羽多野渉 雨空の先は 歌詞

『羽多野渉 - 雨空の先は』収録の『ナニイロ』ジャケット
  • 発売:
    2022.02.23
  • 作詞:
    山下洋介
  • 作曲:
    山下洋介
シェア:

ステータス:

公式 フル

羽多野渉「雨空の先は」歌詞

今日も予報によると 午後からは下り坂
不毛で些細だけれど 何だかちょっと、ゴメンね


結局 昨日も可もなく不可もない感じで
君の優しさにも外方向く様な感じで
泥濘(ぬかる)む心の水溜りでは また
波紋が踊っている


雨空の街も 手ぶらで繰り出し
シトシトと 賑やかになって行く傘立て
ただいま


理想的ではない事 呪(まじな)い頼みなトコ
僕なりの方法で 調律してみてるんだ


どうしたって憂いを迎えに行くからさ
でも人並みに空を見上げて居たくて
どっち付かずで 結局雨宿りじゃ
変わらない 変われないよ


雨空の夜は 君に逢いたくなった
フワフワと 穏やかに過ぎてく時間だけは
好きだな


「必ずいつか晴れる」
希望に託さないで
ずぶ濡れだって走ろう
僕は ずっとずっと


雨空の日にも 手ぶらで繰り出し
シトシトと 賑やかになって行く明日へ
ただいま


  • 発売日:
    2022.02.23
  • 曲名:
    雨空の先は
  • 読み:
    あまぞらのさきは
  • 歌手:
    羽多野渉
  • 作詞:
    山下洋介
  • 作曲:
    山下洋介
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ