和ぬか 泡沫 歌詞

『和ぬか - 泡沫』収録の『泡沫』ジャケット
  • 発売:
    2022.02.28
  • 作詞:
    和ぬか
  • 作曲:
    和ぬか
シェア:

ステータス:

公式 フル

和ぬか「泡沫」歌詞

水面に浮かべば刹那に
消えゆく儚きに照らし
心眠るような虚しき
素顔の私は美しい


しょうがないね しょうがないね
だからしょうがないね 厭わないね
しょうがないね だからしょうがないね
ただ去らない残暑の心を


ダイヤモンドのように光り合って繕う
袖にかかる露が縋り付いて繕う
拭えぬ想いとか憂いまで泡に嘆いて
シクシクなるまでは


溢れては捨てたはずが
瞼の裏には未だに
傷が付いてた だから泣いてた
月も欠けて泣いてた
忘れられるはずはなかった
情けないね 情けないね
胸に吹いたすきま風は華やかに
秋茜が唄えば癒えるって踊ってるのに


ダイヤモンドのように光り合って繕う
袖にかかる露が縋り付いて繕う
拭えぬ想いとか憂いまで泡に嘆いて
シクシクなるまでは


ダイヤモンドのように光り合って繕う
袖にかかる露が縋り付いて繕う
拭えぬ想いとか憂いまで泡に嘆いて
シクシクなるまでは
シクシクなるまでは


『和ぬか - 泡沫 歌詞』収録の『泡沫』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2022.02.28
  • 曲名:
    泡沫
  • 読み:
    うたかた
  • 歌手:
    和ぬか (わぬか)
  • 作詞:
    和ぬか
  • 作曲:
    和ぬか
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

和ぬか「泡沫」韓国語訳

수면에 떠오르면 찰나에
사라지고 마는 덧없는 허상
마음이 잠들 것 같은 허무함
민낯의 내 모습은 아름다워


어쩔 수 없어, 어쩔 수 없어
그러니까, 어쩔 수 없어 나쁘지 않아
어쩔 수 없어 그러니까, 어쩔 수 없어
그저 사라지지 않는 늦더위 같은 마음을


다이아몬드처럼 빛나게 꾸미자
소매에 걸린 이슬처럼 매달아 꾸미자
지울 수 없는 마음과 우울까지 거품으로 한탄하며
훌쩍훌쩍할 때까지는


넘쳤으니 사라졌을 터인데
눈꺼풀 위에는 여전히
상처가 있었어, 그래서 울었어
말라 가는 달과 함께 울었어
잊을 수 있을 리가 없었어
한심하네 한심하네
마음의 틈을 비집고 들어와 부는 바람은 화려하게
빨간 잠자리가 노래하면 괜찮다고 춤을 춘다고 했는데


다이아몬드처럼 빛나게 꾸미자
소매에 걸린 이슬처럼 매달아 꾸미자
지울 수 없는 마음과 우울까지 거품으로 한탄하며
훌쩍훌쩍할 때까지는


다이아몬드처럼 빛나게 꾸미자
소매에 걸린 이슬처럼 매달아 꾸미자
지울 수 없는 마음과 우울까지 거품으로 한탄하며
훌쩍훌쩍할 때까지는
훌쩍훌쩍할 때까지는


著者について:

和ぬか 『泡沫』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ