公式 フル

マイノリティ 歌詞

歌手
Wienners

Wienners「マイノリティ」歌詞

東京はさっきまでの雨が 不意に上がって太陽が雲を裂いた
23度の風が運んだ 思い出に胸を締め付ける
人混みに消えてしまいたいほどに


人にはみんな個性があって それぞれの人生を生きてる
自分に生まれてよかったと 思えることができたら
好きなものを好きって言えたらどんなに 素晴らしいだろう


ずっと君が好きでした
裸になって 抱きしめあって 君とめちゃくちゃになりたいんだ
ずっと素敵な人でした 君は
僕にとって 届かない幻想
今もずっと 届かない幻想


東京はさっきまでの雨が 不意に上がって太陽が雲を裂いた
23度の風が運んだ 思い出に胸を締め付ける
人混みに消えてしまいたいほどに


ずっと伝えられなかった
傷つけそうで 嫌われそうで 胸に閉じ込めたまんまなんだ
ずっと分かり合いたかった だけど
僕にとって 叶わない幻想
今もずっと 叶わない幻想


趣味 嗜好 自我 思想 全てが授かりもの
誰もが皆 平等に背負うカルマ
他人と違った才能や 他人と違った欠点が
自分が自分であるための 苦悩や喜び 後悔 希望となって


ずっと君が好きでした
裸になって 抱きしめあって 君とめちゃくちゃになりたいんだ
ずっと素敵な人でした 君は
僕にとって 届かない幻想
今もずっと 届かない幻想


『Wienners - マイノリティ 歌詞』収録の『』ジャケット
シェアリンク
発売日: 2018.06.13
曲名: マイノリティ
歌手: Wienners
作詞: 玉屋2060%
作曲: 玉屋2060%
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE