吉田山田 てと手 歌詞

『吉田山田 - てと手』収録の『愛された記憶』ジャケット
  • 発売:
    2021.12.01
  • 作詞:
    吉田山田
  • 作曲:
    山田義孝
シェア:

ステータス:

公式 フル

吉田山田「てと手」歌詞

はぐれぬように 転ばぬように
ちゃんと守れるように


迷わぬように 伝わるように
ギュッと寄り添えるように


忘れずにいてくれたらな
どんなに時が過ぎ去っても


てと手
離した後 気が付いた
本当に守られてたのはどっちだ?
傷口の様に 剥がされた様に
心を名も知らぬ痛みが駆け巡る
名前を呼んだ後に聞こえた
今までとは少し違う声で
大人になって いやそのままでいい
答えだけずっと出ないまま 涙が出た


目一杯手を伸ばしても
もう届かなくなる その前に


てと手
重ねた時 気が付いた
こんなに愛されてたのは僕だ
幸せなんだ いつかその先に
逃れようのない別れが決まっていても
名前を呼んだ後に聴こえた
今までとは少し違う声で
まだそばにいて いや離れたっていい
手を離す勇気は出ないまま 涙が出た


はぐれぬように 転ばぬように
ずっと 寄り添えるように


『吉田山田 - てと手 歌詞』収録の『愛された記憶』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.12.01
  • 曲名:
    てと手
  • 読み:
    てとて
  • 歌手:
    吉田山田
  • 作詞:
    吉田山田
  • 作曲:
    山田義孝
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ