ハイジャックサマー 歌詞WurtS

『WurtS - ハイジャックサマー』収録の『資本主義の椅子』ジャケット
  • 作詞:
    WurtS
  • 作曲:
    WurtS
シェア:

ステータス:

公式 フル

WurtS「ハイジャックサマー」歌詞

真夏の空の下
僕達が見上げていたのは
思い出でした
涙を拭ったあの日のことで
思い出したのは
希望でした


君はもう
段々と薄くなって
「愛してる」なんて言葉も出なくて
君はもう
何とか力を出して
たった一つ


例えば
このまま奪って攫って欲しい
振り返る暇もない瞬間に
そのままバッと咲き誇る花火
騒がしく夏の瞬き


真冬の空の下
僕だけが見上げていたのは
思い出でした
涙を流したあの時横で
何も出来ないって
弱音を吐いた


君はもう
段々と薄くなって
「愛してる」なんて言葉も出なくて
君はもう
何とか力を出して
たった一つ


例えば
このまま奪って攫って欲しい
振り返る暇もない瞬間に
そのままバッと咲き誇る花火
騒がしく夏の瞬き


このまま奪って清え去って欲しい
思い出す暇もない
会いたい


『WurtS - ハイジャックサマー 歌詞』収録の『資本主義の椅子』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.11.24
  • 曲名:
    ハイジャックサマー
  • 歌手:
    WurtS (ワーツ)
  • 作詞:
    WurtS
  • 作曲:
    WurtS
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE