無形のアウトライン 歌詞やなぎなぎアニメ「覇穹 封神演義」ED 2

  • 作詞:
    やなぎなぎ
  • 作曲:
    石川智晶
シェア:

ステータス:

公式 フル

やなぎなぎ「無形のアウトライン」歌詞

霧が満ちる様に
刻々ときざむ 金色の時間
たった一人きり


輪郭を失って
それでも手を離せず
君は泣くのか 先へ行くか


果たされない約束に取り籠められて
いつまでも手を離せないのは私


孤独に吹き去る風よ
寂しさなど拾わず行け
無形の私忘れ 遥かなる未来まで


夜が終わる様に
白々と伸びる目も綾な姿
顔を背けたい


愛だけを研ぎ澄ましそこに立つ人
君の手に送られて 高くへ行こう


離れる指先の熱
惜しくはない
この世界に 確かな形を持つ
君の為ならば惜しくない


指先緩めて
そっと 押し出した体
今 解き放ったなら


吹き去る風よ
迷わず違わずに進め
無形の私忘れ 約束の向こうまで


孤独に吹き去る風よ
寂しさなど拾わず行け
無形の私忘れ 遥かなる未来の先へ


シェアしよう!
  • 発売日:
    2018.05.30
  • 曲名:
    無形のアウトライン
  • 歌手:
    やなぎなぎ
  • 関連作:
    覇穹 封神演義
  • 作詞:
    やなぎなぎ
  • 作曲:
    石川智晶
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE