SHADES 歌詞WANIMA

『WANIMA - SHADES』収録の『Cheddar Flavor』ジャケット
  • 作詞:
    KENTA
  • 作曲:
    KENTA
シェア:

ステータス:

公式 フル

WANIMA「SHADES」歌詞

手を離さずにいた頃に
からまわる夏の歩道
寝そべって喋ってた道路
過ぎ去りし景色に別れも告げられないまま


見上げる空は遠く今日も曇る
灰色のまま
嘆いては掻き消されまた描いては夢の夢
深い闇に呑まれないように走り続けて
流れに逆らってまた足掻いてはなじられて
戻らない喜びに全部 蓋をして鍵を閉めた
2度はないこの道を信じ進もう


見失わないように この魂
揺れる不確かな陽炎 夏の短い大合唱
後悔のない遠回りをしている途中
手を離さずにいた頃に
からまわる夏の歩道
寝そべって喋ってた道路
色褪せぬ景色に行き先も告げられないまま


言い聴かす
向かい風によろけて倒れてしまわぬように
2度はないこの時を信じ進もう


まだ渡せない この魂
選べない生まれた環境
足りないから分けた幸も
どこにいたって
離れていても近くにいるから


手を離さずにいた頃に
からまわる夏の歩道
寝そべって喋ってた道路
過ぎ去りし景色に別れも告げられないまま
行き先も告げられないまま
見上げる空にあの日の続きを歌った


叶わなかった夢や守れなかった約束
抱きしめ きっといつか終わるこの旅の途中
優しい風に吹かれて
繰り返しの毎日が失い続けすり減った命が
きっといつか見えるこの旅は途中だから
暮れなずむ夏を抜けて


『WANIMA - SHADES 歌詞』収録の『Cheddar Flavor』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.09.23
  • 曲名:
    SHADES
  • 歌手:
    WANIMA
  • 作詞:
    KENTA
  • 作曲:
    KENTA
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE