば 届く距離にいた 君は もういないや ありきたりな 僕らの中に隠れてた 泣いていた君の姿も 見ないフリ 痛いフリ 手を伸ばせば 届く距離の 左手は 雨に濡れた 飼いならしたはずの あなたの事 きっと誰かのせい きっとあなたのせい 「ずっと笑いあって このままでいよう」とか なんて言葉にさ まだ騙されているんだ
凩 (6 case ver.)「変わんないね」なんてあなたもでしょう きっと 誰かのせい きっと 誰かのせい 「ずっと笑いあって このままでいよう」とか なんて言葉もさ もうすり抜けてしまうね 飼いならした日々を 呼びかけても ずっと 誰もいない ずっと 誰もいなくて きっと あなたが聞いたら 笑うのかな なんて事ばっかさ 考えちゃうね 「まだ消えたくないんだ」って 言葉が離れない だけど気づけば僕ら ありきたりな 言葉の中に隠れてた 泣いていた君の姿も 見ないフリ 痛いフリ 手を伸ばせば 届く距離の 左手すら しまっていた 言葉にすれば 忘れるなら このまま また明日ね「さよなら」なんて言えなくて ずっと裏返しの日常すら 忘れられないのは あまりにもどかしい事だ 壊れた信号は 赤のまま立ち止まる 「お願い誰か誰か わかってよ」 気がつけば 白線の上 寄り道がてらに 「救ってよ」 もしも耐え難い 結末に襲われて 部屋の片隅で 泣いてるなら 笑えるように すぐに拭ってあげるからさ ありきたりな 言葉の中に隠してた 泣いていた僕の弱さも 見ないフリ 見ないフリ 手を伸ばせば 届く距離にいた 君は もういないや ありきたりな 僕らの中に隠れてた 泣いていた君の姿も 見ないフリ 痛いフリ 手を伸ばせば 届く距離の 左手は 雨に濡れた 飼いならしたはずの あなたの事 きっと誰かのせい きっとあなたのせい 「ずっと笑いあって このままでいよう」とか なんて言葉にさ まだ騙されているんだユアネス-「変わんないね」なんてあなたもでしょう きっと 誰かのせい きっと 誰かのせい 「ずっと笑いあって このままでいよう」とか なんて言葉もさ もうすり抜けてしまうね 飼いならした日々を 呼びかけても ずっと 誰もいない ずっと 誰もいなくて きっと あなたが聞いたら 笑うのかな なんて事ばっかさ 考えちゃうね 「まだ消えたくないんだ」って 言葉が離れない だけど気づけば僕ら ありきたりな 言葉の中に隠れてた 泣いていた君の姿も 見ないフリ 痛いフリ 手を伸ばせば 届く距離の 左手すら しまっていた 言葉にすれば 忘れるなら このまま また明日ね「さよなら」なんて言えなくて ずっと裏返しの日常すら 忘れられないのは あまりにもどかしい事だ 壊れた信号は 赤のまま立ち止まる 「お願い誰か誰か わかってよ」 気がつけば 白線の上 寄り道がてらに 「救ってよ」 もしも耐え難い 結末に襲われて 部屋の片隅で 泣いてるなら 笑えるように すぐに拭ってあげるからさ ありきたりな 言葉の中に隠してた 泣いていた僕の弱さも 見ないフリ 見ないフリ 手を伸ばせば 届く距離にいた 君は もういないや ありきたりな 僕らの中に隠れてた 泣いていた君の姿も 見ないフリ 痛いフリ 手を伸ばせば 届く距離の 左手は 雨に濡れた 飼いならしたはずの あなたの事 きっと誰かのせい きっとあなたのせい 「ずっと笑いあって このままでいよう」とか なんて言葉にさ まだ騙されているんだ
命の容量魔法のようにさ 消えてしまえたら 足跡ひとつ 残さずに去ってしまえた 「あと一歩遠くへ」 聞きたかった言葉は 今も響くことなく 悲しみがまた 訪れるまた 僕を連れていくんだ 僕を連れていくんだ 私にもまだ 許されるなら 脆く 戻る事のない命を 「もう歩けない」と しゃがみ込む君の合図を 見過ごして 空になった予定を眺めてる ただ あの日々がまた 蘇るまた 遠く 崩れかけてた未来を 照らしてる (透明な旋律に 泣けるような心を持っている) (不透明な 流れ出した涙を) 呼吸はできるのに 心は時々 「最終回だ」と 言葉より先に 手を離してしまう 心の代わりに 泣けなくなった あぁ「もう居ないんだよ」 わかっているけど わかってるけど あなたがくれた 温もりがまた 僕を連れていくんだ 僕を連れていくんだ あなたに向けた この歌がまだ届くなら それだけでもいい ただ それだけでいい 変われたフリをしてしまった ずるいや 残していった笑顔の中に隠した 聞こえなかった 本心も 今になって 届くなんて あまりに馬鹿げている 「もう歩けない」と しゃがみ込む君の合図を 見過ごして 空になった予定を眺めてる ただ 花びらにまた 包まれるまた 遠く 崩れかけてた未来を 照らしてる 照らしてる 照らしている この命を (透明な旋律に 泣けるような心を持っている) (不透明な 流れ出した涙を)ユアネス-魔法のようにさ 消えてしまえたら 足跡ひとつ 残さずに去ってしまえた 「あと一歩遠くへ」 聞きたかった言葉は 今も響くことなく 悲しみがまた 訪れるまた 僕を連れていくんだ 僕を連れていくんだ 私にもまだ 許されるなら 脆く 戻る事のない命を 「もう歩けない」と しゃがみ込む君の合図を 見過ごして 空になった予定を眺めてる ただ あの日々がまた 蘇るまた 遠く 崩れかけてた未来を 照らしてる (透明な旋律に 泣けるような心を持っている) (不透明な 流れ出した涙を) 呼吸はできるのに 心は時々 「最終回だ」と 言葉より先に 手を離してしまう 心の代わりに 泣けなくなった あぁ「もう居ないんだよ」 わかっているけど わかってるけど あなたがくれた 温もりがまた 僕を連れていくんだ 僕を連れていくんだ あなたに向けた この歌がまだ届くなら それだけでもいい ただ それだけでいい 変われたフリをしてしまった ずるいや 残していった笑顔の中に隠した 聞こえなかった 本心も 今になって 届くなんて あまりに馬鹿げている 「もう歩けない」と しゃがみ込む君の合図を 見過ごして 空になった予定を眺めてる ただ 花びらにまた 包まれるまた 遠く 崩れかけてた未来を 照らしてる 照らしてる 照らしている この命を (透明な旋律に 泣けるような心を持っている) (不透明な 流れ出した涙を)
変化に気づかない久しぶり 久しぶり 元気にしてた? うーん、普通かな 普通って、何よそれ まぁ、元気そうならいいけど そっちは、どうなの? うーん、私も普通かなぁ ただいつも通り来る毎日を、いつも通り過ごしてる 何? 何でもないよ ねぇ! 何? またね 本当、変わんないねユアネス-久しぶり 久しぶり 元気にしてた? うーん、普通かな 普通って、何よそれ まぁ、元気そうならいいけど そっちは、どうなの? うーん、私も普通かなぁ ただいつも通り来る毎日を、いつも通り過ごしてる 何? 何でもないよ ねぇ! 何? またね 本当、変わんないね
夜中に夜中になら 夜中になれば あなたも沈んでいく 思い出せば ただそれだけなのさ ありふれた事 ばっかの日々だ 呆れる事 ばっかの日々だった 誕生日を間違えられていた夜も そんな日々も今じゃ懐かしいと思うよ 愛せない事 ばっかの日々だ 呆れる事 ばっかの日々だった 単純にはなれないと うなだれた僕を 笑ってた君の事 今でも思い出すよ 閉まっていた 言葉は 染まっていた 憂いを帯びては 飾っていた 心を だけど もうしたくない したくない したくないよ したくないのに 夜中なら 夜中になれば あなたも沈んでいく 思い出せば ただそれだけなのさ 夜中になった 夜中になっていた あなたは沈んでいかない 憶い出せば ただそれだけなのに 夜中になら 夜中になれば 明かりは灯っている 思い出せた ただそれだけなのさユアネス-夜中になら 夜中になれば あなたも沈んでいく 思い出せば ただそれだけなのさ ありふれた事 ばっかの日々だ 呆れる事 ばっかの日々だった 誕生日を間違えられていた夜も そんな日々も今じゃ懐かしいと思うよ 愛せない事 ばっかの日々だ 呆れる事 ばっかの日々だった 単純にはなれないと うなだれた僕を 笑ってた君の事 今でも思い出すよ 閉まっていた 言葉は 染まっていた 憂いを帯びては 飾っていた 心を だけど もうしたくない したくない したくないよ したくないのに 夜中なら 夜中になれば あなたも沈んでいく 思い出せば ただそれだけなのさ 夜中になった 夜中になっていた あなたは沈んでいかない 憶い出せば ただそれだけなのに 夜中になら 夜中になれば 明かりは灯っている 思い出せた ただそれだけなのさ
少年少女をやめてから逸らしてしまったこと 濁してしまった思想 背徳感に称される日々も 最終回を繰り返すのに 濡らしてしまった言 縋ってしまった理想 空想上に撒き散らしてきた 劣等感に汚されてしまいそう 滲んでしまった事 揺らいでしまった思考 臨場感に起こされた今日も 最終回で昨日になるよ 崩してしまった言 空想上に撒き散らしてきた 劣等感に汚されてしまいそう 汚されてしまいそう 汚されてしまいそうだ 答えを出したって 履き慣れた言葉にすり替えてしまうのに 隠しきれない 記憶の断章を 塗り替えられぬ いつかの感情を 少しずつ 掠れゆく この哀を 思い出してもいいかい 逸らしてしまったこと 濁してしまった思想 背徳感に称される日々も 最終回を繰り返すのに 濡らしてしまった言 縋ってしまった理想 空想上に撒き散らしてきた 劣等感に汚されてしまいそう 汚されてしまいそう 汚されてしまいそうだ 応えを出したって 履き慣れた言葉に流されてしまうのに 次第に沈む 記憶の解像度 渡れなかった はずの赤い信号 知らぬまに 飛び立っていた 滑走路 白線の上で 君を見て 隠しきれない 記憶の断章を 塗り替えられぬ いつかの感情を 少しずつ 溢れてくる この愛を 思い出してもいいかいユアネス-逸らしてしまったこと 濁してしまった思想 背徳感に称される日々も 最終回を繰り返すのに 濡らしてしまった言 縋ってしまった理想 空想上に撒き散らしてきた 劣等感に汚されてしまいそう 滲んでしまった事 揺らいでしまった思考 臨場感に起こされた今日も 最終回で昨日になるよ 崩してしまった言 空想上に撒き散らしてきた 劣等感に汚されてしまいそう 汚されてしまいそう 汚されてしまいそうだ 答えを出したって 履き慣れた言葉にすり替えてしまうのに 隠しきれない 記憶の断章を 塗り替えられぬ いつかの感情を 少しずつ 掠れゆく この哀を 思い出してもいいかい 逸らしてしまったこと 濁してしまった思想 背徳感に称される日々も 最終回を繰り返すのに 濡らしてしまった言 縋ってしまった理想 空想上に撒き散らしてきた 劣等感に汚されてしまいそう 汚されてしまいそう 汚されてしまいそうだ 応えを出したって 履き慣れた言葉に流されてしまうのに 次第に沈む 記憶の解像度 渡れなかった はずの赤い信号 知らぬまに 飛び立っていた 滑走路 白線の上で 君を見て 隠しきれない 記憶の断章を 塗り替えられぬ いつかの感情を 少しずつ 溢れてくる この愛を 思い出してもいいかい
心の在り処哀しい時 寂しい時 嬉しい時 楽しい時 どうして 「涙」は 溢れちゃうのかな。 いつも 何かを思い出すのは 決まって「ここ」なのに どうして 思いを留める場所は「ここ」なのかな。 考えるのは「ここ」なのに どうして 心は「ここ」にあるって 言うのかな。ユアネス-哀しい時 寂しい時 嬉しい時 楽しい時 どうして 「涙」は 溢れちゃうのかな。 いつも 何かを思い出すのは 決まって「ここ」なのに どうして 思いを留める場所は「ここ」なのかな。 考えるのは「ここ」なのに どうして 心は「ここ」にあるって 言うのかな。
日々、月を見る2人 零した 日々の隙間に 月が 雲に 隠れたしまっても このままどうか何も言わずに 「絡まった糸を ほどいて」 「あぁ 何て世界だ」 明日はきっと 救われるきっと もう何回 言い聞かせてる 言葉はいつも 透明で期待外れだ 「あぁ どうも世界は」 思うよりずっと 進んでるずっと もう何回 言い返してる 言葉はいつも 少しだけ 絡まり出した 意図に怯えながら 空回りした 日々を過ごせば 絡まり出した 想いを手繰り寄せて ほどけないように 緩まないように 叫んでた ただ 抜け出せないからと しがみ付いては また心にもない言葉で 傷を付けて わかりきってた だけどまた きっとどこかで あなたを思ってしまうよ 思ってしまうよ 2人 零した 日々の隙間に 月が 雲に 隠れたしまっても このままどうか何も言わずに 「絡まった糸を」 2人 零した 日々の隙間に 月が 雲に 隠れたしまっても このままどうか何も言わずに 「絡まった糸を ほどいて」 2人 灯した 日々の隙間を 月が 雲に 隠れたしまっていた そのままどうか何も言わずに 「絡まった糸を ほどいて」ユアネス-2人 零した 日々の隙間に 月が 雲に 隠れたしまっても このままどうか何も言わずに 「絡まった糸を ほどいて」 「あぁ 何て世界だ」 明日はきっと 救われるきっと もう何回 言い聞かせてる 言葉はいつも 透明で期待外れだ 「あぁ どうも世界は」 思うよりずっと 進んでるずっと もう何回 言い返してる 言葉はいつも 少しだけ 絡まり出した 意図に怯えながら 空回りした 日々を過ごせば 絡まり出した 想いを手繰り寄せて ほどけないように 緩まないように 叫んでた ただ 抜け出せないからと しがみ付いては また心にもない言葉で 傷を付けて わかりきってた だけどまた きっとどこかで あなたを思ってしまうよ 思ってしまうよ 2人 零した 日々の隙間に 月が 雲に 隠れたしまっても このままどうか何も言わずに 「絡まった糸を」 2人 零した 日々の隙間に 月が 雲に 隠れたしまっても このままどうか何も言わずに 「絡まった糸を ほどいて」 2人 灯した 日々の隙間を 月が 雲に 隠れたしまっていた そのままどうか何も言わずに 「絡まった糸を ほどいて」
日照雨水槽の中なら まだ少しは 深い呼吸ができる 水泡の花なら まだ少しは 深い呼吸ができるから すり抜けた 季節と 映り出た 曜を消して 流れ着く頃には もう 霞んでしまう 限りある 今日に ずっと 佇んでた 突き刺さる 現実に ずっと 溢れ出してたのは 水泡になりきった そっと 紛れ込んだ 涙も見えぬまま 降りかかる 劣等に ずっと ただ 幻日を抱いて 「違うよな」 甘い哀でまぶして 濁りきった 水槽に焼ける音 「灯を消して」 溢れ出してたのは 降り注ぐ 月光に そっと 照らされるように 死角から 泡の花で隠していた まだ あなたは覚めぬまま 擦り切れた 期待と 映り出た 曜を消して 書き留めた言葉は もう ずっと休んでいる 余りある 今日に ずっと 佇んでた 辿り着く 現実に ずっと 流れ込んでたのは 水泡になりきった そっと 紛れ込んだ 涙も見えぬまま 降りかかる 劣等に ずっと ただ 幻日を抱いて 「違うよな」 甘い哀でまぶして 濁りきった 水槽に焼ける音 「灯を消して」 溢れ出してたのは 水槽の中なら 水槽の中なら 水槽の中から 水泡の花になれば 降り注ぐ 月光に そっと 照らされるように 死角から泡の花で 隠していた まだ あなたは覚めぬまま 溢れ出してたのはユアネス-水槽の中なら まだ少しは 深い呼吸ができる 水泡の花なら まだ少しは 深い呼吸ができるから すり抜けた 季節と 映り出た 曜を消して 流れ着く頃には もう 霞んでしまう 限りある 今日に ずっと 佇んでた 突き刺さる 現実に ずっと 溢れ出してたのは 水泡になりきった そっと 紛れ込んだ 涙も見えぬまま 降りかかる 劣等に ずっと ただ 幻日を抱いて 「違うよな」 甘い哀でまぶして 濁りきった 水槽に焼ける音 「灯を消して」 溢れ出してたのは 降り注ぐ 月光に そっと 照らされるように 死角から 泡の花で隠していた まだ あなたは覚めぬまま 擦り切れた 期待と 映り出た 曜を消して 書き留めた言葉は もう ずっと休んでいる 余りある 今日に ずっと 佇んでた 辿り着く 現実に ずっと 流れ込んでたのは 水泡になりきった そっと 紛れ込んだ 涙も見えぬまま 降りかかる 劣等に ずっと ただ 幻日を抱いて 「違うよな」 甘い哀でまぶして 濁りきった 水槽に焼ける音 「灯を消して」 溢れ出してたのは 水槽の中なら 水槽の中なら 水槽の中から 水泡の花になれば 降り注ぐ 月光に そっと 照らされるように 死角から泡の花で 隠していた まだ あなたは覚めぬまま 溢れ出してたのは
私の最後の日原稿なんていらない だって到底 描ききれないや 台本だっていらない 不器用でしょう わかってるわ 吹き替えなんていらない だって映画のようにならないよ 結末だっていらない 救いようのない 終わりはいらない きっと泣き言だって言わない 誤魔化して隠す 悪い癖 「約束」なんて言えない 束ねたまましまった いつも 騒々しい あなたの声がちょっぴり 小さくなって 震えてるの 分かってるんだから いつもは 言わないくせに 今更言わないでよ 「私も心から幸せでした」 だから そんな悲しい 涙はしまっておいて せめて今日くらいは 我儘でいさせて だから そんな哀しい 顔で笑わないでよ あぁ「ごめんね」泣かせてたの 私だったな だけど やっぱ寂しい 好きな映画もドラマも 隠して持っていければ 良かったのになぁ だけど きっといらない 君に貰いすぎた愛を 無くしてしまうといけないから だから そんな悲しい 涙はしまっておいて せめて最期くらい 我儘でいさせて だから そんな優しい 顔で笑わないでよ あぁ「ごめんね」泣かせてたの 私だったなユアネス- 動画原稿なんていらない だって到底 描ききれないや 台本だっていらない 不器用でしょう わかってるわ 吹き替えなんていらない だって映画のようにならないよ 結末だっていらない 救いようのない 終わりはいらない きっと泣き言だって言わない 誤魔化して隠す 悪い癖 「約束」なんて言えない 束ねたまましまった いつも 騒々しい あなたの声がちょっぴり 小さくなって 震えてるの 分かってるんだから いつもは 言わないくせに 今更言わないでよ 「私も心から幸せでした」 だから そんな悲しい 涙はしまっておいて せめて今日くらいは 我儘でいさせて だから そんな哀しい 顔で笑わないでよ あぁ「ごめんね」泣かせてたの 私だったな だけど やっぱ寂しい 好きな映画もドラマも 隠して持っていければ 良かったのになぁ だけど きっといらない 君に貰いすぎた愛を 無くしてしまうといけないから だから そんな悲しい 涙はしまっておいて せめて最期くらい 我儘でいさせて だから そんな優しい 顔で笑わないでよ あぁ「ごめんね」泣かせてたの 私だったな
籠の中に鳥わかりきってた 答えに背いて ごまかしていた はずの 傷に 抱かれてる しがみついてた 応えに尋ねても 聞き返してた 言葉はもう 何度も繰り返している 同じところ 同じ心を 何回だって 夏が ここに 来ようとも 私 同じ 季節にいるんだ あぁ どうすれば この身体から あなたを隠す事ができるのか ねぇどうすれば ねぇどうしたら 笑って 昨日を 唄ってられるのでしょうか 降り始めた 惰性の雨が 隠しきれない言葉を 誤魔化してる 滲んできた 水性の日々が 乾ききった 夢へと 染み付いて 何度も振り返ってる 同じ場所を 同じ心を 何回だって 春 が ここに 来ようとも 私 1人 言えずにいるんだ あぁ どうすれば この身体から あなたを隠す事ができるのか ねぇどうすれば ねぇどうしたら 笑って 昨日を 唄ってられるのでしょうか 春になって 桜が咲いて いつかが 見えなくなって 「もういいかい?」 繰り返し何度も零してしまう 何遍も何遍も何遍も何千通り 日々を描いていたのに 明日にならない どうすれば この身体から 「心」を隠す事ができるのか ねぇどうすればいぃ? ねぇどうしたらいいの 笑って 昨日を また 迎えられるには あぁ どうすれば この身体から あなたを隠す事ができるのか ねぇ どうすればいぃ ねぇ どうしたら 笑って 昨日を 唄ってられるのでしょうか こんな私を 叱ってくれるのでしょうかユアネスイエスタデイをうたって 動画わかりきってた 答えに背いて ごまかしていた はずの 傷に 抱かれてる しがみついてた 応えに尋ねても 聞き返してた 言葉はもう 何度も繰り返している 同じところ 同じ心を 何回だって 夏が ここに 来ようとも 私 同じ 季節にいるんだ あぁ どうすれば この身体から あなたを隠す事ができるのか ねぇどうすれば ねぇどうしたら 笑って 昨日を 唄ってられるのでしょうか 降り始めた 惰性の雨が 隠しきれない言葉を 誤魔化してる 滲んできた 水性の日々が 乾ききった 夢へと 染み付いて 何度も振り返ってる 同じ場所を 同じ心を 何回だって 春 が ここに 来ようとも 私 1人 言えずにいるんだ あぁ どうすれば この身体から あなたを隠す事ができるのか ねぇどうすれば ねぇどうしたら 笑って 昨日を 唄ってられるのでしょうか 春になって 桜が咲いて いつかが 見えなくなって 「もういいかい?」 繰り返し何度も零してしまう 何遍も何遍も何遍も何千通り 日々を描いていたのに 明日にならない どうすれば この身体から 「心」を隠す事ができるのか ねぇどうすればいぃ? ねぇどうしたらいいの 笑って 昨日を また 迎えられるには あぁ どうすれば この身体から あなたを隠す事ができるのか ねぇ どうすればいぃ ねぇ どうしたら 笑って 昨日を 唄ってられるのでしょうか こんな私を 叱ってくれるのでしょうか
紫苑誰しもが 感情に 背を向いて 気づけば 枯れ果てる 花のようだ 光りを 遠ざかるようになって 花開くようにまた ただ忘れてく 単純な日々を切っては並べて 難解な言葉を振りかざしてる きっと大抵は聞き慣れすぎてしまうけど ずっと快晴じゃ心は枯れ果ててしまう 雪が 月が 次第に降り積もって 夢から覚めるように 記憶を探してる いつかは あなたが 誰かもわかんなくなって 呼び慣れた 名前を 何処かに置いてくるかもしれない 「はじめから」でもいいから 少しずつ 少しずつ 聞き飽きるくらいに いつも通り 戯けて 振り向いて欲しい いつかはあなたが 誰かもわかんなくなって (いつかはあなたが 誰かもわかんなくなって) いつかは私が 誰かもわかんなくなってく (いつかは私が誰かもわかんなくなってく) いつかは あなたが 誰かもわかんなくなってく 呼び慣れた 名前を 何処かに置いてくるかもしれないけど 「はじめから」でも良いって 「はじめまして」で良いって 簡単に覚えて 簡単に忘れ去って 淡々と流れて淡々と流れ去った この芽を振り向かせてほしいユアネス-誰しもが 感情に 背を向いて 気づけば 枯れ果てる 花のようだ 光りを 遠ざかるようになって 花開くようにまた ただ忘れてく 単純な日々を切っては並べて 難解な言葉を振りかざしてる きっと大抵は聞き慣れすぎてしまうけど ずっと快晴じゃ心は枯れ果ててしまう 雪が 月が 次第に降り積もって 夢から覚めるように 記憶を探してる いつかは あなたが 誰かもわかんなくなって 呼び慣れた 名前を 何処かに置いてくるかもしれない 「はじめから」でもいいから 少しずつ 少しずつ 聞き飽きるくらいに いつも通り 戯けて 振り向いて欲しい いつかはあなたが 誰かもわかんなくなって (いつかはあなたが 誰かもわかんなくなって) いつかは私が 誰かもわかんなくなってく (いつかは私が誰かもわかんなくなってく) いつかは あなたが 誰かもわかんなくなってく 呼び慣れた 名前を 何処かに置いてくるかもしれないけど 「はじめから」でも良いって 「はじめまして」で良いって 簡単に覚えて 簡単に忘れ去って 淡々と流れて淡々と流れ去った この芽を振り向かせてほしい
色の見えない少女灰色の世界 無味乾燥で 味気ない道端の花 名前だけは知ってて 君は私に 景色をくれた 曖昧なまま霞むけど まぁいっかで受け止めた 「夕陽は何色?」 時間は過ぎてく 変わらないはずの モノクロのこの世界で 君のその黒い瞳で見える 私はどう映っているの 溢れ出す 涙で滲んでゆく 水性の景色が ノイズ混じりに姿を彩っていく 灰色の世界 不鮮明に光り 淡く白い一輪の花 窓辺に飾ってある 僕の事なら 忘れていい 笑いながら そう言う君は どこか寂しげに見えた 夜空を眺めて 星座を探した 変わらないはずの モノクロのこの世界が 次第に色を付けてゆき おとぎ話の様に変わってく いつか 私にも見えるかな その時に もう一度 二人だけでこの景色を見に来よう 最後まで 嘘を 隠し通してよ 交わったあの約束は 一瞬にして姿を失って とても とても 刺激的で この世界は色付いた あの青い海岸で 待ってるからユアネス-灰色の世界 無味乾燥で 味気ない道端の花 名前だけは知ってて 君は私に 景色をくれた 曖昧なまま霞むけど まぁいっかで受け止めた 「夕陽は何色?」 時間は過ぎてく 変わらないはずの モノクロのこの世界で 君のその黒い瞳で見える 私はどう映っているの 溢れ出す 涙で滲んでゆく 水性の景色が ノイズ混じりに姿を彩っていく 灰色の世界 不鮮明に光り 淡く白い一輪の花 窓辺に飾ってある 僕の事なら 忘れていい 笑いながら そう言う君は どこか寂しげに見えた 夜空を眺めて 星座を探した 変わらないはずの モノクロのこの世界が 次第に色を付けてゆき おとぎ話の様に変わってく いつか 私にも見えるかな その時に もう一度 二人だけでこの景色を見に来よう 最後まで 嘘を 隠し通してよ 交わったあの約束は 一瞬にして姿を失って とても とても 刺激的で この世界は色付いた あの青い海岸で 待ってるから
躍動手に入れるのが勝利なら 手放すのは敗北でしょうか 誰も傷つかない世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ賭けてみたい ちょうどこんな月の夜 刻を告げる鐘の音を聞いた 残響は 空っぽの私ぜんぶ見透かしてるようで 怒りと嘆きは瞬く間に人から人へと手渡され いもしない敵を作りあげては 戦えと焚きつけるの 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけに耳を澄まして 絶対的な正義とか揺るぎない掟を 運命とみんなが呼ぶ偶然の連なりを いったいどれだけ信じ続ければいいんだろう もうとっくに裏切られた気もしなくないけど ああ 天球儀なぞり 指で何度も触れた星座 それは渡り鳥が飛び立つ頃 夜明けの赤い空へ昇る 限りなく自由に近い不自由へと向かってる未来 選ぶことを諦めたらもう引き返せない あの鐘の音に耳を澄まして あらがうほど締め付けられ 求めるほど奪われてしまう 誰もが許しあう世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけ信じてる (ほら あの鐘の音に耳を澄まして)ユアネス-手に入れるのが勝利なら 手放すのは敗北でしょうか 誰も傷つかない世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ賭けてみたい ちょうどこんな月の夜 刻を告げる鐘の音を聞いた 残響は 空っぽの私ぜんぶ見透かしてるようで 怒りと嘆きは瞬く間に人から人へと手渡され いもしない敵を作りあげては 戦えと焚きつけるの 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけに耳を澄まして 絶対的な正義とか揺るぎない掟を 運命とみんなが呼ぶ偶然の連なりを いったいどれだけ信じ続ければいいんだろう もうとっくに裏切られた気もしなくないけど ああ 天球儀なぞり 指で何度も触れた星座 それは渡り鳥が飛び立つ頃 夜明けの赤い空へ昇る 限りなく自由に近い不自由へと向かってる未来 選ぶことを諦めたらもう引き返せない あの鐘の音に耳を澄まして あらがうほど締め付けられ 求めるほど奪われてしまう 誰もが許しあう世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけ信じてる (ほら あの鐘の音に耳を澄まして)
風景の一部無表情な街を眺め歩いてる 今じゃ不恰好も 笑い話にはなるみたいだ 無表情な街並みにさえ切なくなる 無関係で無関心なのにな 悲しい言葉になら 愛しい言葉になら少しは この心も隠してしまえるのに 優しい言葉になら 恥ずかしい言葉になら少しは この心も溶かしてしまえるのにな 「忘れてもいいから」ってさ 君が泣きながら言うから 僕の方が 哀しくなる 他人事のように笑って言うな 「はじめから」だっていいから 「つづきから」じゃなくたっていいよ 空っぽな今日を注いでほしい また今日になってしまうな また今日になってしまうんだ 何もできなかった 「このまま」が怖かったんだ また今日になってしまうな また今日になってしまうんだ 何もできないまま いつもどおり暗くなるこの街も 正しい笑い方を忘れてしまったんだ しわくちゃになっているだろう 正しい遊び方も忘れてしまっているんだ 隠し場所も 探し方も どれも僕を映すのに 隠して 隠してよ 「忘れてもいいから」ってさ 君が泣きながら言うから 僕の方が 哀しくなるんだ 他人事のように笑って言うな 「はじめから」だっていいから 「つづきから」じゃなくたっていいよ 空っぽな今日を注いでほしい 訪れてた 日常に 叱られては目覚める毎日だってさ 単調に過ごした 単純な日々も 忘れられないまま 通り過ぎた日常に 慰められて眠る毎日だ 隠し通せない 隠しようもない 言葉を 零す 「忘れてもいいから」ってさ 君に泣きながら言ったな 君の方が 哀しそうにするから 余計に涙が出んだ 「はじめから」だっていいかな 「つづきから」じゃなくたっていいなら また愛を注いでほしい 「忘れてもいいから」ってさ 君が泣きながら言うから 僕の方が 哀しくなるんだ 他人事のように笑って言うな 「はじめから」だっていいから 「つづきから」じゃなくたっていいよ 空っぽな今日を注いでほしい しわくちゃな「i」を重ねてほしいユアネス-無表情な街を眺め歩いてる 今じゃ不恰好も 笑い話にはなるみたいだ 無表情な街並みにさえ切なくなる 無関係で無関心なのにな 悲しい言葉になら 愛しい言葉になら少しは この心も隠してしまえるのに 優しい言葉になら 恥ずかしい言葉になら少しは この心も溶かしてしまえるのにな 「忘れてもいいから」ってさ 君が泣きながら言うから 僕の方が 哀しくなる 他人事のように笑って言うな 「はじめから」だっていいから 「つづきから」じゃなくたっていいよ 空っぽな今日を注いでほしい また今日になってしまうな また今日になってしまうんだ 何もできなかった 「このまま」が怖かったんだ また今日になってしまうな また今日になってしまうんだ 何もできないまま いつもどおり暗くなるこの街も 正しい笑い方を忘れてしまったんだ しわくちゃになっているだろう 正しい遊び方も忘れてしまっているんだ 隠し場所も 探し方も どれも僕を映すのに 隠して 隠してよ 「忘れてもいいから」ってさ 君が泣きながら言うから 僕の方が 哀しくなるんだ 他人事のように笑って言うな 「はじめから」だっていいから 「つづきから」じゃなくたっていいよ 空っぽな今日を注いでほしい 訪れてた 日常に 叱られては目覚める毎日だってさ 単調に過ごした 単純な日々も 忘れられないまま 通り過ぎた日常に 慰められて眠る毎日だ 隠し通せない 隠しようもない 言葉を 零す 「忘れてもいいから」ってさ 君に泣きながら言ったな 君の方が 哀しそうにするから 余計に涙が出んだ 「はじめから」だっていいかな 「つづきから」じゃなくたっていいなら また愛を注いでほしい 「忘れてもいいから」ってさ 君が泣きながら言うから 僕の方が 哀しくなるんだ 他人事のように笑って言うな 「はじめから」だっていいから 「つづきから」じゃなくたっていいよ 空っぽな今日を注いでほしい しわくちゃな「i」を重ねてほしい
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

ユアネス 歌詞一覧リスト