ホロウの歌詞 XIIX

『XIIX - ホロウ』収録の『USELESS』ジャケット
  • 作詞:
    斎藤宏介
  • 作曲:
    斎藤宏介・須藤優

ステータス:

公式 フル

XIIX「ホロウ」歌詞

いつかまた会えるだろうか
空っぽのまま響いている
乾いた体を震わせては
6本の弾いた音


付点四分のリズム重ねた音色に
ありったけの恋を忘れてきた
痛いよ漂うだけ
近づきすぎてハウリング


星と星のように惹かれあって
通り過ぎて行く
離れ離れ切なくなって
足元が滲む


私もまた変わるだろうか
潮の風に錆び付いている
左の摘みを振り切っては
いつになく歪んだ音


何度目かの夜に託した指で
ありったけの恋を覚えてきた
ずるいよ瞬くだけ
薬指からライトニング


途切れ途切れ記憶を辿って
照らし合わせてく
ひとつひとつ確かめたくて
面影を探す


やがてやがて季節は巡って
今にたどり着く
ぽつりぽつり熱を放って
憧れを灯す


『XIIX - ホロウ 歌詞』収録の『USELESS』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.02.24
  • 曲名:
    ホロウ
  • 歌手:
    XIIX (テントゥエンティ)
  • 作詞:
    斎藤宏介
  • 作曲:
    斎藤宏介・須藤優
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

新着&おすすめ
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE