よみ:
うたかた

泡沫 歌詞和ぬか

『和ぬか - 泡沫』収録の『泡沫』ジャケット
発売:
2022.02.28
作詞:
和ぬか
作曲:
和ぬか

和ぬか「泡沫」歌詞

水面に浮かべば刹那に
消えゆく儚きに照らし
心眠るような虚しき
素顔の私は美しい


しょうがないね しょうがないね
だからしょうがないね 厭わないね
しょうがないね だからしょうがないね
ただ去らない残暑の心を


ダイヤモンドのように光り合って繕う
袖にかかる露が縋り付いて繕う
拭えぬ想いとか憂いまで泡に嘆いて
シクシクなるまでは


溢れては捨てたはずが
瞼の裏には未だに
傷が付いてた だから泣いてた
月も欠けて泣いてた
忘れられるはずはなかった
情けないね 情けないね
胸に吹いたすきま風は華やかに
秋茜が唄えば癒えるって踊ってるのに


ダイヤモンドのように光り合って繕う
袖にかかる露が縋り付いて繕う
拭えぬ想いとか憂いまで泡に嘆いて
シクシクなるまでは


ダイヤモンドのように光り合って繕う
袖にかかる露が縋り付いて繕う
拭えぬ想いとか憂いまで泡に嘆いて
シクシクなるまでは
シクシクなるまでは


和ぬか『泡沫』の 詳細

『和ぬか - 泡沫 歌詞』収録の『泡沫』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.02.28
曲名:
泡沫
よみ:
うたかた
歌手:
和ぬか (わぬか)
作詞:
和ぬか
作曲:
和ぬか
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

和ぬか『泡沫』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

和ぬか 泡沫 歌詞